« 新板橋「明星」からテクテク、庚申塚の「庚申酒場」はお母さんが守る“おうち”酒場でありました。 | トップページ | 酒場巡りも難しい、この日はイメージが決まらずに彷徨ったあと、駅前第1ビルの「大豊」へ。 »

2012年1月14日 (土)

燗酒が恋しい季節になりました、八重洲に異空間、正道酒場の「ふくべ」。

【2011年12月20日(火)】

東京 八重洲 「ふくべ」

さすがに寒くなって来ました、燗酒が恋しくなる季節です、ではでは燗酒の旨さを堪能しましょうか

珍しく遅くからの打合せ、それも場所は日本橋三越本館2Fの喫茶「ウィーン」、この三越本館に入るのは初めてですね、さすがに老舗、エレベータ脇の大理石などに往年の活躍時の面影があります、

で、打ち合わというか顔合わせは無事終了、Mさんと一緒に帰ります、明日も打合せが入ったのでこの日も予定外の東京ステイです、

さて、すぐ近くのビルの地下には飲食街がありますが、ここは日本橋三越ですね、すぐそこが文字通りの“日本橋”、そしてその先の永代通りを越えるともう八重洲ですよね、Mさん、少し歩いていいですか?こういう日にぴったりの店があるものですから、

日本橋を歩いて渡ります、麒麟がいました、ちょっと怖いですね、この麒麟を見ると映画「帝都物語」を思い出します

031

永代通りを渡って少し行くともう見えてきました、あそこです、もう少しで着きます、

はい、こんなに寒い日はここが良いでしょう、

042

日本酒が揃っている八重洲の酒場「ふくべ」です

東京駅からほんの数分ですが本格酒場の異空間がここに残っています、この辺りが東京の懐の深いところです、

ではでは入りましょ、う~寒い、、、と二人なら簡単に入れるかと思っていたら、、、なんとこの日の「ふくべ」は満員ですよ、奥のテーブルスペースにもびっしりとお客さんがは入っています、皆考えることは一緒だねえ、2階席もあるようですがそちらも満員のようです。

とりあえず入れますか?入れる!一杯?、奥のテーブル席の相席ですか、いいですよ、え?やっぱりカウンター席?詰合せていただける、はい、ではそちらで、、、

ということで入り口すぐのL字カウンターの底辺に着きます、、、

あとで分かったのですがこの席はお客さんが来るたびに外気が入ってきて寒い!のです、でも大丈夫、あったまりましょう、すいません、瓶ビールください、ここでも気分は瓶ですね、そして熱燗も下さい!、銘柄ですか?何がイイですかね?「呉春」、はい、それでお願いします、ぬる燗でね、、、

同行のMさんもビックリの異空間、

040ishi

今日はしっとりと飲むというより大賑わいの喧騒です、

ホント、こんなに混んでいる「ふくべ」を見たのは初めてです、ビールが来ました、ではではお疲れ様でした、今日の仕事もうまく行くといいですね、と少し仕事の話をしていると何がきっかけだったか?長野県の話になり、この寒さだとスキーもできるね、なんて話にお隣のお客さんが加わり、なんと燗番の大将までもがスキー好きのようで、白馬八方のリーゼントやケルン、うさぎ平などのゲレンデの名前が飛び交いました、はは、みんあオッチャンですが若い時は一大スキーブームでしたからね、

さて、料理は「きずし」、

038_2 

「めざし」、

039_2

この日のお奨めの「ピり辛イカのさつま揚げ」だったかな?

037_2

これで最初に瓶ビールを、そしてぬる燗を4本いただきました、ぬる燗の銘柄は「呉春」⇒「賀茂泉」⇒「出羽桜」⇒そして、ふたたび「呉春」に戻りました

時間的ちょうど入れ替え?2階の宴席も跳ねたようですが、ご新規さんもどんどん入って来られます、そのたびに『ふ~寒い』と唸るワタシ達です

料理はあと、「たらこ」を頼んでこれでお勘定です、

041_2

どうもご馳走様でした、いつもはしっとりと飲む「ふくべ」ですがこの日はほんとに賑やかに楽しめました、八重洲に異空間、正道酒場の「ふくべ」、また来ますね

おまけ・・・

この日のランチは佃の「大壷」でと思ったのですが残念ながら閉まっていました、で近くの「うどん屋食堂」で“ニラ玉”とライス、

027

「大壷」はどうしたんだろう、ちょっと心配だなあ、

 

|

« 新板橋「明星」からテクテク、庚申塚の「庚申酒場」はお母さんが守る“おうち”酒場でありました。 | トップページ | 酒場巡りも難しい、この日はイメージが決まらずに彷徨ったあと、駅前第1ビルの「大豊」へ。 »

八重洲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燗酒が恋しい季節になりました、八重洲に異空間、正道酒場の「ふくべ」。:

« 新板橋「明星」からテクテク、庚申塚の「庚申酒場」はお母さんが守る“おうち”酒場でありました。 | トップページ | 酒場巡りも難しい、この日はイメージが決まらずに彷徨ったあと、駅前第1ビルの「大豊」へ。 »