« 冷えたビールとの相性も抜群、大阪福島のおでん「花くじら」本店、旨いおでんならここ! | トップページ | 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 »

2011年6月24日 (金)

福島の路地裏は充実の飲み屋街です、典型角打ちの「おくの酒店」から双美人の「のめん」へ。

【2011年6月3日(金)】

大阪 福島 角打ち「おくの」→立ち飲み「のめん」

福島天満宮横の「花くじら」本店で美味しい、旨いおでんを頂いた後です。

さて、もう1軒行ってみましょうwink、淨正橋の交差点を北側へ、JR環状線の「福島」駅までの間の路地は居酒屋、酒場、和洋と問わず良い感じの店が林立状態、5~6年前とはがらりと様相が変わったような気がします(ワタシが知らなかっただけか?)、この日もちょっと散策してみましょう、

一筋目を左へ入って行きます、

ちょっと上品なお店があります、ここも一度は行ってみたいけど一人で来る店じゃないなあ、と突き当りを右に曲がると焼鳥の「あやむ屋」があります、ここも有名店ですが一人では敷居が高くってまだ訪問していません、数人で予約して来るのが良いのでしょうね、うん、ぜひ一度きましょう(ありゃ、中も覗かないのねhappy01)、

110603_19290001

路地をいくつか彷徨います、

いつも気になるのが「イタリア食堂 タベル~ナ・ポルチーニ」??、

110603_19530002

イタリアンの店なんでしょうね、見た感じ、安くて美味しい料理を出してくれそうな感じがプンプンしますheart02、いつも満員だしね、向かいにも似た感じのお店も満員でお待ちの方も、中を覗くと盛り上がっています、ここも美味しいのでしょうねheart01、と思っていると店員さんが向かいの「イタリア食堂」へ入られました、あれ、姉妹店ですか?人気なので作ったのでしょうかね、

このお店、なんと並びに“パン屋”さんも作っていました、

110606_17270001

着々増殖中ですな、美味くて安い店はやはり流行りますね、一度是非入ってみましょうheart04

違う路地には「鈍○酒場(どんまるさかば)」なる立ち飲みが、

110603_19310001

あざとい演出coldsweats01だけど結構客は入っている、刺身もあるみたい、どうだろう、入ってみようかな?と考えながらちょっと奥へ進むと今度は完ぺきな角打ちがありましたflair

看板もありません、カウンターで7~8人が飲んでおられます、ほ~~、これは知らんかったなあ、ここにするか?と考えて立ち止まったらタイミングよくお一人がお勘定で出て行かれました、では入りますか、と名前不詳の角打ちへ入ります、

短いカウンターは一杯で奥の(というか後で分かったのですが入ったのは裏口からのようでこちらが酒販売の棚があるお店の正面でした)レジ横のテーブルで飲むことに、お酒を常温でお願いします、はい、ということでとりあえず一杯、

110603_19360002

おつまみはカウンターの向こうの方に乾きモノやソーセージなどのおつまみが置いてありますが、わざわざ見に行くのもちょっと雰囲気コワしそう、、、と壁に缶詰のリストらしきメニューが貼ってあるのを発見、ほ、ここから「アメリカン・ツナ」を選びます、

はい、小さな缶詰ですhappy01

大将が醤油と酢も持ってきてくれました、掛けますか?、あ、掛けた方が美味しいですかね?じゃ掛けますhappy02、ということで醤油と酢をかけていただきます、見た目はちょっと猫缶みたいですがsweat01こういうなんもたまには旨い、

これでゆっくりと日本酒を飲みます、ビールや酎ハイ類は店の冷蔵ショーケースからセルフで取り出すようです、日本酒も並んでいるので店内をちょっと眺めたりします、

はい、日本酒を飲み終えてお勘定にします、450円也、日本酒は250円でしたね、表側から出るとお店の名前が分かりました、「おくの酒店」、

110603_19490001

完ぺき角打ち福島の「おくの酒店」、ありがとうございました、これからは表から入りますねheart04

さて、もう1軒行きましょう、もう探索もやめて淨正橋交差点にある立ち飲みの「のめん」へでも行きましょうか、

空いていますね、調理場側のカウンターは満員ですが、壁側のカウンター空いています、ではでは、焼酎の水割りをお願いします、

ここはカウンターの中の双美人、ザ・ピーナッツlovelyで人気の店ですね、ほとんど常連さん、双美人の愛想も良く盛り上がっています、肴は「イワシと大根の煮つけ」、

110603_20050001

注文が入るたびに「喜んで!」の声が聞こえます、これが好きなんだなあhappy01、初めて聞いたのは1978年頃の大阪十三は「万長」という酒場、ここのお兄さんが注文が入ると「喜んで!!」と威勢よく応えておられたのを憶えています、懐かしい!

「のめん」は飲み物が380円均一(確か)、肴は280円か380円、と決して安くはないんだよね、この日は焼酎を2杯飲んで、肴はもう一品「マカロニサラダ」(美味しかったwink)280円也、でもこれで1400円を超えます、じっくり飲むにはやはりつらいか、

110603_20230001

双美人で人気の「のめん」、いつも丁寧に見送りをしてくれます、ありがとう、「のめん」、たまに双美人に癒されに来ましょうheart04

【おまけ情報】この日のランチは駅前第3ビルB1Fの「大阪トンテキ」、旨い!、1ビル店よりこちらのほうが空いていて利用しやすいです、

110509_12050001

|

« 冷えたビールとの相性も抜群、大阪福島のおでん「花くじら」本店、旨いおでんならここ! | トップページ | 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 »

大阪野田福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/40270716

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の路地裏は充実の飲み屋街です、典型角打ちの「おくの酒店」から双美人の「のめん」へ。:

« 冷えたビールとの相性も抜群、大阪福島のおでん「花くじら」本店、旨いおでんならここ! | トップページ | 客の入店想定なし!?でも、@80円の串カツが旨い!ソースも違う、七条河原町のフライの店「保ちゃん」。 »