« 台風接近の中、駅前第2ビルの立ち飲み「たよし」でサッカー観戦で盛り上がりました。 | トップページ | ここへ行くのに理由は要りません、食べたい!!和風もつ料理、西中島南方の「あらた」。 »

2011年9月24日 (土)

魚、地鶏、さくら肉、焼酎、そして日本酒へのこだわりが立派です、久寿川の隠れ家「喜多屋」。

【2011年9月4日(日)】

西宮 久寿川 「喜多屋」

台風一過、とはいかなかった日曜日であります、

前日の土曜日に台風直撃の予報だったので一日中家に篭っていました、が、あまり風雨は強くならず、結局翌日曜日の午前中が一番強かったという超鈍足台風でしたsweat02、それでも日曜日の夕方にはお天気も持ち直してきました、ではでは、飲みに行きますか(おいおいcoldsweats01)、

今日は雑誌「あまから手帳」に出ていた店に行ってみましょうgood

阪神電車の「今津」駅でおります、

ここ阪神電車「今津」駅は阪急電車“今津線”との連絡駅です、それぞれ高架駅となって少し離れた場所にありますが、以前は南北に走っている阪急“今津線”がぐっと東へ回り込んで、東西に走る阪神電車と並行してホームもフェンスを挟んで共用していましたね、使ってはいませんでしたが線路も繋がっていたらしく戦時中の物資輸送などにも使用されたようですし、小説「決戦日本シリーズ」(かんべむさし著)ではこの連携線路を使って阪神電車と阪急電車車両が行き来しています。

とまあ、もっと駅に関する詳しい話は鉄ちゃんに任せるとしてhappy01

乗り換えに利用することはあっても降りることはなかった「今津」駅に降ります、少し駅前を探訪しましょうか、駅周辺はパチンコ屋もあり歓楽街のイメージもありましたが、実際おりてみるとそんなに賑わっているわけでもなさそうです、思ったより地味な街かもしれませんね、

特段、気になる店もなかったですがここはどうでしょうか? 「ホルモン大和」、

110904_16560001_2

あ、それと「王将」、「大阪王将」、そして「珉珉」と関西の大衆中華料理チェーンが揃い踏みでしたねhappy02

さて、では「久寿川」駅の方へ歩いてみましょう、

下町の風情もあまり残ってないですが区画の綺麗な街並みが続きます、10分と掛からずに本日の目的のお店、「喜多屋」の場所を無事確認しますが、まだ開店時間のほんの少し前です、もう少し周りを歩いてみようかな、と2号線方面へ歩きます、

が、とくに何にもないですね、ははhappy01、では戻りましょうか、と雨粒がポツリポツリ、やばい、台風一過ではありますが空には低い雲が、、、速足で「喜多屋」を目指しますが、、、とうとう降り出しました、失敗です、今日はもう天気回復と信じて折りたたみ傘も持っていません、仕方なくビルの軒下で雨宿りをします、雨宿りをするなんて何年ぶりでしょうか?happy01
なんて気分に浸っている場合ではありません、15分ほど待ちますが雨脚は衰えません、サンダル履きの足を蚊にさされますheart03、仕方ない、春雨じゃ濡れて行こう(古!)と歩き出します、と次の角まで行くとショッピングセンターがありました、ではここで傘を買いましょう、

と、小さな折り畳み傘で歩く頃には結構きつい雨になっていますが、もう行くしかないですね数分歩いて無事「喜多屋」に到着です、もう17時40分、40分も彷徨ったのですね、、、

110904_17380001

ではでは入りましょう、と引き戸を引くと一番客ですね、小さな逆L字カウンターの手前に着きます、奥の方には予約客が入るようですね、

とりあえず生ビールをお願いします、

でメニューを見るとそこそこお値段が張りますね、魚に地鶏、そして桜肉とこだわりの料理メニューが並んでいます、そして焼酎も揃っているようです(ワタシ、焼酎銘柄は全く分かりません)、が、特筆すべきは日本酒の品揃えでしょうflair

