« 1日に二度訪問!?移築新装開店なった大阪阿倍野の「明治屋」へ初見参。 | トップページ | 地震の影響が心配だった「丸好酒場」、元気に営業、お母さんも健在でなにより。 »

2011年5月13日 (金)

移転移築なった「明治屋」の後は、同じく阿倍野の昭和26年創業の「和源」、ここも新店ですね。

【2011年4月19日(火)】

大阪 阿倍野 「和源」

さて、初訪問の阿倍野「明治屋」(移転移築店)の後です、

もう1軒どこかへ寄って行きましょう、ここからだと天王寺や新世界、ミナミもそんな遠くないですがせっかくですから阿倍野でもう1軒行きましょう、少し歩くと「わらじや」があります、いつか訪問と思っているのですが、、、そこより近い「和源」の前で捕まりました

110419_20050001

昭和26年創業のお店です、が、今はこちらも新店で営業中、綺麗な割烹という感じ、ちょっと値段が張る感じですがここも入って見たかった、ならば入ってみましょう、

空いています、L字カウンターに一人のみ、ちょっとドキドキしながらカウンターの奥に着きます、奥にはテーブル席もありますがここも空いていますね、

まずはお酒を頂きましょうか、燗酒でね、和歌山の「菊御代」440円也、美味しいし良心的価格、有名な「黒牛」銘柄の蔵のようですね、「黒牛」もメニューに並んでいます、純米酒で550円也、

110419_20300001

突出し(お通し)が出てきました、

110419_20080001

まずはこれで一杯、

そしてメニューを吟味して「鯵の南蛮」400円也を注文、ここまでは順調に“高くないメニュー”の注文に成功していますね、

「鯵の南蛮」、

110419_20110001

ほう、美味しいですね、さすがです、思った以上にボリュームもあり満足の1品です、

静かな店内ですが、どうやら2階席もあるようです、2人客や宴会のお客さんが降りてこられます、へ~まったく声とか聞こえませんね、それにお店の方もバタバタしている様子がない、大したもんです。

燗酒の銚子は飲み応えがあります、この辺りも好感、ではではもう1本お願いします、

そして、カウンターの奥の壁にかかっている短冊メニューを物色、何を頼んだのか?忘れてしまいましたが品切れとのこと、似たメニューで「穴子のてり焼き」があるという、うむ、高いんとちゃうかな?という不安がよぎりますが、ガンバッてお願いしました。

「穴子のてり焼き」、

110419_20360001

めちゃ旨い!!う~ん、今まで食した穴子の中で一番美味しいかもしれません、これにはちょっとびっくり、旨いわあ、頼んでよかったですね、

満足、満足、ではこれでお勘定にしましょう、〆て3570円也!うわ!予定より1000円以上高いです、突出しはいくら?「穴子のてり焼き」はいくらなの?

普通にメニューにあるものを頼んでおくと大丈夫なのでしょうか?

予想よりもお値段は高かった「和源」、でも料理の腕はしっかりしています、少しだけ飲むならまた来れるかもです

|

« 1日に二度訪問!?移築新装開店なった大阪阿倍野の「明治屋」へ初見参。 | トップページ | 地震の影響が心配だった「丸好酒場」、元気に営業、お母さんも健在でなにより。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移転移築なった「明治屋」の後は、同じく阿倍野の昭和26年創業の「和源」、ここも新店ですね。:

« 1日に二度訪問!?移築新装開店なった大阪阿倍野の「明治屋」へ初見参。 | トップページ | 地震の影響が心配だった「丸好酒場」、元気に営業、お母さんも健在でなにより。 »