« おでんが美味い季節になりました、大阪玉造の「豊祝」から、おでんの「きくや」へ、こりゃたまらんなあ、 | トップページ | さすがに寒くなってきました、こんな日は燗酒ですね、銀座の山形料理「樽平」。 »

2011年12月20日 (火)

2回目の訪問です、こんなに温かいもつ焼き屋は他にないです、祐天寺の「ばん」。

【2011年11月29日(火)】

東京 祐天寺 「ばん」

やっと二度目の訪問ですね、初めての訪問は1年以上前ですね、2011年の10月であることは間違いないですね、、、ワタシは右手を骨折してギブス嵌めて行きましたから、不覚にも草野球で骨折してました(そこまでして行かんでも)、

日比谷線で中目黒まで、そこからもう一駅行くと祐天寺です、

なんだかイイ感じの名前ですよね、関西人はきっとこの駅名が好きだと思います(勝手な思い込み)、駅前のロータリーを出て南へ200mほど、右へ曲がるとほどなくあります、もつ焼きの「ばん」、評判の高い店ですが、ホントに良い店です、やっと再訪です。

101021_17060002

前と同じ入り口(入り口は2カ所あります)から入ります、オッと、早い時間なのですがやはり混んでいますね、目の前に10人ほど座れるカウンターがあります、何とかここに座れそうですね、ではでは失礼いたします、

ここ「ばん」が人気店なのは常連率の高さで証明されています、

駅から少し離れているこの場所だからか、流しのお客さんはほとんどいらっしゃらないでしょう、ほぼ全員がワタシより先輩の常連さんです、とこう書くとちょっと敬遠する人がいるかもしれませんね、でも、前回の記事でも書きましたが、ここは一見でも全く心配いりません、お店の方も常連さんもまったく分け隔てなく接していただけます、

まずは飲み物ですね、え~っとなんというのでしたっけ?レモンが入った、レモンハイ?それです、それお願いします、

レモンハイの前にお通しがこの日は2品出てきました、「お新香」と「半熟たまご」です、珍しいですね、そして「レモンハイ」も来てあっという間にセットの出来上がりです、

111129_17070001

レモンハイのレモンは2つに切ったレモンと絞り器が出てきて自分で絞りいれます、

常連さんで一杯の店内、テーブル席は全員常連さん、バラバラに来られているようですが皆さん一体です、お隣はお一人でニコニコ、カウンターの3人連れもバラバラで来られているようですが、、、一体です、お隣の方は缶ピースを吸っておられます、久しぶりに見ました、酒場のカウンターで缶ピー、いいね!、(「探偵はBarにいる」を想い出す)

と、奥の方におられた常連さん(もちろん面識はありません)がホタルイカの一夜干しを店内のお友達に配給されています、どうぞ、どうも、どうぞ、どうも、てな調子で皆さんに配られています、あは、と、ワタシにもどうぞ!とのことです、皆に配らないとね、どうぞ、あ、そうですか、じゃあいただきます、うわ、これ、めちゃ美味しいじゃないですか、ホントの一夜干しですね、ありがとうございます

てな具合で、やはり常連さんで盛り上がっている店内です、

ワタシの注文はまず、「ガツ刺し」280円也、

111129_16520001

あ、やっとお通しの「半熟たまご」と「お新香」も登場です、とこれで早くもレモンハイをお替り、薄く飲みたかったのでソーダも1本全部飲み切りましたので、中とソーダ共一式発注です、

もつ焼きは結構バリエーションがあります、

「てっぽー」「おっぱい」「こぶくろ」辺りは分かりますが、「なんやわ」というのは初めてです、どうやら“なんこつ”の軟らかい部位のようです、「つくね」は鶏肉ですね(当たり前だけどもつ焼き屋では珍しいかも)

111129_17100001

して「かしら」が4種類ありました、こういう表記も初めてです、「赤身」「フランス」「あぶら」「ちゃんぽん」の4種類です(このうち「ちゃんぽん」は現在無いようです)、なるほど!「かしら」は好物なのですが店によってずいぶんと肉の感じが違うなあと思ってました、立石の「宇ち多”」のように「かしら」と「あぶら」という風に別扱いになっている店もあります、この表記を見てなんとなく「かしら」の全容が解明されたようなきがします

111129_17140001

「赤身」は文字通り、「あぶら」も文字通りです、「宇ち多”」よりも固めの感じです、

そして残った1本が「フランス」ということですね、赤身とあぶらが混ざった部位、名前の由来はおそらくはフランスの三色旗から来ているのではないかと推察しますが確認していません、

おっと、またホタルイカの差し入れが来ました、はい、いただきます!!

一人客もポツリポツリと入って来られます、この時間帯からワタシのお仲間が増えるようです、

もう一品頼みましょう、名物メニューらしいので「とんび豆腐」にします、
どこかで食べましたね、「とんび」=豚の尾ですね、骨が入っているこの感覚、確かに前に食べた「とんび」と同じです、

111129_17300001

はい、これでお勘定にします、

さすがに良いお店です、料理もそうですが、店の雰囲気、店員さんの雰囲気(お姉さんもすごくいい感じです)、客とのやり取り、それを肴に気持ちよく酔えるお店です、祐天寺の「ばん」、また来ますね

|

« おでんが美味い季節になりました、大阪玉造の「豊祝」から、おでんの「きくや」へ、こりゃたまらんなあ、 | トップページ | さすがに寒くなってきました、こんな日は燗酒ですね、銀座の山形料理「樽平」。 »

恵比寿目黒」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
祐天寺と言う地名は確かにいい響きです。大学時代に目黒まではたまに行ったのですが、祐天寺には行った事がありません
我々が子供の頃、何かの漫画に「祐天寺先生」ってキャラクターが出てきませんでしたか?柔道の漫画かな?思い出せませんが…

投稿: いつものおっさん | 2011年12月20日 (火) 10時51分

いつものおっさん…毎度です♪

「祐天寺先生」!
うむ、、、憶えてないです、ちょっと調べますか、

今年もお世話になりました、
来年もヨロシク!!

投稿: テリー | 2011年12月27日 (火) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の訪問です、こんなに温かいもつ焼き屋は他にないです、祐天寺の「ばん」。:

« おでんが美味い季節になりました、大阪玉造の「豊祝」から、おでんの「きくや」へ、こりゃたまらんなあ、 | トップページ | さすがに寒くなってきました、こんな日は燗酒ですね、銀座の山形料理「樽平」。 »