110904_17580001kai

「十四代」があるのはまあわかるとして、棚の日本酒瓶を眺めると「而今」、「山間」、そして「村祐」とワタシ好みの銘柄がずらりと並んでいます、こんな品揃えの店は初めてですね、おっと、これらの銘柄を教えていただいたのは大阪の帝塚山4丁目の「あづま」ですから「あづま」に次いで2店目ということになります、

と、突出しが来ました、「万願寺唐辛子」、

110904_17470001

「辛いのが入っている場合がるので少しづつ食べてくださいね」、

とのこと、親切ですねhappy01、カウンターの中にはお父さんが、外はお母さん、お二人とも料理もされるようですが馬刺しは物静かなお父さんの担当されていました、良い感じのお二人です、

さて、日本酒が楽しみですがまずは料理を一品頼みましょう、あれこれ迷った挙句に鶏好きとしては「地鶏サラダ」650円也にします、

110904_17510002

イメージとは違い、生ハムのサラダでした、結構塩辛いです、あっという間にビールがなくなりますが、もう一杯行くとお腹が膨れそうだし日本酒を飲みたいのでここは日本酒に替えます、

「而今」を一杯行くという手もありますが、メニューに3種酒セットというのがあります、100mlが3杯で1350円~1450円、これにしましょう、「而今セット」とか「十四代セット」、「村祐セット」というのがあります、ここは「而今セット」で行きましょう、楽しみだねえ、いっしょに「馬刺し盛合せ」1250円也も注文します、

はい、まずは「而今」の確か純米吟醸、はいもちろん大好きな味です、米の甘(うま)味がしっかりとあるお酒です、瓶の写真は撮りませんでした、これからも「而今」が出てくるのでそれでも撮ろうかと、、、

「馬刺し盛合せ」も来ました、

110904_18110002

110904_18110005

手前から「赤身」に「たてがみ」、そして「ふたえご(ばら肉)」という部位だそうです、もちろんめちゃ旨いです、鶏にしてもさくら肉にしてもこだわりが感じられます、

では、お酒の2杯目をお願いします、「而今」だけでも数種の瓶が並んでいたので「而今セット」は「而今」の飲み比べかと思っていたのですが、、、2杯目は違う銘柄が出てきました、あちゃ、どうやらワタシの思い込み、勘違いのようですcoldsweats01

2杯目は島根の「王禄」無濾過本生が出てきました、あわてて写真を撮りますhappy02

110904_18170001

ワタシには少し辛いですが美味しいです、旨い酒はやはり旨い、

これで「地鶏サラダ」と「馬刺し盛合せ」をゆっくりといただきます、

3種セットの最後は広島「雨後の月」純米吟醸、呉の相原酒造のお酒でした、当然レベルが高いお酒です、

110904_18340001

予約のお客さんや一人客も入って来られました、常連さんは予約してこられるようですね、駅から遠く席数が少ないので電話で確認した方が無難かもしれませんね(最寄駅は阪神電車「久寿川」から徒歩5分くらいでしょうか?ワタシは「今津」駅から歩きましたが、こちらからでも7~8分)、

「而今」の写真がないので、大阪帝塚山4丁目「あづま」での写真を転載、

Photo

ワタシとしては珍しい上品な料理と名酒でした、お勘定は4000円弱とやや高めですがこの料理とお酒だったらまっとうなお値段でしょう、阪神久寿川と今津の間の「喜多屋」、

日本酒の品揃えに頭が下がります、また来ますねheart04

|

« 台風接近の中、駅前第2ビルの立ち飲み「たよし」でサッカー観戦で盛り上がりました。 | トップページ | ここへ行くのに理由は要りません、食べたい!!和風もつ料理、西中島南方の「あらた」。 »

日本酒」カテゴリの記事

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/41630905

この記事へのトラックバック一覧です: 魚、地鶏、さくら肉、焼酎、そして日本酒へのこだわりが立派です、久寿川の隠れ家「喜多屋」。:

« 台風接近の中、駅前第2ビルの立ち飲み「たよし」でサッカー観戦で盛り上がりました。 | トップページ | ここへ行くのに理由は要りません、食べたい!!和風もつ料理、西中島南方の「あらた」。 »