« 噂の玉造のおでん「きくや」、評判通りの味、雰囲気、そして素晴らしいリズムのあるお店でした。 | トップページ | 「丸一屋 飛田支店」のあとは、萩ノ茶屋商店街へ、お目当ての店は閉まっていたので悩んだ末に「酒のもりた」へ、 »

2011年11月 5日 (土)

西成初心者のワタシ、まずはこの辺りでビールでも飲んで馴染んでみますか、「丸一屋 飛田支店」。

【2011年10月15日(土)】

大阪 今池「丸一屋飛田支店」

前日の金曜日、週末の〆の一人飲みができませんでした、仕事終わりで飲み会へ、でも良い結末の飲み会だったのでよかったんですけどね

で、この土曜日はしっかりと一人飲みがしたくって2時頃には家を出ました(早)、

どっぷり飲むならやはりこの辺りで勝負ですかね、降りた駅は地下鉄「動物園前」駅、このまま北へジャンジャン横丁を北上することが多いコースですが、今日は南へ向かいましょう、昔、よく飛田「百番」へ行った帰りに歩いた商店街ですね、こちらはジャンジャン横丁ではないようですね、「飛田本通商店街」だったかな?商店街名を知りませんね、まあ歩きましょう、

駅の近くには酒場よりまずは良い感じの喫茶店が目立ちますね、懐かしい匂いのする喫茶店目当ての人にとってもこの辺りはたまらんのでしょうね、そして食堂がいくつかあります、代表格はここでしょうか? 「南自由軒」、

110915_16210001

入ったことがないので一度是非、と思いつつ今日もスルー、今からご飯モン食べられません、ごめんなさい!!

もう少し歩くとそろそろと酒場も出てきます、角打ちの「上杉酒店」、

110915_16210002

「ましば酒店直売所」、

110915_16170001

と、エエ感じの店が続きます、この辺は酒場の宝庫ですね、そして、外観とネーミングがドキドキするほど酒場なのが大衆酒場「丸一屋 飛田支店」、

111015_15140001

ね、いい感じでしょ

大衆酒場ですけど“支店”ですよ“支店”、銀行か生命保険会社みたいじゃないですか(意味不明)、エエ感じのネーミングです、実はこの後行きたいお目当ての店があるのですが、この辺りは初心者のワタシ、初心者にはちょっと胃の腑がきゅっとするような感じで緊張する街です、まずはこの辺りで一杯ひっかけて行きたいですな、ではここ「丸一屋 飛田支店」に入りましょうか、

時間は午後3時頃、先客は3人ほど、

入ってすぐの大きなL字カウンターの底辺に着きます、カウンターの中にはお母さん、条件反射でいつものように指で一人客であることを告げると、、、はい、ビール1本ね!と返されました、あは、ハイそうです、こんだけ空いてるんやし一人も二人も関係ないわね、

奥に深い店です、L字カウンターは20席以上ありますね、反対側にはテーブル席が5つほど、壁はガラス張りです、

111015_15180001

そういうとこういうガラス張りの店、最近は減りました、どういう意図なんでしょうね、広く見せる工夫なのかな?そのガラス張りの壁の上には木札のメニューが40~50枚ほどずらりと並びます、

お父さんはテーブル席で新聞広げています、競馬?違いますね、競艇です、お客さんと3人で競艇です、奥の上についている液晶TVには競艇専門チャンネルが映っています、

ビール1本の声でお父さんが平置きの冷蔵ケースから大瓶を抜いて持ってきてくれます、450円也、さてお腹は減っていないのでなにか軽くね、奥の方のカウンターの上にある冷蔵ショーケースまで物色に行きましょう、え~っと、じゃあ「南瓜」ください、はい、

111015_15190001

ということで、これでゆっくりとビールを飲みます、

さっき言ったようにこの辺り初心者のワタシ、でも、ビールを飲むとともにゆっくりとこの店に同化していきます、お客さんは少ないしね、お母さんも奥で常連さんのお相手です、放置客なので気も楽です、

お、もう一人のお客さんが瓶ビールをもう1本、平置きのケースから抜きましたね、ビールね、一言断ってのセルフサービスありですね、

もう一品何か頼もうかと眼鏡を掛けてメニューを見回しながら、結局ビール大瓶を「南瓜」だけで飲み干しました、ありがとうございます、おかげでまずはこのビール一杯で落ち着きました、胃の腑も落ち着きました、この街に少しだけ溶け込んだでしょうか?

ではではお勘定です、700円也、「南瓜」は250円也ということですね、ご馳走様です、また来ますね

では、もう少し歩きますか、

お目当ての店は阪堺電軌鉄道の「今池」駅にあります、商店街を右に折れて今池・萩ノ茶屋方面へ向かいます、お、良い感じで「銀貨食堂」があります、これまた凄く良いネーミングですね、

110915_16090001

そして、道を渡り「スーパー玉出」(激安スーパー、パチンコ屋さんじゃないです)の横の道を入ると、、、

111015_17210002

あちゃ、目当ての店は閉まっています

シャターが降りています、先日「なべや」に寄った帰りにここを歩いて見つけた店です、路上にオープンな感じのお店、鉄板でホルモン焼きを売っていました、その時は立ち止まって飲む勇気が出ずスルーしたのでした、そんな感じの店なので土曜日も開いていると思ったのですが、、、残念、、、軒先のテントにかろうじて読める程度の店名がありました、「やまき」という店のようです、仕方ないねえ、また出直しましょう、ここは絶対再度来ますよ、

さて、どうしますか、はっきり言ってこの辺りには“酒場”がいっぱいあります、少々胃の腑の緊張が戻って来ますがここは萩ノ茶屋商店街でどこか店を見つけましょうか、

あらためてぶらりと歩き出します、、、(つづく)、

|

« 噂の玉造のおでん「きくや」、評判通りの味、雰囲気、そして素晴らしいリズムのあるお店でした。 | トップページ | 「丸一屋 飛田支店」のあとは、萩ノ茶屋商店街へ、お目当ての店は閉まっていたので悩んだ末に「酒のもりた」へ、 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西成初心者のワタシ、まずはこの辺りでビールでも飲んで馴染んでみますか、「丸一屋 飛田支店」。:

« 噂の玉造のおでん「きくや」、評判通りの味、雰囲気、そして素晴らしいリズムのあるお店でした。 | トップページ | 「丸一屋 飛田支店」のあとは、萩ノ茶屋商店街へ、お目当ての店は閉まっていたので悩んだ末に「酒のもりた」へ、 »