« 普通のおうちの玄関を開けて、靴を抜いて上がります、清澄白河の隠れ家蕎麦屋「浅野」。 | トップページ | 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 »

2012年2月23日 (木)

初訪問、四谷の立ち飲み「鈴傳」、お母さんの料理がお勧めだそうです^^)

【2012年2月3日(金)】

東京 四谷 立ち飲み「鈴傳」

週末の東京です、前から行きたかった四谷の角打ち「鈴傳」へ行ってみました。

随分と昔です、まだ東京勤務になる前ですからもう10年ほど前のことでしょうか?日比谷辺りのビルで業務終了、先輩と一緒に飲みに行くことになりました、その先輩が連れて行ってくれたのが、今から考えると虎ノ門の「鈴傳」という店でした、この時は満席で入れなかったのですが、後日、一人で訪問しています、

しかし、この虎ノ門の「鈴傳」も2008年春に閉店、ビルの改築が理由だったと思いますが、その後再開店したという情報はなし、大変残念なことです

で、その「鈴傳」と同じ店名の店が四谷にあるのは聞いていたのですが、今だ未訪問でした、四谷と虎ノ門の店に関係があるのかどうか?分かりません、ご存知の方は教えてください

この日は日帰りの週末ですが、そのせいで新幹線が遅い時間しか取れていません、ちょいと時間があるので四谷まで行くことにしました、

メトロ丸の内線「四谷」駅で降ります、

この駅は新宿へ行くのによく通りましたけど降りることは少なかったですね、でも駅は交差点のすぐ近くで「鈴傳」もすぐ近くのようです(このところお世話になっているスマホ位置情報のおかげ)、迷わず路地に入って突き当たるとありました、「鈴傳」

044

042

酒屋ですね、間口が広いです、中も明るい店内が見えましたがそちらは酒屋の方でした、ということは、この左側の狭い間口のドアが立ち飲みの入り口のようです、ではでは、入ってみましょう、

入ると壁際に二人用の立ち飲みテーブルが並んでいます、

奥に行くと少し広いスペース、右側には料理やショーケースが並ぶカウンター、その奥には4人用の立ち飲みテーブルがありますね、床は小さめの四角いタイル貼り、いいね!、

046kai

カウンターの中にはお母さんが一人ともう一人御姐さんが、なにやら忙しそうです、とりあえず、壁際の立ち飲みテーブル下に鞄を置いて、注文体制を整えます、どうやらカウンターの中のお母さんに注文をするようです、

前のお客さんはカウンターに着いたまま注文を受け取られます、ワタシの番です、日本酒のメニューが気になりますが仕事終わりの一杯はやはりビールが飲みたい、メニューが見当たらないのでお母さんに訊きましょう、、、

「あのう、ビールは大瓶ですか?」

「あ、はい、大瓶ね」

ということで、あっさりと大瓶に決まりました、あとで実は小瓶もあることが判明、そりゃそうか、酒屋さんだものね

そして、ショーケースの上のアルミ皿に乗っていた「串カツ」が美味しそうだったので注文、はいはい、ということで皿にとってもらいます、待っている間に横のカウンターの女性客に訊きます、ここで払うんですか?そうですよ、とのこと、キャッシュ・オン・デリバリーですね、900円とのこと、あとの展開で確認したのですが料理は大概350円也のようなのでビール大瓶は550円也のようです、

壁際のテーブルにビールと「串カツ」を持って行きます、では一人でカンパイです、「串カツ」、旨いです、

045

と、先程のカウンターの女性客が帰り際に声を掛けてこられました、

なにやら持ち帰りの注文だったようですね、お名前はFさん、Fさんは串揚げ屋を経営されているそうで、先日大阪へ研究のため「串カツ」を食べに行ったそうです、「どて焼き」も食されたそうです、「なぜ、あんなに甘いの?」と訊かれました、確かに「どて焼き」は甘いのです、旨く説明できないですが、ああいう味付けなんですとしか、、、スイマセン、

ここ「鈴傳」のお薦めはお母さんお手料理が美味しいことだそうです、なるほど、確かに美味そうですよね、日本酒は「〆張鶴」400円也がお得よ、とのこと、なるほど、ありがとうございます、またどこかでお会いしましょう、

さて、ビールを残しつつ日本酒へ行きましょうか、

Fさんお薦めの「〆張鶴」400円也にしましょうか、コップ酒なんですね、

050

それとその「ふきと揚げください」、はい、750円也ですね、

049

今頃にはカウンターの中とは別にフロア担当の御姐さんが残り皿などの回収に回って来られるようになりました、なるほどね、一応セルフサービスのようですがこういうサービスもあるのですね、そろそろと満員になって来ました、ワタシの立っている二人用テーブルの向かいにも一人客の方が来られました、どうぞどうぞ、混んできましたからね

もう一杯だけ飲みましょうか、

052

え~っと「益荒男」をお願いします、それと~っと肴を探してカウンター上の皿を見回しているとお母さんから「湯豆腐もあるよ」とプロモート、ではそれをください、とあっさり決定

051_4

これでゆっくり飲みながら時間をみると、お、もういい時間になっていますね、新幹線に乗らないと、、、ではこれでお勘定にしましょう、って、もう払っていますけどね、四谷交差点すぐ近くの立ち飲みの「鈴傳」、評判通りの良いお店でした、また来ますね

 

【おまけ】

この日の昼食はここ、

037

どこの下町かと思いきや、銀座4丁目の交差点から100mほどの路地裏です

「中華 三原」で「たんめん」、

040

化学調味料たっぷりの「たんめん」、たまに食べたくなるハードフードです、麺が変わったか?ちょっとモサモサしたけど、まあいいや、、、

 

|

« 普通のおうちの玄関を開けて、靴を抜いて上がります、清澄白河の隠れ家蕎麦屋「浅野」。 | トップページ | 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 »

新橋虎ノ門浜松町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問、四谷の立ち飲み「鈴傳」、お母さんの料理がお勧めだそうです^^):

« 普通のおうちの玄関を開けて、靴を抜いて上がります、清澄白河の隠れ家蕎麦屋「浅野」。 | トップページ | 日曜日の昼飲みです、至福のひと時^^)、梅田の泉の広場近くの「七津屋」。 »