« 前回は訳も分からずふらっと入店、今回はちゃんと予約していきました、芝田町の「酒房カンキ」。 | トップページ | 千日前の「信濃そば」、その前に東北支援イベント「魅知の国祭り(みちのくまつり)」で一杯、 »

2011年10月 7日 (金)

京都深草の「近善」、この日は家族6人で初座敷の会席料理、素晴らしかったです!

【2011年9月17日(土)】

京都 深草 「近善」

3連休が2週続くプチゴールデンウィーク、この日は敬老の日と私の誕生日を兼ねて家族で京都深草の名店「近善」で会食です

この「近善」、高校から独身社会人の間のワタシの通学・通勤経路にあります、店の存在は知っていますがなんとなく敷居が高く初めて入店したのが今年2011年になってから、実に入店するのに40年を要したこと事になります

今回が3回目の入店、前の二回は母親とカウンターで、今回は6名で座敷へ初潜入です(いや、ちゃんと予約して入っていますが)、

京都の家の特徴の一つに“間口が狭く奥が深い”というのがあります、“税金が間口の幅で掛けられたから”、とか“間口を狭くしてわざと目立たぬようにした”とか、いかにも京都らしい由縁があります、

「近善」もこの京都の家でありまして間口は普通のお家くらいの玄関と、横に勝手口のようにカウンター席への入り口がありますが決して大きなお店の印象はありません、が、玄関の方から奥へ案内されるとビックリ、1階だけで座敷が大小6つはあります、奥には小さな庭に小さな池、もちろん錦鯉が泳いでいます(ホントに)、2階にも大広間があるようで総席数が150席以上とか、いやはや、店は見かけによらぬものです、

通された座敷は16人くらいは入れそうな大きさ、ゆったりと6人で使います、装飾とか建具も蒼然としており良い感じです、

ここの名物料理は“すっぽん料理”のようですが、家族全員の反対に遭い断念、会席料理にしました、こういう飲み会の通例で料理を楽しむよりも話に熱中してしまうので料理の詳細はすでに記憶の彼方に(最近、こんなん多いね)、お許しあれ

では、料理をどんどんいきましょう

まずは先付け?「鰯、豆腐の味噌付け、筋子、蛸の子」、酒の肴ですね、あとに残しておきたいです、

110917_18410001

分厚く切られた「鰹のたたき」、美味しいです、

110917_18430001

そして、これはうれしい「松茸とハモの土瓶蒸し」、

110917_19040001

110917_19090001

これはめちゃめちゃ美味しかったです、関西の、京都の料理の真骨頂ですね、出汁を飲んでも飲んでも飲み飽きない、全員出汁をすべて飲み干しました、

焼き物は「まなかつお」の西京焼き、これも美味しい、

110917_19150001

お母さんが挨拶に来られました、“まなかつお”は最近あまり入ってこなくなっているそうです、

ここらでお酒に替えます、毎度安くて美味しい「にごり酒」、酒は飲まない母親これならも少しだけ飲むのでいつもこれを頼んでいます、

110917_19150002

おっと、高校生の甥っ子が来てくれているので会席のコース以外に高校生向けメニュー「鶏の唐揚げ」も頼みました、

110917_19170001

椀物は「すずきの道明寺あんかけ」、ほほ、ちゃんとしたお料理でうれしいですね

110917_19450001

まだまだ出ます、実はこの日のコースは一番安い4000円、なにか一品モノを追加してと企んでいたのですが、、、コースだけで十分に食べきれない品数です、

揚げ物は「天ぷら盛り合わせ」、

110917_19540001

そして、〆は「鯖寿司」、

110917_20140001

これが絶品でした、後で聞くと今朝届いた鯖を料理していただいたそうです、肉厚、極上レアウエット系、ご飯もあまり〆ず押さず、ワタシ的には生涯最高の「鯖寿司」としてもなんの問題もありません、これも全員(高校生も含め)大感激の一品でした、

大将もご挨拶に来ていただきました、どうもありがとう、大変美味しいです、はい

これで、もう本当にお腹いっぱいです、ごちそうさまでした、これで@5000円ちょっとというのはホントお値打ちです、

大将に見送っていただきました、ごちそうさまでした、京都深草の「近善」、絶対にまた来ますね

|

« 前回は訳も分からずふらっと入店、今回はちゃんと予約していきました、芝田町の「酒房カンキ」。 | トップページ | 千日前の「信濃そば」、その前に東北支援イベント「魅知の国祭り(みちのくまつり)」で一杯、 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都深草の「近善」、この日は家族6人で初座敷の会席料理、素晴らしかったです!:

« 前回は訳も分からずふらっと入店、今回はちゃんと予約していきました、芝田町の「酒房カンキ」。 | トップページ | 千日前の「信濃そば」、その前に東北支援イベント「魅知の国祭り(みちのくまつり)」で一杯、 »