« 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 | トップページ | 渋谷にもイイ店がありますねえ、“めしと酒”の心意気、しっかりいただきました、「みうら」。 »

2012年10月12日 (金)

“大人の遠足”名古屋編②、金山の歓酒亭「大安」は気持ちよく飲める立ち飲み、そして名古屋駅東海道線ホームの「かきつばた」。

【2012年9月8日(土)】

名古屋 金山 歓酒亭「大安」

さて、大人の遠足:名古屋編の続きです(いつからこんなコーナーが出来たんだ)、

大須の人気店「末廣」で飲んだ後です、せっかく名古屋まで来たのですからもう一軒寄ってから帰りましょうか(そうだそうだ!)、もう一軒は金山というところにある立ち飲みの「大安」です、(“金山”ってなんて読むんでしょうか?“かなやま”でイイのかな?)

「金山」はすぐ近くの「上前津」駅から2駅目です、地下鉄に乗ってもいいのですが酔い覚ましに歩いていきましょうか、大須の街ももう少し探訪したいしね、

こんな顔もある大須、

094

懐かしい建物がそこかしこに残っています、

098_2

しばらく行くと「大須演芸場」というのを発見、前回は気付きませんでした、

099

ちょいと調べてみると。中京地区で唯一残っている寄席だそうです、よく残っているものです、

101

たくさんの人の想いの結晶のようです、

100



「大須観音」、スイマセン、お参りしませんでした、

109

なぜか“豚”を散歩させていたおじさんも、、、子供に大人気、

114

元気な商店街、

115

バルタン星人だっています

117

二度訪問した焼き鳥の「角屋」、この日も元気に営業していました

124

さて、ここから一路金山方面を目指して歩きました、30分とは掛からなかったと思います、なんとか無事金山に到着です、

大須が昔からの街場の繁華街だとすると、ここ“金山”はターミナル繁華街という感じですね、JRと名鉄の大きな駅があります、お目当ての立ち飲み 歓酒亭「大安」は線路を越えて坂道を降りたところにありました、時間は17時30分過ぎかな、17時の開店のはずです、さてどうでしょうか?

128

引き戸を引いて入ります、お、ここも混んでいますね

広い店内に大きな変形カウンターがぐるりと回っています、詰めると軽く30人以上は入れるでしょう、手前右には壁際にテーブルもありますね、カウンターはほとんど満員ですが壁際のテーブルは開いています、一人客ですので目の前のカウンターを詰め合わせていただきます、

135

イイ感じですね、カウンターの中は女性ばかりです、元気いっぱいの店員さん、それにつられるように客も元気いっぱいで飲んでます、

入り口方面担当のお姉さんがとくに元気いっぱい、そしてめちゃ要領がいいです、ワタシの注文もささっと決まります、飲み物は芋焼酎の水割りです、肴は「ひらめ刺身」350円也、あ、でもね刺身は少し時間が掛かるから早いものも頼みます?とすかさずフォローしてもらいます、じゃあ「ぜんまい煮」200円也もお願いします、

焼酎、

129

先に「ぜんまい煮」がきます、

134

そして「ひらめ刺身」、刺身もレベル高いですね、この値段ですから相当評価高いです、

136

メニューはめちゃ多いです、

143

刺身(まかじき、さわら、かわはぎ、ひらめ、みる貝、いさき、こち、などなど)に一品、焼き物、揚げ物に天ぷら、鶏もあり心臓、ずり、レバーは生メニューもあります、そして値段は圧倒的に安い、これはもう人気にならないはずがないですね、ワタシがいる間も客の入りはひっきりなし、徐々に詰合せてカウンターにぎゅうぎゅうと入って来られます、

基本立ち飲みなのですが、端の方に簡易のイスが置かれていてこれを使っても良いようです、文字通り腰を落ち着けて飲むのにイイですね、実際左側のカウンターでは多くの人が座っておられました、

142

もう一品を何にするか悩みます、鶏の生メニューにも惹かれましたがちょっと揚げ物が欲しくなりました、「ちくわ磯部揚げ」300円也にしました、

145



焼酎もお替りして、これでお勘定です、1530円也、素晴らしいCPです、お姉さんの要領の良さと相まって非常に心地よく飲むことができる酒場です、同じような感覚になった酒場が東京にあったような気になりました、飲みながら思い出そうとしたのですが、どうも上手く思い出せません、う~ん、どこだったかな、この感覚、、、いまも思い出せません、、、まあいいや、

名古屋金山の歓酒亭「大安」、本当に気に入りました、ぜひぜひまた来ますね、

さて、表へ出ると一雨降った後のようで路面が濡れています、少し涼しくなったかな、駅の方を見るとそろそろ陽が沈みかけています、

150



JR「金山」駅から二駅目の「名古屋」駅を目指しましょう、

156

路線が二つある(東海道線と中央線)ようで少し時間が掛かるほうのホームで待ったようです、

「名古屋」駅についてふと思い出したことがあり東海道線のホームの“きしめん屋”を尋ねました、ここが美味い、と聞きました、

157

その“きしめん屋”は「かきつばた」という屋号でした、はは、こういう事でしたか、教えてくれた方と同じ名前なんですね

注文は「きつねきしめん」、

158

ここ「かきつばた」は家に帰る前のちょっと一杯の“立ち飲み屋”さん機能も担っているようでちょっとしたおつまみメニューもありました、

159

カウンターの中には酒類も充実、

161

実際、お隣の方はビールとおつまみ、最後にきしめんをさっと食してお勘定でした、素早い

さて、この日の“大人の遠足”もこれで終了です、

帰りも在来線で・・・というのはさすがに辛いので新幹線に飛び乗って帰りました、名古屋の酒場巡り、楽しかったです、さて次の“大人の遠足”はどこへ行こうかな

|

« 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 | トップページ | 渋谷にもイイ店がありますねえ、“めしと酒”の心意気、しっかりいただきました、「みうら」。 »

名古屋岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “大人の遠足”名古屋編②、金山の歓酒亭「大安」は気持ちよく飲める立ち飲み、そして名古屋駅東海道線ホームの「かきつばた」。:

« 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 | トップページ | 渋谷にもイイ店がありますねえ、“めしと酒”の心意気、しっかりいただきました、「みうら」。 »