« 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 | トップページ | 天満橋の大通り沿いに酒場密集ゾーンを発見、気になる「割烹かおり」を横目に「松崎屋」へ。 »

2012年2月27日 (月)

なかなか足が向かなかった天満橋の「みやい」、シブい雰囲気が残っている店でした。

【2012年2月6日(月)】

大阪 天満橋 「みやい」

このところ東京で飲む方が多い!という、凄い状況になっております、

東京はまだまだ行けてない酒場が多いですから、行き先に困ることはないのですが、、、それに比べて、このところ大阪の酒場巡りはちょいと停滞気味です、なので、大阪で飲みに行くことが減っているのかもしれません、まあ、大阪でもまだまだ未訪問店はあるので頑張っていきましょう

ということで、この日は久しぶりに大阪の新規酒場です、

天満橋の「みやい」、

前から狙っていたのですが、場所柄かなかなか足が向かなかったのです、この辺りの感覚は不思議で、東京であればいくら遠くてもさっさと電車に乗って行っちゃうのですが、大阪になるとちょっと億劫になったりします、地理を知っているからかな?東京であちこちの酒場へ行った話をすると、都民はみんな「よくもまあそんなとこまで」というような感想を漏らします、こちらは別に東京での電車で30~40分の移動は気にならないので、へ~、って感じなんですが、大阪で40分移動して飲みに行くとなるといきなり億劫になります、やはり地理を知っているからかな?やはり、ワタシのDNAは関西で、東京住まい4年7か月では東京都民にはなりきれないようです。

閑話休題、

とりあえず、天満橋の「みやい」です、

そんなに遠くない、梅田から地下鉄谷町線で2駅なのになぜか足が向かなかった天満橋です、そのうちにと思っていたら、先日Yちゃんに先を越されていることが発覚、こりゃ急いでいかなきゃ!!というモチベーションが沸き起こりました、

天満橋の交差点に出ます、ここ、久しぶりです、交差点はスクランブル信号になっているのですね、知りませんでした、「みやい」はこの大きな交差点のすぐそばにあります、こんな感じ、

015

あ、ホテル京阪との間の路地側にも二つも入り口がありますね、どこからでも入れる店です

016

2001年にあるイベントを担当、2週間にわたりこのホテル京阪に泊まっていたのですが、すぐ横の「みやい」には一度も入ったことがないですし、記憶にもありません、まあ当時は一人飲みなんてしたことないですから近くの中華料理屋とかで食事を済ませていたのかもしれません、とにかく初入店の「みやい」であります

ではでは、路地側奥の引き戸から入ってみましょう、

おう、末枯れた感じのイイ酒場ですね、変形カウンターが店内をぐるりと回っています、結構入りそうですね、

022

先客は6組ほど、皆さん2人連れか3人連れ、基本はおでんの店の雰囲気です、目の前の空き席に座ります、カウンターの中にはお母さん、御姐さん、若い大将の3人、いやもう一人おられたかな?とりあえずビールをいただきましょうか、え~っと、小瓶はありますか?ある、では小瓶400円也をください、

それと、、、おでんを頼もうかどうしようかとメニューを見ると「名物 湯豆腐」350円也という文字が飛び込んできました、名物ならまずはこれから頼んでみましょうか、

017

思ったよりシンプルな「湯豆腐」でした、でも出汁はさすがにすっきりと美味しいですね、

ビールはコップに2杯ほど飲んで、少し余したまま燗酒400円也に切り替えます、そしておでんを頼みましょう、いつもの好物をあえて避けて「がんもどき」と「ごぼ天」にします、

018

おでんの方は「湯豆腐」に比べて割と濃厚な出汁です、「湯豆腐」は出汁が売り、おでんはおでんで濃厚で旨い、ってことですね、

燗酒をチビチビと飲みながらおでんを追加、そして燗酒もお替りです、

「厚揚げ」、

020

「もちきんちゃく」、結局好物を頼んでいます、揚げ物系のネタが好きなんです、

021

落ち着いた感じの店内、この日は久しぶりに雨が降っていたせいか、客足も伸びないようです、まったりとした時間が流れます、

さてここらでお勘定にしましょうか、値段忘れました、2500円くらいかな?、おでんはそんなに高くなかったです(100円~という表記のみ、ネタ別の値段表記はなかったような気がします)、

天満橋交差点すぐの「みやい」、イイ雰囲気をしっかりと残していただいています、この辺りで飲むことが少ないのですが、天満橋ならまずはここですね、「みやい」、また来ますね

さて、もう一軒行きましょうか、、、

【おまけ】

この日の昼食は、駅前第2ビルB2Fの「にしき」で「鳥天ぶっかけ温」、これは好物です

013

 

 

 

 

 

|

« 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 | トップページ | 天満橋の大通り沿いに酒場密集ゾーンを発見、気になる「割烹かおり」を横目に「松崎屋」へ。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなか足が向かなかった天満橋の「みやい」、シブい雰囲気が残っている店でした。:

« 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 | トップページ | 天満橋の大通り沿いに酒場密集ゾーンを発見、気になる「割烹かおり」を横目に「松崎屋」へ。 »