« ここは冬が良いのだけれど、夏もまた良し、新橋烏森神社参道角の「王将」。 | トップページ | 大阪天満の大箱立ち飲み、店のレイアウトも、店の信念もスクエアな「酒の奥田」、好きです! »

2011年7月19日 (火)

新橋の2軒目は「三州屋」、そして3軒目は「蛇の新」、珍しく終電まで飲みました、

【2011年7月1日(金)】

東京 新橋 「三州屋」→「蛇の新」

さて、金曜日の新橋、サラリーマンで溢れています、この日はワタシも、、、飲み過ぎました

立ち飲み焼き鳥の「王将」で時間待ちのつもりが結構飲んでしまいました、で、会社で仕事をしていた後輩クンが来てくれるというので「王将」をお勘定にして、座って飲む店に行きましょう、

この前来た時に機関車広場前に「三州屋」があるのに気付きました、ほんま、新橋は知らんなあ、「三州屋」といえば銀座の2店舗、とくに2丁目のお店にはお世話になりました、新橋にもあったのですね、では待ち合わせはここにしましょう

良い感じの年季の入った引き戸を引くと大きなテーブルが並ぶ店内、「三州屋」の基本フォーマットですね、結構空いています、入ったところの大きなテーブルに座ります、ここなら入ったらすぐに見つかります、メールで「機関車広場前の三州屋」と送ります、分かりますかね?

もう「王将」で日本酒を飲んでいるのですが後輩クンが来たらとりあえずすぐに飲めるようにと瓶ビールにします、またSAPPOROです、

110701_21090001

お通しは「大根の漬物と鶏肉」だったかな?

110701_21100002

もう、忘れています、これでビールを少し頂きます、料理も頼んでおきましょうか、今日のサービス料理の「刺身盛合せ」1050円也だったかな?もう忘れています。

ぼちぼちとお客さんも来店、良い感じになってきています、

と、後輩クンが来店、早いねえ、すぐ分かった、はい、そう、ではでは乾杯です、いろいろと仕事の話があるのですよね、この日は、、、でも、、、忘れました、まあ飲みましょう、彼は生ビールに替えています、ワタシも焼酎に変えましょう、

タイミング良く「刺身盛合せ」が来ました、

110701_21190001_2

ひらめ、よこわかな?かんぱち??忘れました!、もうこの辺で仕事の話に熱中しているのか、それとも、、、酔っぱらっているのか??

追加でこれまた本日のサービス「あさり酒蒸し」950円也、ちょっと高いなあとメニューを見ていたのですが無性に食べたくて結局注文、

110701_21470001

と、丼に山盛りの酒蒸しです、これは値打ちがありますね、

さて、ここらでラストオーダーとのことです、焼酎のお代りを頼んで閉店まで粘ります、

はい、これで店仕舞いです、二人で4500円ほど、ご馳走様でした、新橋の「三州屋」、また来ますね

さて、もう1軒行きましょうか

すぐ近くに「蛇の新」があります、まだやっていますね、ではでは入りましょう、奥のテーブル席に案内されます、ここでも焼酎を飲んでいます、

お通しは「もずく」、

110701_22390001

「ひやしトマト」、

110701_22420001

「塩らっきょう」と軽めのオーダー、

110701_22450001

でもなぜか「〆さば」も注文しています

110701_22450002

ここでも焼酎を2杯飲んで、ここも閉店時間です、

時計を見るともう12時です、あらら、珍しく遅くまで飲みましたね、ではこれで失礼しましょう、と、帰りがけにお母さんが挨拶に、そういうと前に来た時になんとなく気が付いていたのですがお母さんも関西出身ですね、聞くと藤井寺だそうです、今は新橋のお母さん、これが東京ですね、いろんな人がいる、なんでもあり、コワくない、楽しい東京!、東京大好き!!という話で後輩クンも入ってひとしきり盛り上がります

おっと後輩クンの終電の時間が迫っているようです、ではではこれで失礼します、

新橋の「蛇の新」、ここもまた来なきゃね、そして新橋もこれから開拓しましょうね

と、この次の日はひどい宿酔でした、飲みすぎはいけませんね、でも楽しかった

|

« ここは冬が良いのだけれど、夏もまた良し、新橋烏森神社参道角の「王将」。 | トップページ | 大阪天満の大箱立ち飲み、店のレイアウトも、店の信念もスクエアな「酒の奥田」、好きです! »

新橋虎ノ門浜松町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新橋の2軒目は「三州屋」、そして3軒目は「蛇の新」、珍しく終電まで飲みました、:

« ここは冬が良いのだけれど、夏もまた良し、新橋烏森神社参道角の「王将」。 | トップページ | 大阪天満の大箱立ち飲み、店のレイアウトも、店の信念もスクエアな「酒の奥田」、好きです! »