« 横須賀探訪の2軒目、どぶ板通りを歩いて横須賀中央駅へ、お目当ての「中央酒場」です。 | トップページ | 桜木町駅前の「ぴお」地下街、ディープな酒場がたくさんありました、第三酒寮「キンパイ」もイイ味出しています。 »

2012年2月13日 (月)

この日は神戸新開地で梯子です、立ち飲みの「吉美屋」から、元祖焼き鳥の「八栄亭」、5代目がいらしゃいました。

【2012年1月21日(土)】

神戸 新開地 「吉美屋」⇒「八栄亭」

久しぶりに新開地を攻めてみます、

前週に車で新開地に来ました、こちらの写真展を観るため、その時に気になった店からいてみましょう、

「新開地」駅を地上に出て南へ歩きます、

ここにはボートピアがあるので独特の雰囲気と立ち飲み屋がたくさんあります、代表格は「世界長新開地直売所」ですかね、もう少し南へ行くと“神戸アートビレッジセンター”なる建物があります、ここがどういう施設なのか?知りませんが神戸市辺りが持ち主なのでしょうか?この新開地にいきなりの雰囲気で建っています、先日の写真展もここの1Fで行われていました、

093_2

この“神戸アートビレッジセンター”のすぐ南側にあるのが立ち飲みの「吉美屋」です、先日、この周辺を軽く探訪して目星を付けていました、外から見ると明るい感じのカウンターの立ち飲み、カウンターの上に料理が並んでいました、それが美味しそうに見えたので(腹が空いていたか?)訪問を決めていました、

098_2

ではでは入ってみましょう

大体想像通りに店内です、明るい、L字カウンター、左奥には立ち飲みテーブルもあります、どこにでもということですのでカウンター中程に陣取ります、燗酒でもいいのですがいきなりですのここは芋焼酎お湯割り300円也にします、

先客はやはり全員おじさん、かつボートのお客さんですね、思ったよりもディープです、肴はまず「なまこ」250円也、

001_2

ボートというのはやったこと(船券を買ったこと)がないのですが、数は少ないけど案外当たらないものなのでしょうか?みなさん、TVを見つめては酒を飲んでおられます、

もう一品、「子鯛の塩焼き」300円也、見た目美味しそうだったけど、、、身が少ない!当たり前か、

002_2

さて、気分的にはもう一軒という感じでしたので、これでお勘定をして出ます、やはりちょっとディープすぎたかも、店の雰囲気は悪くないのだけれどね、、、

さて、「吉美屋」を出て北へ向かいます、

新開地音楽祭2011で出演したラウンドワン横の商店街の坂を登って北へ移動します、ここらは立ち食いうどん屋が多いですね、メニューに「ぼっかけうどん」というのがあります、“ぼっかけ”は牛すじ煮込みに近いものだと思います、長田とか新開地のソウルフードかな?

先日、神戸三宮の「長田ぼっかけ焼きそば」という店で焼きそばを食しましたが、これがチェーン店の“丸亀製麺”の経営と知ってひっくり返りました、やられたなあ、あれは

閑話休題、

商店街が終わるあたりで右の路地に入ります、突き当たりの坂道のところに建っているのが元祖焼き鳥の「八栄亭」です、

005

ワタシが知っている「八栄亭」は大阪梅田のお初天神境内のすぐ横にあります、ここ新開地にあるのは知りませんでした、昨年の「神戸新開地音楽祭2011」出演の際、周辺を探訪して見つけました、そのうちに来るつもりがずいぶんと遅くなりました、

どうやら、ここの「八栄亭」が本家の元祖焼き鳥のようです、創業は大正元年、となれば“元祖”というのも頷けます、そろそろ創業100年のようで、神戸新聞に記事が書かれていました、

