« ひさびさに神戸元町を攻めてみましょう、中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」。 | トップページ | 新橋の老舗を出ると霙の東京でした、新橋の老舗居酒屋「蛇の新」、そして「王将」へ。 »

2011年3月 7日 (月)

元町の老舗店、でも“中店”は未訪問でした、「八島食堂 中店」へ行って見ましょう。

【2011年2月12日(土)】

神戸 元町 「八島食堂 中店」

さて、久しぶりの神戸元町、

中華街の中の立ち飲み「赤松酒店」で一杯飲んだ後です、この日はもう1軒、お目当てがありますので、中華街を出て西を目指します、

元町駅前の大通りから1本南側の通りを西へ歩きます、途中で大衆酒場「すず」を発見

110212_18020001

メニューを見ると安いですね、ふ~ん、なんか雰囲気も良さそうですね、今度入ってみましょうか

もう少し行くと今度は「世界長蔵元直売所」もありました、ここも一度入ってみましょうね、

110225_20420003

でも、ここも今日はスルーです、この日のお目当ては決まっていました、ここです

「八島食堂 中店」、

110212_18060002

先日新年会でこの前を通った時に発見しました「八島食堂」は元町に3店あります、“東店”に入ったことがありますが、こちら“中店”は未訪問です、良い店構えですね、ではでは入ってみましょう

予想通りの雰囲気の店内です、

110212_18480001kai

右側に真ん中が切れている15人くらい座れそうなコの字カウンター、右側には6人掛けほどの大きなテーブルが4つほど、一人客であることを示すとコの字カウンター手前を薦められます、座りながら飲み物を注文します、

「ビールは大瓶だけですか?」
「小瓶もありますよ」
「では、小瓶を」

最近、とりあえずのビールの場合は生ビールよりも瓶ビール、それも小瓶が嬉しいですね、ちょうど飲み飽きる前になくなる小瓶がイイ感じです

さて、料理はどうも名物料理のような気がした「かしわ豆腐煮」にします、“かしわ”とは鶏肉のこと、関西弁ですか?西日本では通用するのでしょうか?

奥の天井にはTVが掛かっていますが、そこから聞き覚えのあるメロディーが流れてきました、CMですね、聞き耳を立てると拓郎の「流星」でしたこの記事はこちらで、“リコー”のCMですね

さて、「かしわ豆腐煮」が来ました、出汁の色からすると“すき”ですね、一口すすると、濃厚でとっても甘い!

110212_18130001

東京銀座の「三州屋」の「鳥豆腐」に似た感じを想像していましたので、口にした時は意外に甘いのにびっくり、関西のほうが味が濃いということもあるのですね、でも、食べ進むうちにイメージと味が一致してきました、最後まで美味しくいただけましたよそういうとここ「八島 中店」のカウンターも分厚い白木です、この辺も「三州屋」に似ていますね

ビールをゆっくりと飲みますが小瓶ですからね、早々になくなりそうです、さて次は何にしますか?この寒さなので燗酒が本命ですが、、、壁のメニューを見ていると面白い表記がありました、

「ショウチウ(レモン)」270円、
「ショウチウ(お湯割)」320円、
「チュウハイ」300円、

“ショウチウ”は“焼酎”のことですね、珍しい表記です、

それに「ショウチウ(レモン)」というのが気になります、焼酎のストレートということですかね、これも今時珍しいですね、ちょっとお姐さんに聞いてみましょう?

「ショウチウレモンって、ストレートの焼酎ですか?」
「はい、お湯割りでも良いしね」

うむ、上手く伝わっていません

「焼酎のハイボールは出来ますか?」
「チュウハイね」
「えーー、そのお、、、入っている焼酎は同じですか?」
「そうよ、この大きなグラスでね」
「じゃ、それで」

うむ~、上手く云えませんでした自分でも「焼酎ハイボール」と「チュウハイ」の違いをちゃんと説明できませんでした、希望は『焼酎に少しの炭酸、氷なし、普通のコップで』ということでした、まあ「チュウハイ」に近いか?

で、出てきた「チュウハイ」はまあまあでしたが、割る炭酸が少し甘いのですね、そういうと「チュウハイ」は甘かったんですね、でも焼酎は乙類のようなので苦にならず飲めました、

では、もう一品頼みましょうか、これまたメニュー表記が気になったのが「東京納豆」、どういうメニューでしょうか、やはり聞いてみます

「あのー、“東京納豆”っていうのは?」
「ああ、あのー、普通の納豆です」
「普通の納豆ですか」
「そう、ここでは東京納豆

歴史のあるお店ですから、昔から、昔ならではのこのネーミングなんでしょうね、では「東京納豆」をお願いします、

「はい、東京納豆ね、、、あ、黄身入りとか出来ますが」
「あ、黄身入りで!」

ということで、あっという間に進化した「東京納豆 黄身入り」、

110212_18410001

普通の納豆でした
なにか味がついていますね、化学調味料ですかね、110円也、黄身が入って170円也でした、

さて、「チュウハイ」も飲み干してお勘定にします、1200円也、次回は「ショウチウ」のストレートか、ハイボールを作ってもらいましょう、

神戸元町の「八島食堂 中店」、また来ますね

すぐ西にある「八島食堂 西店」はこの日も閉まっていましたね、閉店でしょうか?また覗いてみましょう。

|

« ひさびさに神戸元町を攻めてみましょう、中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」。 | トップページ | 新橋の老舗を出ると霙の東京でした、新橋の老舗居酒屋「蛇の新」、そして「王将」へ。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元町の老舗店、でも“中店”は未訪問でした、「八島食堂 中店」へ行って見ましょう。:

« ひさびさに神戸元町を攻めてみましょう、中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」。 | トップページ | 新橋の老舗を出ると霙の東京でした、新橋の老舗居酒屋「蛇の新」、そして「王将」へ。 »