« 久しぶりに京都西木屋町の「食堂おがわ」、初めての新店舗はさらに美味しさを味わえる環境が整っています♪ | トップページ | 「大阪天満音楽祭2011」出演、そして景気付けの「こうせつ」から「ダイワ食堂天五店」へ流れて打上げ、12月4日のライブ実施即決です♪ »

2011年10月29日 (土)

京都円山公園音楽堂で泉谷しげるを楽しんだ後は、西木屋町の立ち飲み日本酒Bar「壱」へ。

【2011年10月8日(土)】

京都 四条河原町 日本酒Bar「壱」

この日は京都円山公園音楽堂でライブ観戦です

『フォークコンサート「京の旅人」vol.7 』京都 円山公園音楽堂 

10月8日(土) 開場/午後2時半 開演/午後3時半 (雨天決行)
【出演者】 杉田二郎・ばんばひろふみ・泉谷しげる・小坂恭子・永井龍雲・飯田マキト・秋 人・山田兎・オーディション優勝者  
【チケット料金】 前売 2,500円 当日 3,000円   

京都で泉谷が観れるのは嬉しいですね

祇園の「王将」で餃子、から揚げ、エビ天ぷらなどを仕入れて、ビール・焼酎を飲みながらの3時間半ほどのステージ、泉谷は4曲ながらも最後は恒例のJump!連続Jump!!(飲んでるのでそこそこで対応)、観客席乱入とお約束をしっかりと実行、楽しめました

で、ぶらぶらと阪急河原町駅辺りまで戻って来ました、

特急電車まで少し時間がありますね、ちょっとその辺をぶらついてみましょうか、たしか良い立ち飲み屋がこの辺りにあったはずです、西木屋町をちょいと上がります、で角から西側を覗くと良さげな店構え、えーっと、やはりここです、店名に憶えがあります、立ち飲みの「壱」です

111008_19260001

洒落た暖簾が掛かっていますね、たしか「日本酒Bar」というような表記がありました、ほう、日本酒が飲めるみたいですね、ではでは1杯だけいただきましょうか

店内は洒落たBarのような雰囲気です、、手前カウンターでは立ち飲み、奥のテーブルには高い椅子がありますね、なるほどこんな雰囲気なんですね、7分くらいの入りです、10人くらいが立てるカウンターの真ん中辺りを勧められ着きます、さて日本酒を選ぼうと壁の黒板を眺め始めたら、、、いきなり後ろから「テリーさん!?」の声、ちょっとびっくりして振り向くと、あらら、高校の後輩女史です、最近Fitbandのライブにも顔を出していただいている方です、京都は狭いのう、ちょっと立ち話、あ、奥のテーブル席で飲んでいるのね、そうですか、ではでは、またヨロシク!

さて、日本酒を頼みましょう、「九平次」もありますね、でも「風の森」が目についたのでお願いします、3種類ほどありますが一番安い“純米無濾過”600円也、量は、、、こんな仕組みになってまして、、、

111008_19430001

一番上に7勺のグラスが表記されています、そしてつぎは1合、皿が付いていてこぼしますということですね、そして小さめの5勺と3種類の量が選べます、とりあえず水準価格の7勺にします、これで600円也、1合だと+100円~(お酒によって差あり)で変動するそうです、

111008_19350001

こんなグラスで出てきました、かわいいですね、

おっと、カウンターのお姉さんからキャッシュオンであることを教えていただきます、失礼、では、、、はい600円ね、

肴は「ぜんまいとあげ煮」500円也にします、円山で「王将の餃子」を食べてますからもうこれくらいで十分です、

111008_19350002

日本酒はいくつかのジャンルに分けてメニュー黒板に書かれています、

まずは「辛口」、そして「旨口」、ここでは“旨口(うまくち)”と表記されていますね、ここに「風の森」や「九平次」は書かれています、そして「香」、「獺祭」はここにありました、最後が「甘口(あまくち)」、ワタシはこのBlog記事では“甘口”と書いて“うまくち”と読んでいますが、ここではあくまで“甘口(あまくち)”です、でも、旨いと甘いは違うという主旨なのでいたく納得です、

ほかに「ひやおろし」、「ヴィンテージ」という項もありました、なかなか分かりやすい表記です、そして、ワタシの好みの酒はやはり「旨口」(うまくち)であることを確認できてうれしかったです

お隣の先輩ご夫婦は「獺祭」のスパークリングを飲んでおられます、

この日本酒もすごいですね、シャンパンのような発泡具合、マスターが詮を少しづつ少しづつ抜いて溢れるのを防いでやっとグラスに注いで頂けるようです、噂には聞いていましたが見るのは初めてでした、

そうそう、表の洒落た暖簾は今日この日に掛け変った新調だそうです、これも何かの縁ですね、

さて、1杯だけですが今日はここまで、20時の特急に乗って帰りましょう、美味しかったです、四条西木屋町上ル辺りの立ち飲み日本酒Bar「壱」、良きお店です、また来ますね

|

« 久しぶりに京都西木屋町の「食堂おがわ」、初めての新店舗はさらに美味しさを味わえる環境が整っています♪ | トップページ | 「大阪天満音楽祭2011」出演、そして景気付けの「こうせつ」から「ダイワ食堂天五店」へ流れて打上げ、12月4日のライブ実施即決です♪ »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

石田さん

大変ご無沙汰しております。
モノリスの甲田です。
東アジアの時はおせわになりました!

壱、いっておられたんですね。

実は、大将となかよくさせてもらっており、
暖簾の「ありときりぎりす」のデザインを
やらせてもらいました。

また、酒場でお会いしましたら、
どうぞよろしくお願いいたします!


投稿: こうだてつや | 2012年4月 4日 (水) 22時29分

こうださん…コメントありがとうございます、

ご無沙汰しております、お元気ですか?
「壱」の暖簾、洒落てるなあと思っていたのです、そうですか、こうださんでしたか、さすが、

また、どこかでぜひ一献!

投稿: テリー | 2012年4月 5日 (木) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都円山公園音楽堂で泉谷しげるを楽しんだ後は、西木屋町の立ち飲み日本酒Bar「壱」へ。:

« 久しぶりに京都西木屋町の「食堂おがわ」、初めての新店舗はさらに美味しさを味わえる環境が整っています♪ | トップページ | 「大阪天満音楽祭2011」出演、そして景気付けの「こうせつ」から「ダイワ食堂天五店」へ流れて打上げ、12月4日のライブ実施即決です♪ »