« 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 | トップページ | こんな寿司屋さんがしっかりと営業がしているのが京都ですね、“にぎり”じゃない寿司、「末廣寿司」。 »

2012年5月30日 (水)

京都四条の一つ南の裏通り、綾小路は面白い通りになってますね、この日は煮込み「鈴や」へ。

【2012年5月10日(木)】

京都 綾小路高倉「鈴や」

この日は京都のライブハウス「磔磔」で打合せがあり、早い時間に京都へ向かいました

阪急電車「烏丸」駅で降りて「磔磔」を目指します、

「磔磔」は富小路仏光寺、「烏丸」駅から歩いて7~8分ってことでしょうか、四条通りから一本南の綾小路に入ります、この辺りはこの十数年でも随分と飲み屋が増えましたね、ワタシが高校生の時とはもう隔世の感です、って、気が付くともう40年前です、変って当たり前ですね、

綾小路を東洞院から東へ向かうと、昔よくお世話になった「うお秀」、

065

魚が旨い「しん」、

063

ここも一度入ってみたい「楽庵」、

062

このところまったくご無沙汰の「およね」、綺麗になってます、

061

おそらく前は散髪屋だったと思われる建物には煮込みの「鈴や」、

059

ここはどんな感じなんでしょうか?「川嶋旅館」、

056

町家カフェや町家ショップもいまや当たり前、町家再生のカタチが出来つつありますね、

055

やはり京都は趣があって面白い、全国、世界から来られるのがよく分かります

さて「磔磔」でMさんとさくっと打合せしますが、PAさんが今日のステージのリハーサル中ということで1時間後にもう一度打合せすることになりました、了解、じゃあ1時間後に、、、と云うことになりました、

さてどうしましょうか、もう少しぶらり探訪を続けますか?どこかでお茶でも飲みますか?それとも、、、飲みますか!!??

と、時間が早いので少し心の葛藤があったのですが(一応)結局、前から入りたかったこちら、煮込みの「鈴や」へ入ることにしました、

1年前に「磔磔」へ来た時から気になっていました、「鈴や」、まず外観がよろしい、これは前は散髪屋さんでしょうか?これは1年前の写真です、

110319_17410001

表から見る限り“煮込み”に絞ったお店のようです、良いんじゃないでしょうか?では入ってみましょう、

もちろん、一番客ですね

まだ仕込みの最中のようですが営業中です、L字カウンターに10席ほど、カウンターの中には大将?とお兄さん?の二人、イイですか?って感じで入ると奥の方の席を奨められます、とりあえず瓶ビール550円也(サッポロの中瓶でした)をお願いします、

店内には小さな黒板に“本日のメニュー”みたいなのがあったと思います、でも表のメニューで「モツ煮込み」か「すじ煮込み」にしようと決めていました、ここはやはり「モツ煮込み」600円也ですかね、

さて、これで40分ほどゆっくりと飲みましょう、

069

「モツ煮込み」、濃いめの甘辛い味噌タレですかね、

モツの部位も色々、肉も新鮮な感じで美味しいです、もちろんこれが看板なんですから当たり前ですか、量はそんなに多くないのでワタシ的にはもうちょっと安かったら良いのにね、って感じです、

元散髪屋と思われる店内は刷りガラスの窓と相まってイイ感じです、少しして若いお客さんが入店、これから歴史を作って行くって感じですね、写真を撮り損ねました、

さて、本当にこれだけでお勘定です、また「磔磔」へ行かなきゃいけません、

1150円也、綾小路高倉の角にあるレトロな建物の煮込み「鈴や」、イイ感じです、次回はもうちょっとゆっくり飲みたいところですね、綾小路周辺はライバル店が多いから来るのは大変だなあ、でもまた来ますね

|

« 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 | トップページ | こんな寿司屋さんがしっかりと営業がしているのが京都ですね、“にぎり”じゃない寿司、「末廣寿司」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都四条の一つ南の裏通り、綾小路は面白い通りになってますね、この日は煮込み「鈴や」へ。:

« 2度目の「東神奈川」駅、この日は駅すぐそこの「根岸家」へ行きました、良き正統派酒場でした。 | トップページ | こんな寿司屋さんがしっかりと営業がしているのが京都ですね、“にぎり”じゃない寿司、「末廣寿司」。 »