« 久しぶりの新宿の街にまぎれます、これが新宿ですね、「ぼるが」~「つるかめ食堂」へ。 | トップページ | またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 »

2012年6月24日 (日)

京都中書島の「伏見港公園30周年ライブ」のあとは「スタンド あん」でAHO話で盛り上がりました♪

【2012年6月2日(土)】

京都 中書島 「スタンド あん」

この日は京都中書島でのイベントステージに出演でした

京都中書島、

電車が出来るまでの京都~大阪の交通の要衝です、淀川を使った水運ですね、幕末に龍馬が襲撃に巻き込まれた「寺田屋」などの史跡があり、伏見の酒蔵が並ぶなかなか風情のある街です

その中書島で、この日のステージは「伏見港公園30周年記念」というイベントでした、フォークバンドが6つばかり演奏、うちのバンドも出演、朝の9時集合で出番が13時40分頃、、、あのう、、、すいません、出番前にビール飲んでお弁当食べました

で、イベントも無事終了、後片付けも終わって解散です、お疲れ様でした~、ではちょいと反省会でも開きますか、ということになります、

毎度のコースです、

京阪電車「中書島」駅前から北へ伸びる商店街を歩きます、いつもは寺田屋や酒蔵のある街を抜けて「鳥せい」辺りで飲むのですが、今日はこの辺りで店を探しましょう、

ちょっと末枯れた商店街ですが、まだまだ頑張っていますね、

昔の賑わいの名残か?スナックがやたら並んでいます、その昔は船宿や旅館、となれば色街みないなものもあったのでしょう、今もなんとなくそんなちょっと独特の匂いを残している商店街です、

 

さて、どこへ行きましょか、時間は16時頃、駅前の居酒屋も立ち飲み「スタンド」もまだ準備中でしたね、

094

この商店街の突き当りに昔からの中華料理屋があります、「揚子江」、電飾のサイン看板が光っていますのであそこへ行きましょうか?前から一度入りたかったのです、、、と近づくと、、、

お、左手手前にこんな店がありますね、

089

「スタンド あん」、今まで気付きませんでした、

さっきお弁当食べたしね、中華はちょっと重いかな、暖簾の掛かった入り口は開いています、良い時候ですからね、、、中を見るとカウンターだけの飲み屋さんです、と同行のHさんの決断で急遽お店変更が決定、入店することになりました、

ではでは、失礼いたします、

お母さん一人でやっておられるようです、逆L字カウンターだけのお店、先客はなし、5人ですが大丈夫ですか?はい、どうぞ、うちは猫がいるけどそれで良ければ、はいはいOKです、ということで無事入店です、入り口周りは広いのでギターや荷物を置けるのも助かります、

後で分かるのですが、お母さんはワタシ達と同年代、途中からは和気あいあいと盛り上がりました、

とりあえずの生ビール300円から焼酎他へ各自移行してどんどん飲んで、肴もどんどん頼みます、「500円って書いてあるメニュー以外は基本300円」だそうです、「奴」、「じゃこおろし」、「目玉焼き」などを注文しましたが、写真を撮るのも忘れています

090

写真が残っているのは「ソーセージ(目玉焼き付)」、

091

これは「ほっけ」だったかな?500円?

092

「もろきゅう」、サービスで辛味噌も付けていただきました、旨い!

093


途中でお客さんが入店、先輩女性が一人でビールを注文、もう一人、ピンのお客さんも入店、常連さんですね、ワタシ達は毎度のアホ話で盛り上がります、お騒がせしてスイマセン

Hさんの奥さんも途中から合流して1時間半ほどワイワイと飲んで食べました、でお勘定が6人で10000円程、はは、安いですね、おまけしてもらったのかな??

中書島の「スタンド あん」、ライブ終わりにちょいと飲むにはGoodなお店でした、秋にも伏見港公園でイベントライブの予定がありますのでまた来ることを約束してお開きにします、また来ますね

前日の金曜日は異業種交流会の飲み会で北新地の「かん禄」でした、

077

メインが「すっぽん鍋」でビックリ!、そして、美味しかったす、

079



|

« 久しぶりの新宿の街にまぎれます、これが新宿ですね、「ぼるが」~「つるかめ食堂」へ。 | トップページ | またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都中書島の「伏見港公園30周年ライブ」のあとは「スタンド あん」でAHO話で盛り上がりました♪:

« 久しぶりの新宿の街にまぎれます、これが新宿ですね、「ぼるが」~「つるかめ食堂」へ。 | トップページ | またまた旅情酒場本??の紹介です、中島らもの『せんべろ酒場を行く』、 »