« イイ感じの店内と旨い焼きそば、福島ガード下のお好み焼き「かく庄」。 | トップページ | 冷えたビールが飲みたい!と、考えた末に行きついたのが、なんばの串焼肉「かどや」です。 »

2011年8月 6日 (土)

久しぶりの天満の「銀座屋」から阪神芦屋の「宿六」へ、この店意外なお店でした、

【2011年7月16日(土)】

大阪 天満 「銀座屋」→ 阪神芦屋「宿六」

久しぶりに天満駅前の立ち飲み「銀座屋」です、

この暑い日、さてどこで飲もうかと考えに考え抜いて、、、「銀座屋」です!(たいした意味はないなあ)、一時、めちゃくちゃ嵌った「銀座屋」、でもこの1年くらいは行ってなかったですね、時間が早かったですがここは絶対に開いていますからね、

16時30分頃ですがほぼ満員です、

さすが「銀座屋」、左側の禁煙ゾーン側に少し空きがあるので入りましょう、入ると背中から「なににします」との声が掛かります、生ビールをお願いしますが、周りはみんな瓶ビールですね、生は300円、大瓶は330円です、まあどちらも安ですから良いんですが

料理は「ブリ刺身」250円也にします、この店では一番高いメニューの一つです、ほとんどのメニューは100円台ですからね、刺身もほとんどが150円です、

はい、「ブリ刺身」、美味しいです、

110716_16160001

周りは先輩達がほとんど、楽しいそうに飲んでおられます、

次は「なす煮」120円也、

110716_16220001

そして、飲み物は「麦焼酎の水割」230円也に替えます、

「コールスロー」120円也も頼もうかと思ったがちょうど売り切れ、で「ブロッコリー」120円也にします、

110716_16270001

さてこれでお勘定にします、千ベロです、ちょうどいい感じです、「銀座屋」、やっぱりCP抜群の立ち飲みです、また来ますね

そして、この日は長躯移動しています、

2軒目は阪神電車「芦屋」駅近くの「宿六」です、

110716_19260001

ビルの地下の店です、こんな看板が地下への階段沿いに斜めにかかっています(分かります?斜め下へ向かって⇒が)、なんだか入りにくい店ですね、「宿六」という名前もなんだかちょっと嫌な予感をさせます、ので、いままで入ったことはありませんでしたが、雑誌「Meets」に紹介されていたのを見ると、なんだか料理が美味しそうなんお店のようです、ということでこの際入っているみることにしました、階段の前にはメニューが立っていました、ふむふむ、煮付けもありますね、注文はこれにしようっと

ビルの狭い階段を地下一階まで降りると引き戸があります、ここまで降りてきて入るのは常連さんだけですね、では、勇気を持って引き戸を引くと、、、おお、予想に反して店内は大いに盛り上がっていますよ、

右手L字カウンターには10席ほど、ここは空いていますが座敷には二組10人ほどの客、左手の壁際にあるテーブル席二つも埋まっています、予想外の賑わいです、一人客であることを示すとカウンターを薦められて座ります、ここは瓶ビールにしましょうか、アサヒかキリン?え~、じゃあキリンで、中瓶でした、そう、こういう店では中瓶ですよね、

忙しいですね、カウンターの中はお母さんとお姐さん、団体さんがどんどんと飲み物と料理の追加オーダーが入るのでてんてこ舞い、

それでも突出しは出していただいて、しばらくこれでビールを頂きます、

110716_18470001

カウンターの上に大皿料理が並んでいます、ポテサラ、ほうれん草にタケノコ、鮭にブリ、さんまなどが並んでいます、煮付けは「いとより」だけのようですね、では「いとより」500円也をお願いいたします、

110716_18580001

こういう料理が出るお店なんだったらまた来てみたいですね、美味しいです

今日のところはこれでお勘定にします、良く飲んでいますからね、1100円也、中瓶500円、突出し100円也というところでしょうか?

阪神「芦屋」駅前の「宿六」、これは美味しい手作り料理がいただけそう、また来ますね

|

« イイ感じの店内と旨い焼きそば、福島ガード下のお好み焼き「かく庄」。 | トップページ | 冷えたビールが飲みたい!と、考えた末に行きついたのが、なんばの串焼肉「かどや」です。 »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの天満の「銀座屋」から阪神芦屋の「宿六」へ、この店意外なお店でした、:

« イイ感じの店内と旨い焼きそば、福島ガード下のお好み焼き「かく庄」。 | トップページ | 冷えたビールが飲みたい!と、考えた末に行きついたのが、なんばの串焼肉「かどや」です。 »