さて、そんなことはまだ知らないワタシですが、とにかく店に入ることにしましょう、

まずは“上の店”を外から覗いてみます

実はこの「八栄亭」は傾斜地に建っているので“上の店”と“下の店”があるようなのです、横の階段を降りて“下の店”も覗きます、と、ちょうど二人連れが中に入ろうとしているところ、しばしの会話の後『上の店を覗きますわ』とのこと、どうやら“下の店”は満員のようです、いかんいかん、のんびりしている場合ではないようです、慌てて階段を登って“上の店”の引き戸を引きます、ほ、空いていますね、焼き台の前で忙しそうな大将がいらっしゃい!と迎えてくれます、カウンターに少しのテーブル、狭い店内です、空いていた右手一番奥のカウンターに着きます、

この“上の店”と“下の店”、両方とも「八栄亭」ですので関係があるのは間違いないのですが、今はどういう関係なのか?単なる入り口違いの店なのか?別の店なのか?どちらかが“分けの店”なのか?あとで少し分かることもあるのですが、どうやら“上の店”が本家のような気もします、

さて、とりあえずビールにしましょうか、焼き鳥ですからね、中瓶530円也、突き出しはお漬物、それと焼き物は手元メニューがありました、それを見ながら「しんぞう」と「み」各2本で300円也と「鴨ねぎ」450円也をお願いします、

011

そうそう、さっき下の店を覗いていた二人連れのお客さんも入店済み、、その後、家族連れやご夫婦のお客さんでほぼ満員になりました、新開地でもこの辺りは地元住民の常連さんが多いようですね、

焼き鳥は全部美味しかったです

「しんぞう」、これはとくに気に入りました、

007

「み」、

006

「鴨ねぎ」も美味

010

そろそろと燗酒にします、小さなチロリで出てきますが500円也と高め、白鹿です、

012

この頃に若いお母さんが赤ちゃんを抱いて奥から出てこられました、

どうやらこのお店の娘さんのようです(上記の神戸新聞の記事で確認)、子供と一緒にカウンターの中へ入られます、常連さんたちがワイワイとあやします、で、いつの間にかお嬢さんが焼き鳥を焼き始めました、へ~、お姉さんも焼くのですね、と思いながら奥の壁を見ると、、、なんと壁のちょっと高いところにさっきの赤ちゃんがちょこんと座っています、どうやら手作りの椅子にのっているようです、ニコニコしながらお客さんを見回していますよ、凄いなあ、貫録十分です(この赤ちゃんは5代目らしいです)、

壁に「八栄亭」の由来が書かれた記事が壁に貼ってあります、創業は大正元年、そろそろ創業100年、初代は“八重”さんというようです、店名とは字が違うのですね、空襲や震災を乗り越えての歴史が書かれていました、

さあ、もう少し食べましょう、「きも」2本300円也、柔らかい、

014

そして「玉ひも」2本300円也、これも新鮮な感じ

015

燗酒を2杯飲んでお勘定にします、3330円也、やはりお酒が少し高いのでこれくらいになるようです、でも店の雰囲気はイイですね、狭いので団体ではなく一人か二人でじっくりとこの空気を味わいたい店でした、新開地の元祖焼き鳥「八栄亭」、こりゃ絶対にまた来ますね

【おまけ】

帰りがけに立ち食いで「ぼっかけうどん」、温かくって美味かった!!

018

|

« 横須賀探訪の2軒目、どぶ板通りを歩いて横須賀中央駅へ、お目当ての「中央酒場」です。 | トップページ | 桜木町駅前の「ぴお」地下街、ディープな酒場がたくさんありました、第三酒寮「キンパイ」もイイ味出しています。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この日は神戸新開地で梯子です、立ち飲みの「吉美屋」から、元祖焼き鳥の「八栄亭」、5代目がいらしゃいました。:

« 横須賀探訪の2軒目、どぶ板通りを歩いて横須賀中央駅へ、お目当ての「中央酒場」です。 | トップページ | 桜木町駅前の「ぴお」地下街、ディープな酒場がたくさんありました、第三酒寮「キンパイ」もイイ味出しています。 »