« 初めての横須賀探訪です、まずはここから入ってみましょうか、汐入の食堂「一福」。 | トップページ | この日は神戸新開地で梯子です、立ち飲みの「吉美屋」から、元祖焼き鳥の「八栄亭」、5代目がいらしゃいました。 »

2012年2月10日 (金)

横須賀探訪の2軒目、どぶ板通りを歩いて横須賀中央駅へ、お目当ての「中央酒場」です。

2012年1月19日(木)】

神奈川 横須賀中央 「中央酒場」

ここもずいぶん前からお名前だけは伺っていました、が、この日が初訪問です、

さて、横須賀探訪の2軒目です、「汐入」駅すぐ近くの食堂「一福」で飲んだ後です、

「一福」から歩いて「横須賀中央」駅を目指すことにします、スマホで徒歩経路を確認、10数分で着きそうですね スマホは決して使いこなしているとはとても思えませんが、この位置検索の精度はびっくりですね、数メーター以内で特定されます、ハリウッド映画そのままです、あまりこれに頼りすぎると周りに観察眼がいかなくなるのでどうかと思いますが、やはり便利なので使ってしまいます、こうして本能的な六感を失っていくのでしょうかね

とりあえず、スマホ経路に沿って歩きます、と、いきなり明らかに外国人向けの商店街が始まりました、

030

ここが“どぶ板通り”というのでしょうか?

イメージよりは広い道幅、もうどぶ板はないようです、でも異国情緒たっぷり、いろんな店が並んでいますが、普通の日本の商店街の雰囲気ではありません、Barにしてもレストランにしてもアメリカンテイストでなにか日本仕様とは違います、革製品の店に、お!Zippoの専門店らしき店もありますね、でもライターはもうあまり売れへんやろうなあ

歩いているのももちろん外国人が多いです、

かといって米兵という感じでもなく、歴史的に外国人居住者が多いのでしょうかね、さすが横須賀という雰囲気になってきました、外国人と日本人の子供が遊んでいます、こういう風景はあまり見ない、とくに関西ではほとんど見ない、ちょっとドキドキしながら歩き進みます、

031

と、大通りに出ました、「横須賀中央」駅に繋がる通りですね、

ここへ来るといきなり雰囲気が変わります、相変わらず外国人の姿も多いのですが、雰囲気・仕様は日本です、なんというかな?昔の沖縄那覇みたいな感じがします(って、数回しか行ってないけど)、駅に近付くにつれて徐々に日本仕様の匂いが強まるような感じでいつの間にか普通の街になったようです、

少し路地に入るとお目当ての店があるはずです、と「王将」がありました、これは完全に日本です

038

で、その斜め向かいにありました、

033

この日の2軒目は「中央酒場」です、

ずいぶん昔から一度来たいと思っていたお店です、「横須賀中央」の「中央酒場」、地元代表のネーミング、こういうシンプルな名前の酒場は良い店が多いのですよね

ではでは、さっそく入ってみましょう、

賑わっていますね、

先程の「一福」と対照的、まったくの正統派酒場の雰囲気ですね、明るくて綺麗な店内、左側には底辺が2席の逆L字カウンターがずっと奥まで続いています、おそらく20席ちかくはあるのではないでしょうか?真中辺りに切れ目があって店員さんがそこから出入りされるようです、右側には壁に沿ってテーブル席が7つほど、細長い店ですね、

036

一人客を告げて、入り口すぐのL字カウンターの付け根あたりに着きます、どうしようかな、まあここも燗酒か、寒いですからね、燗酒をお願いします、

お姉さんは料理も訊きたい素振りでしたが、手元メニューがないのでコートを脱ぎながら奥の壁にあるメニューに目を走らせます、メニューは多いですね、食事系も充実していたような、、、早く決断しないといけないので、最初に心魅かれた「ニラ玉」450円也を注文します、

お酒は特製の銚子で出てきました、400円也、でも結構な量があるように思えます、

034

「ニラ玉」もすぐに出てきました

035

ボリュームがありますねえ

酒の肴というよりは一品料理です、他の料理もそうみたいですが出てくるのが早いし、量が多いです、従業員は料理方が二人~三人、お姉さんも3人くらいいらっしゃいます、店の大きさからするとちょっと多いかもしれませんが、なんとなくですが家族経営的なまとまり感も感じます(憶測)、古い店でしょうから家族経営の可能性は十分あると思うのです女性客も多い客層はなんか家族的な雰囲気もします、なんかそういう店なのではないでしょうか

珍しく携帯に仕事の話が、それも2件舞い込みました、

表へ出て話ます、長話はしませんがそれでも酒場にのめり込むのが難しくなるのは仕方ないです、軽く済ますつもりの1軒目「一福」で結構食べてしまい、ここの「ニラ玉」もボリューム満点ですのでお腹一杯になりました、それにここから「新横浜」駅までは小一時間は見ておかないといけません、今日は日帰りですから、残念ですがここらでお勘定にします、850円也、

初めての横須賀探訪、なんだか異国ムード漂い街並みは面白かったです、「中央酒場」もあらためてじっくりと溶け込んでみたい酒場でした、ぜひまた来ますね

039

周辺にもいくつか酒場がありました、横須賀探訪はまだまだ必要ですね、

|

« 初めての横須賀探訪です、まずはここから入ってみましょうか、汐入の食堂「一福」。 | トップページ | この日は神戸新開地で梯子です、立ち飲みの「吉美屋」から、元祖焼き鳥の「八栄亭」、5代目がいらしゃいました。 »

横浜川崎横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀探訪の2軒目、どぶ板通りを歩いて横須賀中央駅へ、お目当ての「中央酒場」です。:

« 初めての横須賀探訪です、まずはここから入ってみましょうか、汐入の食堂「一福」。 | トップページ | この日は神戸新開地で梯子です、立ち飲みの「吉美屋」から、元祖焼き鳥の「八栄亭」、5代目がいらしゃいました。 »