« 神田神保町辺りをウロウロ、で結局は安心して飲めるここ、「みますや」へ、 | トップページ | 久しぶりの葛飾四つ木、住宅地の路地をスルスルと抜けるとありました、四つ木の「ゑびす」。 »

2011年8月19日 (金)

さて、神田駅前でもう1軒、と、“芋煮”のメニューを観てここへ入りました、「樽平」。

【2011年7月30日(土)】

東京 神田 「樽平」

さて、彷徨った後に久しぶりに「みますや」へ行きました、その後です、

ホテルへ戻るにしても神田駅まで行かなきゃね、

で、このまま帰るのも惜しいので前から狙っている駅前の焼き鳥「コーラク」でも行ってみましょうか、ワタシはどうも“カタカナ表記”の店名に反応するようなんです、

5分少々で神田駅前の繁華街に入ります、「コーラク」の看板はこんな感じ、なんか良い感じでしょうhappy01

110730_19100001

名前と相まって好きな感じの店として記憶しておりますがまだ入店したことがありません、前まで来ると立ち飲みのようですね、さて、入ろうとした時にこの店も目に入りましたshine

110730_19110001

「樽平」flair

銀座8丁目のお店に行ったことがありますが、同じ店でしょうか?と、店の前まで行ってみます、

110730_19120001

店の前に“芋煮”の写真が、、、急に食べたくなりましたhappy01、東北への支援になるかもしれないしね、予定変更で「樽平」に入りましょう(あらら、コーラクはまたお預けですsweat02)、

110730_19130001

2階もあるようですが1階は酒場らしい縦棒が短いコの字カウンターとテーブル席が少し、6分くらいの入りです、右奥のカウンターを奨められて座ります、日本酒にしましょう、表の看板に『うま口:樽平、から口:住吉』とあったので「樽平」をお願いします、料理は食べたかった「芋煮」にします、

お通しがでます、イカと大根、こんにゃくの煮物、

110730_19160001

そして酒「樽平」は一升瓶から銚子に注がれて出てきました、

110730_19170002

こんな感じの可愛い銚子でした、でもデザインは可愛くても量はしっかりと入っています、メニューを確認すると2合入りで800円也とのことでした、なるほど、酒「樽平」は一升瓶から注がれましたが樽酒のような香りがほんのりと漂います、はい、気分良く飲めるお酒ですね、

東京にはこういう酒場らしい飲み屋が多いですね、ここも日本酒や料理のこだわりも相まって、どちらかというとちょっと上品な酒場の雰囲気を醸し出しています、客層も一人飲みから家族連れと幅広いです、

110730_19190001

「芋煮」が来ました、

110730_19180001

味付けは“肉じゃが”ですね、ジャガイモの代わりに“里芋”、具にはきのこ類も入っていますね、肉は米沢牛という謳い文句ですheart02

これで大方2合銚子の「樽平」をゆっくりと、2合ありますから飲み応えがあります、ゆっくりと飲んでお勘定にします、1500円ちょっと、神田の「樽平」、だれでも気楽に入れて楽しめる酒場というとこでしょうか、また来ますねheart04

|

« 神田神保町辺りをウロウロ、で結局は安心して飲めるここ、「みますや」へ、 | トップページ | 久しぶりの葛飾四つ木、住宅地の路地をスルスルと抜けるとありました、四つ木の「ゑびす」。 »

日本酒」カテゴリの記事

神田須田町飯田橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/41118871

この記事へのトラックバック一覧です: さて、神田駅前でもう1軒、と、“芋煮”のメニューを観てここへ入りました、「樽平」。:

« 神田神保町辺りをウロウロ、で結局は安心して飲めるここ、「みますや」へ、 | トップページ | 久しぶりの葛飾四つ木、住宅地の路地をスルスルと抜けるとありました、四つ木の「ゑびす」。 »