« またも敗退!?の天満を徘徊、そして落ち着いたのはテッパンの「酒の奥田」でした。 | トップページ | 3年振りの仙台の夜、まずは噂の名店「源氏」へ向かいます。 »

2012年5月 9日 (水)

仙台へ行く前に八重洲でちょっと一杯です、飛び込んだのは「ふじ居」。

【2012年4月19日(木)】

東京 八重洲 「ふじ居」

この日は午後から東京に来て打合せです、そして18時過ぎに終了、そのまま仙台へ行く予定です

東京駅で東北新幹線のきっぷを買います、

いつものカードでは東北新幹線は予約できないので珍しく窓口で購入します、ちょうど速い“はやて”が出たところです、次の列車で仙台まで行くと到着が21時頃、ふと考えます、21時頃に着いても仙台でゆっくり飲める店が開いているかどうか?3年振りで現地不案内、閉まるのが早いかもしれないしね、ここは1時間ほど先の列車を予約してこの辺りで晩酌をしてから行きましょうか

ということで、東京駅地下街か八重洲辺りで飲むことにしました、

地下街の開拓も頭をよぎりますが、この辺りで飲むとなるとなんといっても「ふくべ」が外せません、なんとなく横断歩道を渡って八重洲の飲み屋街を目指します、八重洲の飲み屋街は案外広いです、日本橋方面へ歩き右へ折れるのですがいつも早めに間違って曲がってしまいます、この日も一本手前で曲がってしまいました、、、が、これが幸運でした

あ、やはり間違ったわ、「ふくべ」はもう一本向こうの通りですね

ではこの路地を入って行きましょうか、とビルの脇の路地を左に入ります、この路地も何度か通ったことがあります、少し行くと今度は右手に、ちょうど「ふくべ」の裏にあたるところに飲み屋が並ぶ路地があります、エエ感じの路地なので一度どこかに入ろうかと思いつつ、まだこの路地の店は入ったことないですね、ちょっと流していきましょか

038

ほ~、「三州屋」はこちら側にも出入口があるんですね、同じ店のようですのでこちら側までつながっているのですね、「ふくべ」の入り口はこちら側にはないですね、

大通りまで一度歩いてまた戻ります、で、スタンド看板をもう一度確認します、さっきちらっと見たセットの看板が気になりました、

036

ほう、ビールと小鉢に刺身、煮物に焼き物が2つで2000円也、お得ですね、はい、確かに、

どうやら2階のお店のようです、2階の店というのは様子が分からないので入りにくいのですが、なんとなく店名も好きな感じです、ここは急遽「ふくべ」ではなく新規開拓と行きましょうか、

ということで、今日のお店は八重洲の「ふじ居」に決定です

037

階段を上がって入店します、はい、懐かしい感じの酒場ですね、

短いカウンターとテーブル席、そして奥には座敷もあります、で、お客さんは誰もいません、ワタシが一番客のようです、御姐さんが迎えてくれます、一人ですがテーブル席を奨めていただきます、、、どこへ行ったのかしら、、、と、御姐さんは独り言、、、どうやら大将がいらっしゃらないようです、そういうと先程、下の路地に割烹着を着た人が立ってましたよ

035

ほどなく、大将が上がって来られました、そりゃそうだ、ワタシが階段を上がるのを見ておられたのでしょう

御姐さんが注文を聞きに来られました、はい、表の看板にあったセットをお願いします、お疲れ様セットですね、はい、さて新幹線まで小一時間です、さっと飲みましょう、

ビールは中くらいのグラスで、そして「小鉢」は和え物、ぷは~、ビールが美味しいです、

026

「刺身」は蛸に鯛、かんぱちかな?

028

「煮物」、ほい、ちゃんと美味しいですよ、さすがに煮物は東京でも出汁を取ってますね、

029

ここらでビールはなくなりますので燗酒を追加します、ぬる燗でね、“金陵”という銘柄ですね、辛かったかな、

030

あとは焼き物ですね、まずは「つくね焼き」、

032

そして、「鰯」?ていうことでいいのでしょうか?

033

と、ここまででセット料理は終了です、これで2000円は値打ちです、

燗酒は大きい方850円也をお願いしたのでまだ残っています、何か頼もうかとホワイトボードのメニューを検討しますが時間が微妙なので断念、、、今日はここまででお勘定にしましょう、2850円にプラス消費税のお勘定でした、

イイ感じでしたね、「ふくべ」に比べると普通な分、ゆっくりと飲めますね、連れがいる時は「ふじ居」のほうが良いかもしれません、

飛び込みで入った八重洲の「ふじ居」、好感です、また来ますね

039

では、寝過ごさぬように、仙台へ向かいましょう、翌日は仙台で飲みますよ

 

 

|

« またも敗退!?の天満を徘徊、そして落ち着いたのはテッパンの「酒の奥田」でした。 | トップページ | 3年振りの仙台の夜、まずは噂の名店「源氏」へ向かいます。 »

八重洲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台へ行く前に八重洲でちょっと一杯です、飛び込んだのは「ふじ居」。:

« またも敗退!?の天満を徘徊、そして落ち着いたのはテッパンの「酒の奥田」でした。 | トップページ | 3年振りの仙台の夜、まずは噂の名店「源氏」へ向かいます。 »