« あてが外れたのでどこで飲もうかと思案の末に、やはりここへ来てしまいました、門前仲町の「魚三酒場」。 | トップページ | 2年ぶりの訪問です、三ノ輪辺りをぶらり散策しながら日本堤の「大林酒場」へ。 »

2011年9月14日 (水)

日曜日の人形町をぶらり、酒場を探索、そしてランチは半額攻勢の「栄昇閣」へ、看板メニューにやられました。

【2011年8月28日(日)】

東京 人形町 中華料理「栄昇閣」

この日は日曜日の東京居残りです、遅い朝食のあと久しぶりに1日かけての“ぶらり東京下町の旅”を敢行します

まずは昼前の人形町辺りを歩いてみることにしましょう、茅場町から蠣殻町の交差点を超えて水天宮方面を目指します、

日曜日なので開いている店は少ないのですが、まず店構えが目についたのが新大橋通り沿いにあった、おでん・焼き鳥の「うるま」、

110828_12150001

写真では分かりにくいなあ、なにか気になる店構え、、、ちょっと高いようですが一度入ってみたい!とそそられました、

「碇そば 金碇庵」、ここも何か気になる、、、

110828_12180002

水天宮は大賑わい、子供の成長を祈る人々でいっぱいです、邪魔しないように早々に撤退

110828_12200002

水天宮下のお土産屋「天下堂」をちょい見、、交差点の人形焼き、向かい側の豆大福の店、京菓子司「壽堂」(菓子はどう見ても京都風ではないが美味しそう)などを流しながら、そろそろと裏通りへ入ってみましょう、

路地裏に入ると居酒屋「東八」がありました、ここは確か一度入ったことがありますね、気になりながら飲んだことがない立ち飲みおでん「美奈福」、如何にも下町でおばあちゃんがやってます、という風情のお店です。

110828_12270001

写真では切れていますが、この看板の下の角地に小さなお店があります、最初はテイクアウトの店だと思っていたのですが、どうもこちらはテイクアウト、あちらは立ち飲み、みたいに角の2面で分かれているようなイメージです(未確認ですので、間違いの場合はぜひご指摘を)、もちろんこの日は閉まっています。

甘酒横丁へ入ると、なんと行っても人形町一の贔屓の店「笹新」、そして「藪そば」まで行きましたがやはり日曜日は休みです、

「芳味亭」、「今半」、「よし梅芳町店」、「小春軒」、「鳥近」など有名店を見ながら路地裏をうろうろと歩きます、「玉ひで」は今日も並んでいますね

気になったはおでんの「久助」

そして「大衆割烹 京家」

110828_12380001

ここは、機会があれば一度入ってみましょう、どうしても馴染みの店中心になってしまうのですが、次は新規も開拓しなくてはね

と、うろうろと小一時間、そろそろ人形町を後にして北へ向かおうとしたのですが、、、

ここの看板にやられました

110828_13020001

まず写真がきれいだ、それに安い、なんだか全品半額サービス中です、時間は13時過ぎ、おなかも減ってきました、午後から一気に北の方の酒場で飲む予定でしたが、いきなりまさかの中華で昼食にします!!

中華料理の「栄昇閣」、

110828_13030001

香港料理のようで店内には中国語が飛び交っています、席に着いてとりあえず生ビールをお願いします、料理は「野菜とレバ炒め」375円也と「春巻」130円也にしましょう、

ビールのおつまみということで「大根の酢漬け」が出てきました、これが結構なボリューム、酢が利いていて暑い中歩いた体に良さそうです

110828_13070001

生ビールは思わず一口飲んでからの撮影、喉の渇き優先

110828_13070002

「野菜とレバ炒め」、おお美味しいですよ、

110828_13110001

そして「春巻」、これで130円なら文句があるはずもなく、

110828_13130001

勢いでもう一杯行きたいところですが、この後もいろいろと楽しみたいのでこれでお勘定にします、875円ポッキリ、はは、安いね、美味しかったしこれは収穫でした、ごちそうさまでした、

みんなでワイワイ飲むなら最適なのではないでしょうか?人形町の「栄昇閣」、また来ますね

|

« あてが外れたのでどこで飲もうかと思案の末に、やはりここへ来てしまいました、門前仲町の「魚三酒場」。 | トップページ | 2年ぶりの訪問です、三ノ輪辺りをぶらり散策しながら日本堤の「大林酒場」へ。 »

人形町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の人形町をぶらり、酒場を探索、そしてランチは半額攻勢の「栄昇閣」へ、看板メニューにやられました。:

« あてが外れたのでどこで飲もうかと思案の末に、やはりここへ来てしまいました、門前仲町の「魚三酒場」。 | トップページ | 2年ぶりの訪問です、三ノ輪辺りをぶらり散策しながら日本堤の「大林酒場」へ。 »