« 8か月ぶりの大阪ミナミ、なんばシティ南館にある美味しいお店「佐海 たちばな」。 | トップページ | 飛び込みです、看板の謳い文句に惹かれて入店、京都富小路綾小路の「とり処 山本」。 »

2012年6月11日 (月)

なかなか足が向かない、入店できない店ってあるんです、で、ここはやっと入店しました、京都裏寺町辺りの「静」。

【2012年5月19日(土)】

京都 四条 「静」

この店も有名店なんですが、入ったことがありません、今日は狙って行きます

この日は、え~っと、、、あ、そうか午前中はマンションの理事会がありました、それが終わってから、翌週の京都「磔磔」での練習に京都七条へ、みっちりと???充実の???練習を終えます、

さて、今日は京都で飲んで帰ることにしましょう、

京阪電車で「祇園四条」駅(旧「四条」駅)まで出ます(どうもこの駅名、しっくりこないなあ)、

さて、どこへ行こうかな、行けてない店がたくさんありますからね、時間は17時30分頃かな、もうほとんど開いてますよね、四条通りから路地を少し入ったホルモンの「千葉」なんかも前から狙っているのですが、どうも足が向かない、こういう店って結構あるのです、なんでかなあ?、

と、今日のお店も今まで何度も前を通って入ろうかなあ?と、思ったことがあるのですが未だ未入店の有名店です、なんかこう先入観というか、思い込みというか、とにかくまだ入っていないお店に行ってみましょう、、、今日の店は裏寺町の路地にある「静」です

この通りは如何にも京都!という感じできれいに整備されましたね、

020

“柳通り”と云うようです、その柳通にある「静」、“しずか”と読むようです、“しず”かと思ってました

縄暖簾の入り口、引き戸を引くと目の前には暖簾?その向こうはなにやら厨房のようなスペース、、、が、「いらっしゃい」の声もなく、あれ?まだやってないの?覗き込んでいないので客席スペースが見えないので開いているのかどうかも分かりません、、、

で、なぜか一度戸を閉めて念のため店構えを確認、いや、縁のない店ってこういう何とも言えない間の悪さっていうのがあるのです、ちょっとしたことで入店を断念した店が何軒あることか、、、

とはいえ、もう一度店構えを確認、看板の灯は燈っていますね、やはり開店しているでしょう、うむ、では勇気を振り絞って(いや、ほんまに)もう一度引き戸をひて今度は中に入ります、すいませ~ん、と声を掛けると、は~いと奥からお姉さんが出て来られました、ほ、やってた、一人なんですがと珍しく口頭で申告、だって店の中は静まり返っているのでいつもの指の仕草の必要性がありません、

どうぞどこへでも、と右手奥へ案内されます、お、こういう感じの店ですか、イイじゃないですか、事前情報で持っていたイメージと違います、

008

京都の昔の町屋のような土間風(たしか)、テーブル席は4つほどと壁に向かったカウンター席、奥のテーブル席でお一人先客がおられました、

テーブル席でも結構ですよ、

とのことですが、なんとなくカウンターの方がイイかなと、瓶ビールのサイズを聞くと中瓶とのこと、じゃあそれをくださいな、ちょっと歩いたので喉が渇いています、ビールが美味しいです、

006

うん、先入観というのはイカンですね、

なんか“落書き”のイメージがあったのでもっと雑駁な飲み屋かと思いきやうまく末枯れていて好きな感じです、テーブルも古色蒼然でイイです、なぜか目の前にはYAMAHA FG120が

010

さて、肴を選びましょう、ざっとメニューを見て、まずは「だし巻」490円也にします、

009

大きい玉子焼き感覚、でも醤油も大根おろしもなしでいただくようです、直球、ほい、美味しいです、醤油は不要の味付けです、ボリュームもたっぷり、これでしばらくは飲めます、

お客さんが何人か入店、テーブル席は埋まって来ました、意外にも初めての方が多いようです、

カウンター席にも一人客が来られましたがこの方は経験者のようで注文もスムーズです、まず注文された「いもサラダ」480円也が旨そうでした

さて、もう一品頼みましょう、これはワタシの好物です、「鳥天ぷら」560円也、

012

お酒に替えます、もちろんぬる燗、

015

ちょっとトイレに行きます、と奥には座敷もあるのですが、ここが噂の落書きスペースでした、

017

ほう、こういう事ね、“歴史ある落書き”と云うことですが、ワタシはちょっと遠慮しときます、表のテーブルスペースの雰囲気のみで大満足でございます、

店構えのイメージ(ちょっと澄ましている)や落書きの評判で二の足を踏んでいたのか?初めて入った「静」ですが、とても気に入りました、一人か二人でふらっと入るのがイイですね、お値段はそこそこしますが許します、この日のお勘定は2250円也、ご馳走様でした、また来ますね

|

« 8か月ぶりの大阪ミナミ、なんばシティ南館にある美味しいお店「佐海 たちばな」。 | トップページ | 飛び込みです、看板の謳い文句に惹かれて入店、京都富小路綾小路の「とり処 山本」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなか足が向かない、入店できない店ってあるんです、で、ここはやっと入店しました、京都裏寺町辺りの「静」。:

« 8か月ぶりの大阪ミナミ、なんばシティ南館にある美味しいお店「佐海 たちばな」。 | トップページ | 飛び込みです、看板の謳い文句に惹かれて入店、京都富小路綾小路の「とり処 山本」。 »