« 京都東山丸太町の「十両」で昼ごはん、めっちゃ旨い!「よこわ刺身定食」、そしてぶらり京都の旅。 | トップページ | 京の台所、錦市場の支援イベント、【錦で東北の酒を飲みましょか!】へ行きました、 »

2011年6月11日 (土)

京都ぶらり旅の後は「パイレーツ・・・」を観て、京都風情たっぷりの大衆酒場「冨久屋」へ。

【2011年5月21日(土)】

京都 新京極六角 「富久屋」

さて、東山丸太町の「十両」で昼ごはん、その後、京都ぶらり旅で荒神口~寺町~三条通りと楽しみ、映画「パイレーツ オブ カリビアン~生命の泉」を見た後です、

14時40分頃から映画を見て、シネコンを出るともう17時過ぎです、

良い感じの時間ですねえ、ではでは飲みに行きましょうか、シネコンは三条新京極をさがったところ、少し行くと六角通りです、おお、ここなら久しぶりにあの店へ行ってみましょう、六角通りを東へ入ります、ここで通りは小さな路地になりグネグネと曲がります、この角を2度ほど曲がった角にお目当ての酒場があります、

110521_17130001

「富久屋」さん、如何にも京都らしい風情が残る大衆酒場です、

110521_17140001

この日は少し和らいだとはいえ、暑い日が続いています、表の引き戸は開けっ放しですね、中を覗くとだれもいらっしゃいませんが暖簾が掛かっているのでもう大丈夫なのでしょうあ、声を掛けながら入ります、「すいませ~ん」、、、と、右手の引き戸が開いて娘さんが出てこられました、なんだか休憩されていたのかもしれない感じ、「もう良いですか」「はいはい、どこへでも」という感じで表を回ってカウンターの中へ入らえれます、まずは瓶ビールをお願いします、はい、と対応しながら目が合ってひょいと挨拶します、「あ、前にも来ていただきましたね」、一度だけの訪問なので忘れられていると思っていましたが、さすがです、「はい、同級、同い年ですわ」「あ~、そうですね」ということでリラックスして飲みに入ることができます、お母さんも追っかけでカウンターの中へ、定席の椅子に腰かけてお仕事モードです、

表には大衆酒場「冨久屋」という看板が掛かっています、“大衆酒場”ということですが、ここはいたって京都らしい風情のある小さなお店です、スクエアなL字カウンターのみで10席ほどかな、今日は通り側の辺の真ん中辺りに着きます、ビールを飲みながらしばしメニューを検討して「〆さば」をお願いします、関西では「きずし」ということが多いのですがここでは「〆さば」ですね、

110521_17190001

見た目ウェルダン・ウエット系ですが実際はそんなに〆られていません美味しいです、とここで思い出す、前も「〆さば」頼んだんと違うかな!?とこのBlogで確認するとやはりそうでした、最初に「〆さば」頼んでます、はは、進歩なしか

娘さんのお嬢さんの結婚話などおめでたいお話をしていると、常連さんがお一人で入店、前も一緒になった、たしかうどん屋さん(製麺の方ね)、最近病気をされたとかで自重気味ですがお酒も飲めるそうです、震災の話、景気の話、仕事の話と一気に店も賑やかになりました

ビールは残っていますが、日本酒を常温でお願いします、

娘さんがカウンターの中で大皿料理を二つほど作っておられます、「ひじき」と「中華サラダ」、常連さんは「ひじき」を注文、「血になるからエエんや」、ではワタシは「中華サラダ」にしましょう、

110521_17570001

具だくさんで美味しいです

と、では、ここらでお勘定にしましょうか、

とあっさり出たようですが、もう時間は18時45分くらい、ここまでで1時間半ほどおしゃべりをしていたことになります、楽しい時間はあっという間ですね、時間がありすぎると思っていた錦市場のイベントがもうすぐ始まります、ではではご馳走様でした、

六角の新京極と裏寺町の間の風情一杯の大衆酒場??「冨久屋」、また来ますね

|

« 京都東山丸太町の「十両」で昼ごはん、めっちゃ旨い!「よこわ刺身定食」、そしてぶらり京都の旅。 | トップページ | 京の台所、錦市場の支援イベント、【錦で東北の酒を飲みましょか!】へ行きました、 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都ぶらり旅の後は「パイレーツ・・・」を観て、京都風情たっぷりの大衆酒場「冨久屋」へ。:

« 京都東山丸太町の「十両」で昼ごはん、めっちゃ旨い!「よこわ刺身定食」、そしてぶらり京都の旅。 | トップページ | 京の台所、錦市場の支援イベント、【錦で東北の酒を飲みましょか!】へ行きました、 »