« 魚屋の角打ち!?、まさしくそういうお店でした、尼崎立花の「釜谷」。 | トップページ | 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 »

2012年5月26日 (土)

なんとなく気になる外観、予想外の展開、でも良いお店です、三宮の焼き鳥「中森」。

【2012年5月3日(木祝)】

神戸 三宮 「中森」

GWの後半がスタート、この日は三宮でライブ参戦です

会場は山手のBar「ロバアタ商會」、

久しぶりに三宮の飲み屋街を物色しながら抜けてます、この景気ですから立ち飲みとか増えましたね、気になったのは、ここ、「中森」、

005

焼鳥屋さんですね、全く今まで気が付きませんでした、本格焼鳥かな?ライブまで少し時間があるので入っても良いのですが、、、ここは一杯だけ飲んで出る、という感じでもないですね、ライブ終わりで寄ってみましょうか?

路地を抜けながら、新しい立ち飲みとかを検討、

017

ここも一度は入ってみたいなあ、老舗っぽいですね、

006

とぶらり探訪しているうちに時間が無くなって来ました、で、結局飲まずに「なか卯」で腹ごしらえ

007

ライブは元バンバンバザールの富やんこと富永寛之さんと、トランペット奏者の黄 啓傑さんとのユニット“ぽ~とぴあ”の軽音楽流しライブ、楽しかったですよ、詳しくはこちらのBlogで、

015

さて、ライブ終わりでいよいよ酒場巡りです

先程の「大関」も気に掛かりますが、なんとかスルーして、最初にひっかかった焼き鳥の「中森」に入ってみましょう、

引き戸を引いて、、、ワタシの予想はまったくはずれでした

すがれた本格焼き鳥かと思ったのですが、、、どちらかというと酒場風です、混んでいます、L字カウンターにテーブルが2つ?奥にもあったかな?8分の入りです、人気店ですね、カウンターの中にはお母さんが一人、カウンターの一番手前がなんとか空いています、いつものように指で一人客であることを示します、お母さんが頷きます、で、なんとなくカウンターに着席、お母さんは忙しいのでしばらく放置です、ワタシも待ちます、、、

2分ほどして声が掛かりました、なに飲む?、燗酒を、燗はない!じゃあ冷やで、はいよ、、、こりゃ下町の焼鳥屋だね、予想外だったけどこれはあたりじゃないですか、とほくそ笑みます

一升瓶からコップに日本酒を注いでいただきます、

018

「焼き物は?」とちょっとつっけんどん(徐々にわかりますがこれがお母さんの持ち味なんです)、

基本、焼き鳥のようです、メニューが奥にあったのですがよく見えず、入り口近くの小さな貼りメニューを見ながら頼みます、え~っと、“ねぎま”と“ネック”、それに“なんこつ”をお願いします、

、メニューには刺身が部位別に並んでいますね、あわわ、え~っと、刺身もあるんですね、なににしようかな、、、盛り合わせ?盛り合わせもあるんですね、じゃあそれで、焼きは2本ずつで良い?はい、タレで?はい、、、

ほ、ということで怒涛の如くなんとか無事注文完了です、

「刺身盛り合わせ」はさっきテーブルの先客3人連れに大盛りの皿で出ていたあれかな?3人前だろうけど多かったなあ、

店の雰囲気がだいぶ分かってきました、

肝っ玉かあさんの焼鳥屋さんですね、鳥はけっこう美味しそうですよ、お母さんは忙しいので客が先客の皿を片づけたりテーブル拭いたり、生ビールをサーバーから自分で注いだり、新規の女性一人客は入り口横の冷蔵ショーケースから瓶ビールを勝手にとってからカウンターに着席、と、こんな雰囲気なんです、

お母さんも常連さんには冗談とも本気ともつかない口調でいろいろとつっこみを入れたり、若者を叱りつけたりしています、つき合いの長い常連さんが多いようですね、若者が多いのが特徴かな、みんな元気に焼き鳥食べてお母さんと楽しく近況報告をしています、

まず、「刺身盛り合わせ」が来ました、

020

やはり、この店は当たりですね、見た目で新鮮さが分かる刺身がどっさり、レバ、ずり、ハツ、ささみ、胸肉かな?生姜醤油でいただくのですが、これが相当旨いです!!、

これは人気があるはずです

初見のワタシの注文は訊いてきただきましたが、常連さんは自分でメモを書いて渡すのが流儀のようです、お母さん、注文メモを見ながらどんどん焼きにかかります、串を取り出してどさっと焼き台に乗せます、結構荒っぽく焼きます、まあ一人で忙しいから仕方ないか、

焼きはネタ毎に出てきました、まずは「ねぎま」、

021

大きめでインパクトあります、タレはやや印象が薄いかな、でも美味しいです

「ネック」、

022

これも肉自体にインパクトがありますね、

そして「なんこつ」、

023

これもボリュームありです、

お酒をお代わりして平らげます、

ライブ前に「牛丼」を食べているのでもうお腹一杯です、お勘定にしましょう、2480円也、メニューによると焼き鳥は@100円前後でした、ということは「刺身盛り合わせ」が1200円ほどかな?(よく分かりません)、

予想外の展開の焼き鳥「中森」でした、はっきりと気に入りました、ここは再訪確実ですね、おおきにでした、また来ますね

 

|

« 魚屋の角打ち!?、まさしくそういうお店でした、尼崎立花の「釜谷」。 | トップページ | 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく気になる外観、予想外の展開、でも良いお店です、三宮の焼き鳥「中森」。:

« 魚屋の角打ち!?、まさしくそういうお店でした、尼崎立花の「釜谷」。 | トップページ | 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 »