« 連休は実家で食事、そして翌日は七条のお好み焼き「吉野」で昼飲み宴会♪ | トップページ | 「第11回神戸新開地音楽祭」♪ステージの前に腹ごしらえ!のつもりが・・・「内田食堂」。 »

2011年5月27日 (金)

鹿児島料理の平野町「かのや篠原」、郷土料理がいただけますが、、、量が、、、多い!!(;汗)

【2011年5月6日(金)】

大阪 平野町 鹿児島料理「かのや篠原」

連休の合間の出勤日です、

この金曜日に出勤、でまた土日ですからね、あまり仕事もありませんで、18時過ぎに会社を出て徒歩で平野町へ向かいます、腹ごなしの運動です、

今日のお目当ては平野町の四ツ橋筋寄りにある鹿児島料理の「かのや篠原」です、“かのや”ってなんだろうね、耳触りは良いけども、、、なんて考えながらテクテク歩きます、

はい、だいたい予想した通りの場所にありました、「かのや篠原」、

110506_19120001

大きなガス引き戸の向こうに店内が見えます、どうやらカウンターの店のようです、手前の席は4人くらいの団体さんで占められていますが奥は空いていますね、ではでは失礼いたします、

入店してカウンターの中のお兄さんに一人であることを示して、逆L字カウンターの縦棒頂点に着きます、

はい、ではまずは生ビールを、、、いつもならこういうところですが、せっかく鹿児島料理の店に来たのですから焼酎から入りましょうか、焼酎の銘柄には詳しくないのでお兄さんいお任せします、

「どんなのが?」

「じゃあ、芋で濃厚なやつを、、、」

ということで“瀞とろ”500円也(ここは表記が税別でした)という焼酎を出していただきました、水割り、普通のグラスで出てきたのがちょっと意外、

さて、料理もせっかくですから鹿児島の料理を頂きましょう、

まずはメニュートップにある「鶏のきいこん」680円也という料理を頼みます、鶏好きですからね、お兄さん、ちょっと時間かかるので刺身とかいかがですか?とプロモートもしっかりされますが、まあ今日は鹿児島コンセプトでまとめたいので、スルーさせていただきます、
突出しが出てきました、カツオですね、

110506_18260002

さすがに焼酎によく合います、これだけで一杯目を飲み干してしまいそうなので自制自重で自嘲、

お兄さんが言われたほど、そんなに時間もかからずに「鶏のきいこん」も来ました、

110506_18310001

なるほど、鶏肉と大き目のごろごろ野菜の煮〆ですね、人参にれんこん、芋、こんにゃく、椎茸と健康的ですねえ、甘めの味付けですがワタシには美味しい、ボリュームがあるので自然と一生懸命に“食べるモード”になります、鶏は骨付きです、味が染み込んで柔らかくなった肉が美味しいです

さすがに焼酎が途中でなくなったので御代わりをします、

メニューに手書きのような鹿児島県の地図が、大隅半島の中ほどに“かのや市”とあります、あ~~、鹿屋市の“かのや”ですか、なるほど、ひらがなだと連想できませんでした、戦時には特攻機出撃の基地があり、紫電改を擁した343空も一時ここに駐屯していた(子供の頃は戦記物大好き)、あの鹿屋でしたか、

ふ~、なんとか「きいこん」完食の目途が付きました、量多いですね、好感

もう一品なにか頼みましょうよね、これまた鹿児島料理にしましょうね、

「つけあげ」500円也というのも美味しいとお兄さんに薦めていただきます、“さつま揚げ”ですね、ただすり身の鮮度が違うらしい(あとでお隣さんが注文されましたが、まあるい大き目のたこ焼きみたいな状態で出てきました、普通の“さつま揚げ”とも少し違うみたい、美味しそうでした)、

それも良いのですがもう一つ気になったメニューが「がね」580円也!というメニュー、料理名だけではまったくイメージが湧きませんね、メニューには“からいもと芝海老のかきあげ”みたいな説明があります、ふ~ん、こちらは聞いたことも見たこともない、「がね」にしましょう!!と、心の中で決めて注文します、もちろんオーダーは通ります、が、あとで相談してから注文したら良かった、、、と反省する羽目になります

「がね」も早めに来ました、お兄さん一人で料理されていますが、要領が良く料理は早いですね

110506_18530001

が~~ん!!なんじゃこりゃ

めちゃめちゃ量多いんですけど、え~~、こりゃ尋常な量ではないですね、来た途端に一人で食べるのをあきらめさせる量です、

「すごいねえ、こんなに量が多いんだ」
「そうなんです、、、」

さっきの「きいこん」も、この「がね」もみんなで食する料理のようですね、「がね」は一人では絶対に食せません、

「がね」はかき揚げというより単品天ぷらの盛り合わせ状態、味付けは塩、全体に掛かっていますのでそのままいただけます、芝海老は殻付、バリバリの食感を楽しみます、“からいも”=唐芋=さつまいもですかね、他に少量ですが玉ねぎや人参も入っていました、普通に美味しい

とりあえず、ガンバッテ1/3ほど食べますが、、、完食は無理です、とても全部は食せません、お兄さんにそれとなく匂わすと、

「はい、包みますので持って帰ってください」

はい、そうしますわ、

「たまに一人で食べられる方もいらっしゃるので」、

たまかい!!

でも、事前に相談したら教えてくれたんでしょうね、メニューを見て決定発注したのが失敗でした、

はい、焼酎は2杯で止めておきましょう、

「がね」をアルミホイールで包んでいただき(それでも2包になった、量の多さ、最後まで強調)お勘定です、

〆て2800円ほど、ご馳走様でした、今度は2~3人で来て、いろんな料理をすこしづついただきましょう、

平野町の「かのや篠原」、また来ますね

|

« 連休は実家で食事、そして翌日は七条のお好み焼き「吉野」で昼飲み宴会♪ | トップページ | 「第11回神戸新開地音楽祭」♪ステージの前に腹ごしらえ!のつもりが・・・「内田食堂」。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
このお店から1分のところに、僕の事務所があります。
鹿児島のお店だったんだ。ちなみに2階席もあるようです。
6日は、出勤してたのにな〜。
今度行くときは、声を掛けてくださいね。

投稿: シロクマ | 2011年5月27日 (金) 15時23分

シロクマさん…毎度です、

コメントおおきに、返事遅れてスイマセン、

あ、この近くなんだ、
前のイメージが残っているので、
気が付きませんでした、

ではそのうちに、この近辺で一杯いきますか

投稿: テリー | 2011年6月 1日 (水) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島料理の平野町「かのや篠原」、郷土料理がいただけますが、、、量が、、、多い!!(;汗):

« 連休は実家で食事、そして翌日は七条のお好み焼き「吉野」で昼飲み宴会♪ | トップページ | 「第11回神戸新開地音楽祭」♪ステージの前に腹ごしらえ!のつもりが・・・「内田食堂」。 »