« 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 | トップページ | 大塚の「江戸一」で背筋を伸ばし、鴬谷の「ささのや」でどっぷり浸かりました、く~、楽しい! »

2011年6月27日 (月)

500Kmを移動しての梯子です、京都七条堀川「一瞬」から東京八重洲「ふくべ」へ。

【2011年6月7日(火)】

京都 七条堀川「一瞬」→ 東京 八重洲「ふくべ」

この日は京都で夕刻に食事、そのまま東京に向かいま下、翌日朝一番から会議ですからね、

まずは京都のお店はこちら、「一瞬」と書いて“いちしゅん”と読むようです、場所は七条堀川を東へ入ったところ、普段はここら辺りへ来ることはないので知りませんでした、予約をして4人でお邪魔します、

あ、外観の写真も撮ってないわsweat01、まあ、今日の記事は一人飲みではないのでご容赦ください、

思ったより大きなお店で1階にカウンターとテーブル席、ワタシ達は2階へ案内されました、2階にも6畳と12畳位の部屋があります、こちらも京町家を改造したお店ですね、でもそれを売りにしているしている感じでもないです(京都にはあざといお店もありますからね)、うん、良い感じのお店ですwink

料理は適当にどんどん頼みましたので、一部をご紹介、

「突出し」、

110607_17330001

「奴」、

110607_17410001

「湯葉刺し」、

110607_17420001

「牛すじ煮込み」もありました!

110607_17450001

「鰹のたたき」、

110607_17500001

などなど、、、

飲み物は生ビールを一杯、次は日本酒、甘口系を探して確か「三谷藤夫」というお酒(「松竹梅」の杜氏のお名前のようですね、以前に御影の「ライオン堂」で飲んだ記憶があります)、うん、美味しい、もう一杯!と頼むともうないという、では「浦霞」にしときます、

全体に良好な感じの料理、打合せをしながらですのであまり憶えてない、でも感心したのは料理の出方、待たされることもなく良い感じで出てきます、店員さんも少ないし、客数も多かったのに大将結構ガンバッてますね、好感ですhappy01

さて、長居はせずに新幹線で全員東京へ移動です、ご馳走様でした、また一度一人か二人で飲みに行きますねheart04

で、新幹線で東京へ移動ですbullettrain、京都-東京は2時間20分くらいです、気分的に少し楽ですね、

で、東京着は22時過ぎ、

この日のホテルは茅場町ですので大手町(永代橋通り)方面へでますが、、、この2時間でちょっと鋭気が戻りました(というか飲む気が戻ったsweat02)happy01、もう1軒行きますか!flairということで京都から八重洲で梯子です、あれこれ考える必要はないです、ぎりぎり八重洲の「ふくべ」が間に合うはずです、行きましょうdash

110607_22460001

はい、まだ縄暖簾が出ているので入れそうですね、お邪魔しましょう、

小さなL字カウンターに2組、

手前に二人連れ、奥には珍しく若者4人組、手前のL字底辺が空いているので着きます、“お通し”セットが盆に乗ってでてきます、これが出てくるとすっと背筋を伸ばさないといけない気持ちになります、となるといきなり日本酒ですね、ちょうどワタシの席から見える奥の部屋にかかっている木札で日本酒の銘柄を確認します、ざっと30銘柄以上はかかっているでしょうか、あまり悩む時間がないので「真澄」にします、そして肴は「まぐろぶつ」をお願いしましょう、

「お通し」の昆布で“真澄”を頂きます、

110607_22150001

奥の若者4人連れはちょっと酔っているようです、でもガンバッて日本酒を飲んでいます、銘柄などはまだ分からないようですが、イイですね、良い日本酒の飲み方を勉強してください、

「まぐろぶつ」、

110607_22170002

お銚子で気持ち良く飲むとあっという間に1本目はなくなりました、

そろそろラストオーダーのようです、ではもう一本、カウンタ奥に置いてある“菊正宗”の樽、今日は開けの日だそうです、ではそれを頂きましょう、そして少しお腹が減ったので「おにぎり」を一つ頼みます、

110607_22240001

大将は店仕舞いの準備です、

奥の部屋は椅子が上げられて掃除が始まりましたが、、、見ると、なにかの葉っぱを床にまかれました、ほ~、なんだろうと聞いてみました、あ、これね、大根の葉っぱ、埃を取るのに使うの、昔は新聞紙なんかでもやってなんだけど、今日は大根の葉っぱでね、、、なるほどね、生活の知恵、いや“酒場の知恵”ですね、酒場はこういうことも引き継いでいかなきゃいけないのですね、

はい、もう閉店の時間です、お邪魔しました、
八重洲で日本酒が飲める「ふくべ」、また来ますねheart04

|

« 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 | トップページ | 大塚の「江戸一」で背筋を伸ばし、鴬谷の「ささのや」でどっぷり浸かりました、く~、楽しい! »

京都河原町他」カテゴリの記事

八重洲」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/40358512

この記事へのトラックバック一覧です: 500Kmを移動しての梯子です、京都七条堀川「一瞬」から東京八重洲「ふくべ」へ。:

« 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 | トップページ | 大塚の「江戸一」で背筋を伸ばし、鴬谷の「ささのや」でどっぷり浸かりました、く~、楽しい! »