« 門前仲町の「魚三酒場」で初の予約、4階座敷での飲み会です、そして近くの「千松」でもう一杯^^) | トップページ | 大阪からのF氏と一緒に浜松町「秋田屋」から「かわさき」へ、またもや意外な縁もあります。 »

2012年10月 8日 (月)

こんなところに酒場がありましたか、引き継ぐ責任を感じてしまうような新宿東口「千種」。

【2012年9月5日(水)】

東京 新宿 「千草」

さて、今日は新宿に出動です(出勤じゃないよ~)、

新宿となるといつも最初に頭に浮かぶのは西口「思い出横丁」ですが、今日は東口に出ました、久しぶりにギター屋でもひやかしていきましょう

東口から2丁目辺りまでに3軒ほど好みのギター屋がありますが、このところはとんとご無沙汰です、最後にギターを買ったのが2009年の3月だったかな、店は「新宿ロックイン」でした、ちょっと高いギターがバーゲンで値下げ!に我慢できずに買いました、でも、値段の分だけ良いギターで今もライブではメインで使っております

今日も「新宿ロックインA館」4階のアコースティックギターのフロアをちょこっとひやかしていきましょう、買う気はないので気が楽です

0200905

ここ「新宿ロックインA館」はMartinも充実していますが、それを越える高いギターがずらりと並んでいます、気持ちイイですね、高いギターはもちろん良い音がする(可能性が高い)のですが、それ以上に見た目綺麗なんですよ、見ているだけでイイ気持ちのさせてくれます

さて、ギター熱が再発する前に飲みに行きましょうか

実は今夜の店は「新宿ロックイン」のすぐ近くのここです、

035

居酒屋「千草」、何度も前を通っていますがまだ入ったことないですね、

先日、『酒場めざして』(大川渉:著)に紹介されているのを読んでハタと気が付きました、ここ、ギター屋へ行くときに何度も前をとってる店じゃない、本によると新宿の老舗酒場で舞台演劇関係の方々に愛されている云々ということです、こりゃいかなきゃ、てなもんで今日はここへ行くことに決めていました、

ちょっと軋む引き戸を引いて入店です、

予想通りの蒼然とした店内です、手前に大きなテーブルスペース、奥にはカウンター、さらに壁際にはテーブル席、4組ほどの先客がいらっしゃいます、大将と御姐さんがフロアに、カウンターの中にも御姐さんと男性が一人、カウンターにどうぞ、ということでカウンター手前に座ります、

飲み物は表に提灯も掛かっていた“ホッピー”にします、

024

おっと、ホッピーの焼酎はお銚子で出てきましたね、

池袋の「ふくろ」と同じシステムです、氷も別にアイスペールで出てきます、どうやら新宿池袋方面はこのスタイルが多いようですね、葛飾墨田江東辺りの酒場ではこのスタイルはお目に掛かったことはないですね、お通しも同時に出てきまました、

事前情報通り演劇TV界の来店が多いようです、

壁には『事件記者出演者一同』なんていう色紙が掛かっています、あは“事件記者”って50年以上前でしょう、すごいなあ、

032

入り口の大きなテーブルでは如何にも舞台かドラマの制作者といった方々の内容のやり取りがされています、結構先輩ですな、ワタシは耳をそば立てます、若い制作者への辛辣な意見続出で思わず苦笑です

さて、肴はなににしましょうか?手元のメニューで検討します、なにか変ったものが頼みたくなるメニューです、たしか“名物”と記してあった「貝ひも巻き」680円也、

028

“貝ひも”と胡瓜が海苔巻状態で出てきました、如何にも酒場の酒の肴だね

お客さんはおそらく、、、全員ワタシより先輩ですね

いや、本当に先輩ばかりです、カウンターには一人客がお二人、もちろん常連さん、顔馴染みと言った方がしっくりくるか、しっとりと飲みながら帰る段になって大将と話し込み始めるからなかなか帰れない、なんて感じです、しかしこの客層ではこれからが大丈夫なのか?なんていらぬ心配もしてしまいます、これからはワタシらくらいの年代が支えなきゃ、なんて気持ちになりました、いや、マジで、

もう一品、これまた聞き慣れない「鳥肉はんぺん」なるメニューを見つけます、

なんだろう、この名前だけではイメージが湧きませんね、カウンターの中の御姐さんに訊いてみましょう、これは?どんな料理ですか?え~っとね、鶏肉のミンチね、はんぺんと、、、それを海苔に巻いて揚げてるの、小さいのが3つ、、、はは、やはり聞いても分かりませんね、こりゃ食べるしかないか、ではその「鶏肉はんぺん」680円也をお願いします、

033

これまた、予想とは違う姿での登場でした、薩摩揚げみたいな感じでしたかな、これまた酒の肴、美味しゅうございます

ここらで大阪から移動中のFさんからメール入電です、お、仕事が終わったそうです、早く終わったら飲もうかと連絡していました、浜松町ですか、ではそちらへ行きますよ、

ということで、新宿東口の老舗酒場「千草」、こんなところに老舗酒場があったのですね、演劇人の匂いを感じつつ、次の時代にも引き継ぎたい!と思わず責任を感じてしまう酒場でした、「千草」、また来ますね

【おまけ】

この日の昼食は新富町「やよい軒」の“やよいラーメン”、久しぶりに食べました、旨かった

0180905


|

« 門前仲町の「魚三酒場」で初の予約、4階座敷での飲み会です、そして近くの「千松」でもう一杯^^) | トップページ | 大阪からのF氏と一緒に浜松町「秋田屋」から「かわさき」へ、またもや意外な縁もあります。 »

新宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなところに酒場がありましたか、引き継ぐ責任を感じてしまうような新宿東口「千種」。:

« 門前仲町の「魚三酒場」で初の予約、4階座敷での飲み会です、そして近くの「千松」でもう一杯^^) | トップページ | 大阪からのF氏と一緒に浜松町「秋田屋」から「かわさき」へ、またもや意外な縁もあります。 »