« 初四国記事です、高松仏生山の割烹「だるま」、7年越しのご対面です♪ | トップページ | 高松『讃岐うどんツアー』②、時間が余ったので予定外の「山越うどん」へ、“かまたまやま”をいただきます、 »

2011年12月25日 (日)

念願の『讃岐うどんツアー』敢行!①です、栗林公園の後に、まず1軒目は「上原屋本店」へ。

【2011年12月3日(土)】

香川県 高松 『讃岐うどんツアー』

さて、前乗りで来ている高松、この日は大阪から同僚が貸切バスで10数人、高松に乗り込んできて『讃岐うどんツアー』です、

前の日、10時前に寝てしまったので4時半に起床

ホテルのベッドではゆっくり寝れません、2時頃からウトウトと目が覚めていたのですがなかなか寝付けず結局あきらめて4時半には一旦起床、顔を洗って出かける準備、、、でもまだ外は真っ暗で散歩という訳にはいかないようです、もう一度ベッドに横になるとまたちょっとウトウト、、、と6時過ぎになっています、おっと起きましょう、、、できれば朝もうどんを食べましょうか、準備を済ませてホテルのロビーでPC触って、朝うどんやってる店を探しに出掛けます、、、

って、PCで調べれば良かったね

PCでFacebookだけやってうどん店は調べませんでした、まあ、散歩がてら探しましょう、と瓦町から兵庫通り辺りまでをウロウロとしたのですが結局見つかりません、「はなまるうどん」という店が2店ほど準備していますが0745~開店のようです、まだ時間があります、、、

結局、「吉野家」で朝定食です、納豆も付いてる豪華版を頼んでまあ満足、

ホテルに帰ってシャワーを浴びてチェックアウト、また少しロビーでPCを触ってぼちぼちと出掛けましょうか、時間は9時前です、

“栗林公園”へ久しぶりに行く予定ですが、同じ方向にこの日の1店目の予定の「上原屋本店」がありますね、どうやらこの商店街の通りをまっすぐ南下すれば良いようなのでまずはそこを目指しましょう、

少し歩くと商店街のアーケードが途切れました、

でも比較的広い通りの両側には商店が続きます、なかなかいい感じで末枯れた雰囲気がイイです、10分ほど歩くと栗林公園が右手に望めます、そろそろ「上原屋本店」も近いはずですね、と、ありました、、、が、、、

111203_09450001

でも、なんか雰囲気が違うなあ、、、

とよく見ると貼り紙がしてあります、どうやらここは旧店舗のようです、すぐ近くの新店舗の地図が示してありました、ほ、どうやら迷よわずに済みそうですね、

地図通りに「上原屋本店」に到着、

111203_09480001

もう開店していてお客さんも入っています、さすが讃岐、みんなうどん食べています、でもまだうちのメンバーは着きません、1130頃ここへ到着の予定です、

ではでは場所が分かったのですぐそこの栗林公園でも散策しましょうか、

「栗林公園」はずいぶん以前に一度来たことがあります、出張の合間にさっと見学しましたね、今日は1時間半以上時間があるのでゆっくりできます、

そういうと昨晩訪問した「だるま」のお母さんがおっしゃっていました、「日本3大庭園」には入っていないけど、その3つとも行ったけど栗林公園が一番良いわよ、と、、、確かに公園内にもここ栗林公園は“日本3大庭園と比して劣らない別格の庭園である”というような意味の立て看板がありました、

この屋敷では抹茶がいただけるようですね、

111203_10130001

そして池にはでかい鯉がいっぱい、いったい何年生きているんだろう?餌の麩が売っていたのでやりたい衝動に駆られましたが思いとどまりました、きっと大騒ぎになるんだろうと思います

前来た時の記憶は全くないです、このところよく思うのですがホントに記憶があやふやになって来ました、この場所も来たような来てないような、公園内で最も高い場所のようで景色も素晴らしかったです、

111203_10240003

この写真ではまったく表現できていませんが、ここへ来て栗林公園の良さを実感、さすがに素晴らしい公園です

ここまでゆっくり回っても30分ちょっとかな、

まだまだ時間はあります、さらにのんびりと歩いていると・・・ぽつりぽつりと雨が落ちてきました、もともと雨の予報、低い雲が立ち込めていましたが雨はまだ降ってませんでした、仕方ないですね、と思っているうちに雨脚が強まってきました、折り畳み傘は持っていますがさすがに雨の中での散策はやめましょう、足を速めて出口に向かいます、休憩所の屋根の下のベンチを確保して休みます、まだ時間があります、ここは本でも読んでゆっくりと時間を潰します、

