« こんなところに酒場がありましたか、引き継ぐ責任を感じてしまうような新宿東口「千種」。 | トップページ | 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 »

2012年10月 9日 (火)

大阪からのF氏と一緒に浜松町「秋田屋」から「かわさき」へ、またもや意外な縁もあります。

【2012年9月5日(水)】

東京 浜松町大門 「秋田屋」

新宿の「千草」で飲んでいるところにF氏からメール着信、では浜松町へ向かいます

F氏、今日は夕刻から東京で我が社の仕事だそうです、ありがとうございます、早く終われば飲みますか?なんて言っていたのですが、、、実現しました

では、山手線「新宿」から「浜松町」へ移動です、

F氏とは貿易センタービルの中で無事落ち合えました、さてどこへ行きますか、このところ浜松町界隈は探訪中ですからね、いろんな目論見が頭に浮かんでいたのですが、駅から大通りへ出ると自然と「秋田屋」の賑わいが目に留まります、しばらく来ていませんね、とりあえず「秋田屋」にしましょうか、って安直かつ実質本位の選択に決定です

057
(写真は以前のものです)

時間は20時過ぎ?「秋田屋」はまだまだ盛り上がり中、1階も外の立ち飲みも満員、でも入店OKです、エレベーターで2階へ上ります、おお、テーブルに2席だけ空きがありますね、さすが、下でちゃんと空きを把握してるんだ、素晴らしい仕事です

まずビールですね、カンパ~イ、どうもどうも、東京で飲めるとは嬉しいですね、 

「煮込み豆腐」をお願いします、定番、

038


「もろきゅう」もね、

040

F氏とは仕事もそうですがテニス繋がりです、この記事が出るころには滋賀県での恒例年に一度のテニス合宿でBQを楽しんでいるはずです(先週行って来ました)、

やきとんを頼みましょうか、

お母さん、え~っとね「かしら」とね、、、え!?「かしら」ないの?、うん、もう遅いしね、あのメニューの赤い印は売り切れ?と、メニューの下を見ると部位ごとに確かに印がぶら下がっています、

039

分かりますか?それぞれのネタの下にぶら下がっている楕円形のプラスティックカードみたいなもの、赤色はもう売り切れということだそうです、あとは「てっぽー」「たん」「はつ」「がつ」しか残っていないですね、それ全部下さい!!

これが「てっぽー」のようです、「シロ」に近いかな、

042

「はつ」、

041_2


「がつ」、

043

「たん」は話が盛り上がったのか、撮り忘れていますね

あとは「お新香」、

045

飲み物、ワタシは日本酒にします、“高清水”だったかな、

046



さて、これくらいで河岸を変えますか、なんて、なんだか江戸っ子ですか?

お母さんはオーダーストップとか言ってたのですが、まだまだ人が入って来ます、満員状態で閉店まで突っ走るようですね、この頃のやきとんメニューはもう「てっぽー」と「たん」しか残ってないです、ほら、

047_2

浜松町のランドマーク「秋田屋」、また来ますね

さてもう一軒行きますか?

「日本酒センター」も一度入りたいけど、蕎麦屋で軽く飲みますか?あら、満員ですか、え~っと、もう遅いし新規開拓はあきらめて「かわさき」へ行きましょうか、先日初めて入った店ですね、

見たところ二代家族経営です、カウンターの大皿から適当に、「きんぴら」に「ポテトサラダ」、

056

054


それに「夏野菜の炒め物」、

055


ここでもう一杯飲んであれこれ話が尽きませんがここもお勘定です、ご馳走様です、とお勘定を済ますと大将から思わぬ申し出が、、、

059

どうも店内に貼ってあったこのお祭りの告知ポスターを見て、ワタシが先日の富岡八幡のお祭りの話、神輿を担いだ話を自慢げにしていたようで、それを聞いていた大将からお祭りに誘われました、

うちの神輿も担ぎませんか?、

いやはや、何が縁になるか分かりませんね、芝大明神の神輿は9月16日、ワタシの誕生日ですのでちょっと参加は難しいのですがお誘いありがとうございます、訊くと芝濱の祭りは2年に一度だとか、では次の機会はぜひ一度参加させていただきますかね、また連絡させていただきます、というかまた飲みに来ますね、ということで店を出ます、

これまた楽しい縁が生まれた浜松町の「かわさき」でした、ぜひぜひまた来ますね

|

« こんなところに酒場がありましたか、引き継ぐ責任を感じてしまうような新宿東口「千種」。 | トップページ | 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 »

新橋虎ノ門浜松町」カテゴリの記事

コメント

昨日大阪京都とまわりました。
以前紹介してくれた、銀座屋 酒の奥田 稲田酒店 明治屋

吉田類さんのから正弁丹吾亭

らもさんから やまとや2号

適当に鶴橋 太陽 「本当は空が目当てでしたが休みでした」

京都 赤垣屋 百練 たつみ 適当に菜花亭

赤垣屋素晴らしいですね

テリーさん関東の酒場が魅力的と以前話していましたが、僕は大阪の酒場が圧倒的に魅力的に感じます 関東は高い 必ずお通しがあり 先日 新富町の金八へいったら1500円 太田和彦氏が絶賛する麻布のはじめは不明金額が加算し16000円
もちろん安い店もありますが、全体的に大阪の酒場が圧倒的に安いです 関東の酒場に疑問視しています
それにしても関東 関西間を年間なん往復してるんですか?
素晴らしいですね!

投稿: たろう | 2012年10月10日 (水) 22時42分

たろうさん…毎度です^^)

京都二条の赤垣屋、あそこはホントいいですよね、

関西人は値段にうるさいですからね、安い伊ですよね、
でも、東京の酒場はほんとイイ店が残っています、

どちらもイイです、

投稿: テリー | 2012年10月11日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪からのF氏と一緒に浜松町「秋田屋」から「かわさき」へ、またもや意外な縁もあります。:

« こんなところに酒場がありましたか、引き継ぐ責任を感じてしまうような新宿東口「千種」。 | トップページ | 大人の遠足^^)、岐阜駅前の「清八」から名古屋大須の「末廣」へ。 »