« “酒肆”、さてなんと読むのか?どういう意味なのか??分かりますか^^)、三宮東門通りの酒肆「大関」。 | トップページ | 初めての高野山探訪、宗旨替え続発、まだまだ修行が足りません^^)、「丸万」「ミッチー」~なんば「自由軒」。 »

2012年8月10日 (金)

刺身も焼鳥も旨い!!三宮の焼き鳥「中森」、お母さんと常連さんとのやり取りが楽しい。

【2012年7月14日(土)】

神戸 三宮 焼鳥「中森」

さて、三宮東門通りの懐かしい炉端焼きの店、酒肆「大関」で飲んだ後です、

「大関」に行く前からなんとなくここへ来たいと思っていたのですが、なんと「大関」で「つくね」を注文するという失態を犯しています、ほんとなんでかなあ~、、、でもやはり焼鳥の「中森」へも行ってみたい、前回初めて入った時の鶏の刺身が圧倒的に好印象ですからね

「中森」に到着、

隣の「酒と肴 平井」というのも良さそうですが、ここはちょっとハコが大きすぎるなあ、やはり「中森」でしょう、

と引き戸を引きます、時間的には18時前、もう満員かと思いきや先客なし?お母さんとおじさんが何やらエアコンに向き合っておられます、どうやらエアコンの調子が悪く、常連さんのお父さんがそれを修理したところのようです、ちょうどエアコンが動き始めました、そんな中、もういいですかあ。と遠慮気味に訊ねます、

ここのお母さんはホント肝っ玉母さんなんです、客とのやり取りはピシッと厳しいです、常連さんが多いのもそういうお母さんが好きで集まっておられるのです、きっと、

で、いいですか?と入店許可を求めます、何人?一人です、じゃあどうぞ、ということで無事入店です、別に客を選んでいるわけではなく、この日もどうやら多くの予約が入っているようです、

店内はカウンターが8席ほど、テーブルが3つほど、予約が入ると即満員になるようです、前と同じ入ったところのカウンターに着きます、お酒をください、燗はないよ、はい、前回は燗を頼んでしまい燗酒がないことを学習しています、常温で結構です、お母さんが表に回って一升瓶を取り出してコップに溢れんばかりに注いでくれます、そして一升瓶はそのままカウンターに置かれます、

019

さっそく料理も頼みましょう、刺身の盛り合わせをお願いします、とお母さん、顔を上げて、うちに来たことある?と訊かれます、はい、この前来ました、今日2回目です、あそう、じゃあ刺身盛り合わせね、

ここの盛り合わせは結構な量です、なので“盛合せは量が多いよ”ということを伝えたかったのかな?とにかく、量が多いのが気に入っての注文ですので問題ないです、

お母さん、常連さんとあれこれしゃべりながらも手が動きます、早いです、はい、「刺身の盛り合わせ」です、

022

これはサイコーです、もも肉?にささみ、レバ、ハツ、ずりかな、とにかく新鮮で量が多くて旨いんです、サイコーです、これでゆっくりと酒を進めます、鶏のレバーは今回の悪法規制の対象外なのでまだ食せるのです

さっきエアコンを直していたお父さんの連れの方が2人入って来られました、生ビールで乾杯です、ここのジョッキーはホントの大ジョッキー、お母さんが適当に肴を出されます、常連さんなので話が弾んでいます、

と、若い二人連れが入店、予約の方のようです、前回来た時も若い常連さんが多かったです、ワタシより先輩の方々から学生さんまでこの店が好きで集まってきているのですね、ただ、今入ってきた二人は初めてのようで要領を得ません、焼き鳥をたくさん頼んでいましたね

お酒がなくなったのでお母さんにコップを上げてお替りをお願いします、というか、自分で入れていいですか?という気持ちで目配せします、と、やはり、自分で入れて、とのこと、はい、了解です、そのためにカウンターに一升瓶が置いてあるんですからね、自分でコップに注ぎます、はは、イイ感じです、

020

これであれだけあった刺身をペロリと平らげます、葱の一つまで綺麗にさらえます、あらま綺麗に食べたねえ、とお母さんからお褒めの言葉をいただきます、焼き物を一つだけいただきましょうか、「ねぎ身」を2本お願いします、

024

これまた大振りで旨いのです、いいねえ、

ほとんど食べ終わったところで2人組の新規さん、ご夫婦ですかね、二人?う~ん、とお母さんちょっと考えて、とりあえずここへ、とカウンターを案内、予約の人数を数えておられる風情です、ではワタシはここらでお勘定にしましょう、これ飲んだらもう帰りますので、はい、

いや~、今回も満足です、旨い鶏の刺身と焼き鳥、エエ感じです、ではお勘定をお願いします、お酒は2杯飲みました、2080円也、ご馳走様でした、また来ます、今度は顔憶えておくわ、とお母さん、プロ意識高いです

三宮の焼鳥「中森」、この店では刺身がどうしても食べたいけど、次は焼き物ももっと頼みたいですな、二人で来るのがいいかな、また来ますね

|

« “酒肆”、さてなんと読むのか?どういう意味なのか??分かりますか^^)、三宮東門通りの酒肆「大関」。 | トップページ | 初めての高野山探訪、宗旨替え続発、まだまだ修行が足りません^^)、「丸万」「ミッチー」~なんば「自由軒」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刺身も焼鳥も旨い!!三宮の焼き鳥「中森」、お母さんと常連さんとのやり取りが楽しい。:

« “酒肆”、さてなんと読むのか?どういう意味なのか??分かりますか^^)、三宮東門通りの酒肆「大関」。 | トップページ | 初めての高野山探訪、宗旨替え続発、まだまだ修行が足りません^^)、「丸万」「ミッチー」~なんば「自由軒」。 »