さて、11時を回りました、

ちょっと早いですがバス組も予定より早く来るかもしれません、そろそろと「上原屋本店」へ戻りましょうか、と大通りを歩いていると先の信号から小型バスが回り込んできました、お、あのバスやったりして、と一瞬思って注目していると、、、やはりそうでした、すごい偶然、うちのメンバーが乗ってます、目が合い手を振ります、「上原屋本店」は少々入りにくいのです、向こうから回ってこないと入れないよ、とジェスチャー、でも一瞬でバスは通り過ぎます、まあ意図は伝わったでしょう、ワタシは徒歩で先に行ってますね、

ということで、いよいよ『讃岐うどんツアー』1軒目の「上原屋本店」です、

バス組と無事合流、1115頃かな、じゃあ皆で入るよ、ちゃんと並んでね、お会計をまとめてするからね、バラバラにならないでね、

てな感じでいきなり幹事です、セルフはちょっと要領がいるので先に着いて店の雰囲気とセルフ方式の内容を確認、お勘定の段取りを店の人と相談しておいたのでいきなり幹事のようなことになりました、

さて、ツアーメンバー全員集合していよいよ実食です

“セルフ”はお盆を持ってまずが天ぷらなどをとって、うどんの窓口で「かけ」とか「ぶっかけ」「かまあげ」と種類と大きさ(大とか小とか)を言ってうどん玉をもらいます、そしてお勘定、さらにこの後うどんを自分で軽く湯通ししたりします、これが出汁の蛇口です、「かけうどん」の汁はこれで注ぎました、、、

111203_11270001

あとはネギや生姜などの薬味をかけたりします、まあどってことはないですが最初はすこし緊張しますね

111203_11280001

ワタシはまずは「かけうどん(小)」にしました、それとふわふわの「タマネギ天」を1個、

111203_11220001

うん、美味しいですさすがです、すっと食べられます

もっと天ぷらとか食べたいけど今日は少なくとも3軒を回る予定ですからあまり最初から飛ばす訳にはいきません、まずはこれくらいで済ませましょう、

と、早いなあ、あっという間に1軒目終了です、10数人いますが滞在時間は15分ほど、あっという間です、

ではでは、次の店を目指しましょうか、次は「うどん手打ち教室」の予定です、

つづく・・・

 

|

« 初四国記事です、高松仏生山の割烹「だるま」、7年越しのご対面です♪ | トップページ | 高松『讃岐うどんツアー』②、時間が余ったので予定外の「山越うどん」へ、“かまたまやま”をいただきます、 »

広島高松岡山鳥取」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
メリークリスマス。
テリーさんを見習い行動範囲を広げましたが、それが楽しくてはまってしまいました。
昨日名古屋へ行きました。
今日は岐阜です。
名古屋はご存知テリーさんも記事にしている大甚本店行きました。
大甚中店に間違えたと書いていたので注意して確認して本店へ(笑)
あれは間違えますね!
出口を7と6を間違えたら危険です。
他にも間違えたブロガーさんが記事にしています。
おかげさまで間違えず楽しめました。
でも、京都の伏見や大阪の天満酒蔵、京屋本店にはかなわないかなって思いました。
料理のクオリティとコストパフォーマンス的に。
京都の神馬は最高でしたが値段的に比較はできませんよね。
他に記事にされてる名古屋駅と亀島の中間 串カツ のんき屋
丸の内のどて焼五條
上前津の初鳥
初鳥は名古屋コーチンなんか使った焼き鳥で予約でフラれそうになりましたがお願いして18時までならと短時間
神宮前の美奈登
酒場放浪記を全制覇しました。
来年は静岡を考えてます
遠いとフラれたとき痛いので前日営業確認が面倒ですね。

投稿: たろう | 2011年12月25日 (日) 11時06分

たろうさん…毎度です♪

やりますね~、名古屋制覇ですか、、

ワタシも久しぶりに先日行ってきました、
また記事にしますのでお楽しみに^^)

投稿: テリー | 2011年12月27日 (火) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念願の『讃岐うどんツアー』敢行!①です、栗林公園の後に、まず1軒目は「上原屋本店」へ。:

« 初四国記事です、高松仏生山の割烹「だるま」、7年越しのご対面です♪ | トップページ | 高松『讃岐うどんツアー』②、時間が余ったので予定外の「山越うどん」へ、“かまたまやま”をいただきます、 »