« 阪神「甲子園」駅のすぐ北側、地元居酒屋ですね、「とん平」、“どて焼き”がイケました! | トップページ | 福島の路地裏は充実の飲み屋街です、典型角打ちの「おくの酒店」から双美人の「のめん」へ。 »

2011年6月23日 (木)

冷えたビールとの相性も抜群、大阪福島のおでん「花くじら」本店、旨いおでんならここ!

【2011年6月3日(金)】

大阪 福島 「花くじら」

この週は出張がなかったのにめちゃ早く一週間が過ぎ去りました、この時期忙しいのは結構なことです、が、、、金曜日は飲みに行きます!!

さて、18時30分頃に会社を出ます、

ね、飲む時はさっと切り上げましょうね(ン?別に、いつもやんか)、どこへ行きましょうかねえ?なんて、考えながら余裕で会社を出るのは久しぶりのような気がします(だから、いつもだって)、なんとなく最近ミナミ方面が好きなのですが、、、あ、久しぶりに福島方面を攻めてみましょうか、そういうと「花くじら」のおでんが良いかも、ちょっと暑い日は冷えたビールとホクホクのおでん、うん、これにしましょう

ということで、

梅田から腹ごなしに歩いて淨正橋の交差点を目指します、少し南へ、福島天満宮の小さな神社の角を入ると「花くじら」本店があります、小さなカウンターだけの店で、表にビール箱席を追加していますので年中ビニールシートが掛かっています、シート越しに中を覗くと、お、一席だけ空いていそうです、では入りましょう、いつものように指で一人客であることを告げると、、、やはり、その空いている一席を示されました、おでん鍋のすぐ前です、

とりあえず、予定通りビールです、ここはKIRINラガービールですね、このビール、おでんには合うと思いますよ、

で即おでん、まずは「厚揚げ」と「牛すじ」をお願いします、両方とも目の前のカウンターに埋め込まれている丸鍋に入っているのが見えます、

110603_19040001
(手前の籠には注文のお勘定札が入ります)

丸鍋のネタは、注文を聞くと鍋番(こんな言葉があるのかどうか知りませんが)のお母さんがネタを探しながら、ローテーションをしながらお皿に盛ってくれます、少し出汁をかけて目の前に出てきます、

110603_18480001

はい、やはり出汁が美味しいですね、ビールとも相性が良いです

次はここに来たら必ず頼まないと損した気分になる「春菊」、これは注文を聞いてから春菊を丸鍋に浸しますが、これがほんの一瞬3秒か4秒くらい、これで大丈夫?と思うくらいの速さで皿へ、やまかけをかけて出来上がり、

110603_18530001

でも、これがちょうど良い感じの歯応えなのです、長年の修練の結果、熟練の煮具合でございます

次は「じゃがいも」、(写真失敗)

ジャガイモとか豆腐、玉子などは別に奥の四角い鍋で丁寧に管理されています、煮崩れとかがあるからかな、出汁も丸鍋に比べると少し薄い感じに思えます(気のせいか?)、皿に盛られて出てくる時には丸鍋の出汁が掛けられます(うん?そうだよね??)、

最後に「ねぎ袋」、巾着の中に入っているのは葱、刻み葱、関西なので白ネギではなく万能葱、これだけです、これも注文してからゆっくりと煮込みます、

110603_19160001_2

不思議な食べ物です、主役がいないような感じなのですが、出汁が効いてなぜか葱がめちゃ美味しいのです

さて、ビールも飲み干し、これでお勘定にしましょう、

1400円也、安!美味しいおでん、でも老舗を気取る店はおでんでも結構高いですからね(時に不当と思える勘定がある)、ワタシ流ならこの「花くじら」が大阪で最強のおでんになります、お勘定を済ませて出るとお待ちの列が出来ています、

福島天満宮横の「花くじら」、また来ますね

|

« 阪神「甲子園」駅のすぐ北側、地元居酒屋ですね、「とん平」、“どて焼き”がイケました! | トップページ | 福島の路地裏は充実の飲み屋街です、典型角打ちの「おくの酒店」から双美人の「のめん」へ。 »

大阪野田福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷えたビールとの相性も抜群、大阪福島のおでん「花くじら」本店、旨いおでんならここ!:

« 阪神「甲子園」駅のすぐ北側、地元居酒屋ですね、「とん平」、“どて焼き”がイケました! | トップページ | 福島の路地裏は充実の飲み屋街です、典型角打ちの「おくの酒店」から双美人の「のめん」へ。 »