« またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 | トップページ | 東口「バッカス」から池袋駅を潜って西口へ、そしてこちらもつ焼きの「千登利」へ、さすがのお店でした、 »

2012年6月27日 (水)

池袋サンシャインシティへ行った帰りです、東口駅前の路地で発見、1951年創業の大衆酒蔵「バッカス」で一杯。

【2012年6月8日(金)】

東京 池袋 「バッカス」

この日はサンシャイン水族館にちょいと用事がありました、

池袋駅は大きいし、電車の乗り入れも多く、あまり来たこともないので、駅の構図がちゃんと分かっていません、ちょいと迷いながらもなんとか東口方面へ出ます、そしてサンシャインシティへ向かうのですが、こちらも一度行ったことがあるだけなので、行き先表示を見ながらきょろきょろと慎重に進みます

池袋というのはその繁華街の広がり方が独特ですね、

西武の拡大戦略で広がったのでしょうが、駅からかなり離れたところにも飲み屋街があったりします、そこがまだ池袋の街という感じで、新宿とはまた違った感じですね、大阪のナンバは新宿に近い街構成(自然発生的広がり)のように感じます、こういう池袋のような感じの街は大阪にはないかもしれません、いや、梅田が案外こんな感じかもしれませんね

とにかく、駅から案外遠いサンシャイン水族館で仕事を済ませます、

時間は4時過ぎ頃です、さて、このまま東京まで行って新幹線に乗る、、、なんて野暮なことは云いません、せっかくですからちょっと一杯飲んで帰りましょうか

この日はお目当ての店が1軒あるのですが、その前にここも確かめておきたかったのです、「居酒屋 バッカス」、

032

もしくは「大衆酒蔵 バッカス」、

033

はは、店名コンセプトが一貫していません、なんて云うのも野暮ですか、

前回、前を通りかかった時にこの店名と看板が気になりました、創業が1951年、ワタシより先輩ですね、15時の開店、良いじゃないですか、18時30分まではタイムサービスでお酒類が安くなるようです

それにこの日はブラジルワールドカップ最終予選ヨルダン戦があったのですが、サッカー観戦もできるようですね

なかなかエエ感じです、お目当てがあるのですがその前に一杯だけ飲んでいきますか、地下のお店ですね、ではでは入ってみましょう

はい、予想通りのお店です、

小さめのテーブルがこちゃと並ぶ如何にも居酒屋という店内です、いらっしゃいませの声で迎えていただきます、一人客であることを指で示すとそちらへどうぞ、と入り口横の二人テーブルに案内されます、はあ~い、ここでイイですよ、

036

テーブルが繋がって大きな島を作っています、少人数から大人数まで対応可能!て感じ、先客が5~6組、大方がワタシくらいの年代でしょうか、これまたエエ感じで飲んでおられます

とりあえず、一杯だけのつもりなのでお酒のぬる燗をお願いします、たしか”タイムサービス”で290円也だったかな、

034

意外にも升にコップのセットでぬる燗が出てきました、これは珍しいなあ、コップ酒はありますが、常温・冷のイメージだったのでちょっとビックリ、ちょっと飲んでみると確かにぬる燗でした

お通しも付いてきました、スパゲティ、はは、ご愛嬌です、

肴を何か頼みましょうか、ここはあっさりと「奴」にしましょう、と店員さんから「普通の奴と、具が乗った奴があるのですが、、、」「具というのは?」「山形の”だし”というのが乗ってるんです」、

関西ではあまりお目にかかりませんが、東京では山形料理にはちょくちょく当たりますね、お店もありますしね、銀座のこちら「樽平」でも”だし”について聞いたような気もします、では「その具が乗った方をいただきましょう」、

037

写真では良く見えませんが海苔の下に”だし”が掛かっています、“だし”は野菜ですね、細かく切った野菜にしっかり旨味が付いています、、、って、ちゃんと説明できません、詳しくはこちらで、、、

結構なボリュームの「奴 だし乗せ」でぬる燗をゆっくり一杯いただいてお勘定にします、970円也、お通しが200円也、「奴だし乗せ」480円也ってとこかな?ちょっと高いかも、、、まあ、いっか、、、

池袋東口の「バッカス」、

うん、嫌いじゃないですよ、もう少し安ければいいのですが場所柄仕方ないかな、サッカーの中継も観たかったですね

ではでは次へ参ります、また来ますね

|

« またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 | トップページ | 東口「バッカス」から池袋駅を潜って西口へ、そしてこちらもつ焼きの「千登利」へ、さすがのお店でした、 »

池袋練馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池袋サンシャインシティへ行った帰りです、東口駅前の路地で発見、1951年創業の大衆酒蔵「バッカス」で一杯。:

« またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 | トップページ | 東口「バッカス」から池袋駅を潜って西口へ、そしてこちらもつ焼きの「千登利」へ、さすがのお店でした、 »