« 少々敷居は高かったですが、やはり良い店ですね、武蔵小山の「牛太郎」。 | トップページ | 東京に比べて、大阪の下町酒場は絶滅状態ですが、こんな店が残っていました、三国の「三国屋」。 »

2011年9月19日 (月)

渋谷の別世界、渋谷駅から2分で地下巣窟酒飲みの坩堝です、立ち飲み「富士屋本店」。

【2011年8月29日(月)】

東京 渋谷 「富士屋本店」

月曜日だというのに東京で飲んでおります

武蔵小山の「牛太郎」で人気店の実力を見せつけられ、意外にも下町だった「武蔵小山」駅周辺を探索した後です、

東急目黒線・メトロ南北線で目黒まではすぐ、

ここから品川へ向かって新幹線に乗ることもできますが、時計を見るとまだ少しだけ余裕がありますね、ではではもう一軒行きますか、どこがイイですか?目黒は心あたりがないですね、たしか駅のこちら側に一軒候補があったと思いますがこの日はリサーチしてこなかったですね、恵比寿なら「さいき」がありますが、、、それより一昨日行こうと思っていたら思わぬ「第4土曜日定休」で断念した渋谷の立ち飲み「富士屋本店」へ行ってみましょう!

メトロ目黒駅から山手線」のホームへ上ると完全に方向感覚が逆に、もう少しで品川方面の電車に乗るところでした、危ない危ない、、、

渋谷駅で適当に降りると「富士屋本店」方面の歩道橋の袂です、よし、では行きましょう、歩道橋を渡ってすぐに左手に降ります、で右に曲がってしばらく行くとこの看板があります、「富士屋本店」、

110829_17150001

実はビルの地下にある立ち飲みです、ビルの地下飲食街ではありません、まるでBarの入り口のような狭い階段を下りて行く地下の個店、地下独立スペースです、立ち飲みではちょっと珍しいかもしれませんね、

はい、この階段の奥にめくるめく世界が待っています

110829_17450002

久しぶりです、

開店時間からしばらく経っていますがまだ空いていますね、右手のカウンターを指示されて着きます、え~確か焼酎は小瓶単位ですね、前回も飲みきれなかったので反省したんですよね、でもホッピーならグラス単位であるのかな?とホッピーを頼んでみたのですが、やはり中の焼酎は寶焼酎の小瓶単位とのこと、そうかあ、これは飲みきれないなあ、ではビールにします、大瓶ください、

110829_17170001

それと料理はとりあえず「マグロぶつ」350円也ね、

110829_17170002

さて、ゆっくりと店内を見回します、

これだけ静かな「富士屋本店」は貴重かもしれませんね、前回訪問時はほんと地下巣窟酒飲みの坩堝と化していましたからね、

110829_17430001kai

四角いスペースの中に大きなアイランドカウンターがあります、8の字のようにくびれ凸凹があります、まずはこのカウンターに客が貼りつくことになりますが、ここの特徴はその周りの壁にもぐるりとカウンター(一部小さな立ち飲みテーブル?)があることです、内向きと外向きで無駄なく客が詰め合うことになります、これで地下巣窟酒飲み坩堝が完成するわけであります、

それと渋谷という場所柄か、客層が幅広いですね、老若男女、サラリーマングループでも女性が多く、神田新橋辺りより少し垢抜けた感じ??、とはいえ常連のベテラン先輩勢も奮闘しているし、地元常連?思われる方もおられる、とそんな坩堝感ですね、

さて、もう一品、名物の「ハムカツ」を両隣のお客さんが注文されていますが、ちょっと野菜が足らない今日のメニューですので、ここは前回も注文した「ハムキャベツ」300円也にします、

110829_17230001

大盛りに盛られたキャベツせん切りの上にハムが乗っています、うむ、美味しいです、

この頃には続々と来店、どんどんと内向き8の字カウンターが埋まっていきます、外向き壁際カウンターに客が着く頃にはもう喧騒で一杯になるのでしょう、

さて、ワタシはこれでお勘定にしましょう、というかここはキャッシュオンですからもう支払い済みです、1050円也、ではではまた現世への階段を登って帰ります、渋谷の別世界立ち飲み「富士屋本店」、また来ますね

早めの東京飲み、ふ~新幹線に乗るのを忘れそうですね、帰ろ帰ろ、、、

|

« 少々敷居は高かったですが、やはり良い店ですね、武蔵小山の「牛太郎」。 | トップページ | 東京に比べて、大阪の下町酒場は絶滅状態ですが、こんな店が残っていました、三国の「三国屋」。 »

渋谷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷の別世界、渋谷駅から2分で地下巣窟酒飲みの坩堝です、立ち飲み「富士屋本店」。:

« 少々敷居は高かったですが、やはり良い店ですね、武蔵小山の「牛太郎」。 | トップページ | 東京に比べて、大阪の下町酒場は絶滅状態ですが、こんな店が残っていました、三国の「三国屋」。 »