« 週末、ちょっと立ち飲みでも、と思いながら、遠いけど大国町の立ち飲み「エノキ屋酒店」へ、良店ですね。 | トップページ | 元町の老舗店、でも“中店”は未訪問でした、「八島食堂 中店」へ行って見ましょう。 »

2011年3月 6日 (日)

ひさびさに神戸元町を攻めてみましょう、中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」。

【2011年2月12日(土)】

神戸 元町 立ち飲み「赤松酒店」

3連休の中日です、

久しぶりに神戸の街で飲みたいなあ、そういうと先週は春節祭でしたね、それに合わせて元町の中華街へ行こうかなと思いましたが結局行けず、ならば、1週遅れですが今日は神戸元町の中華街へ行ってみましょう

横浜の中華街へも何度か行きました、で、その大きさにびっくり神戸元町にも中華街がありますが、横浜の中華街に比べるとほんと小さいです、でもやはりそこは中華街、食べる飲む楽しみがぎっしりと詰まっております、

この日、「元町」駅を降りると小雨模様です、傘を持ってきませんでしたが、フードの付いたパーカーを着ていたのでフードを被って中華街へ急ぎます、歩いて3~4分で到着です、

中華街の門はこん感じ、

110212_17300002

春節祭の名残なのか、いつもこんなに装飾されているのか?よくわかりませんが賑わっています、

110212_18010001

では、ここらで中華まんじゅうとか揚げ物の串とか食べる!?かと思いきや、、、今日のお目当てもやはり酒場、それも中華街の中にある立ち飲み屋です、大丸側から中華街に入って少しして左側を覗き込んでいただくとあります、今日のお目当ては「赤松酒店」です、

外から見るとこんな感じ、

110212_17570002

もう少し寄ると、、、

110212_17570001

うむ、中は明らかに立ち飲みですね空いていますね、ではでは入りましょう、

この日の雨も冷たいですので、とにかく店の中に入るとほっとします、

広いスクエアなスペース、左手にカウンターがあり、その上に肴の皿がずらりと並んでいますね、カウンターの中にはお姉さんが一人、中くらいの大きさの立ち飲みテーブルが6つほど、大将はちょうど前のお客さんのテーブルを片付けられています、なんとなく真ん中のテーブルに取り着きます、お父さんが片付けながら「何しましょ?」と声を掛けていただきます、「熱燗を」、「はい」ということでなんとか注文できました、

初めての店、それも立ち飲みはドキドキしますね、店によっていろんなルールや作法がありますからね、最初の注文は緊張します、特に声も掛けられず無視されると結構びびりますこういうふうに注文を訊いてもらえるとほんと助かります。

燗酒はポットに入っており、そのままグラスに注がれて出てきます、キャッシュオンデリバリーです、それを持って一旦テーブルへ戻って一口いただきます。

110212_17330002

肴はもう間違いなく、カウンターに並んでいる皿を、現物をみながら選べばよいのでしょう、どれどれ、こういうに現物を見ると、、、文字メニューで選ぶより、、、かえって迷いますね出来栄え、見た目のイメージでも左右されますからね、

あれもこれもと迷った末に「イカ」に決定します、

110212_17330001

そのままテーブルに持って行くのかな?と、自信なさげに皿を持ち上げると、お父さんがすっと引き取ってくれます、そして横にあった電子レンジへ、どうやらこれは温めてもらえるようです、

温め終わると、「酢味噌はかけますか?」とのこと、はい、お願いします、ほ~、あのイカは酢味噌になるのですね、ちょっと得した気分になります、燗酒と「イカの酢味噌」で550円也、

はい、熱燗に「イカの酢味噌」でゆっくりいきましょう、

店内には先客が4人連れと2人連れの2組だけ、空いていますね、それぞれの話題で盛り上がってます、注文もそんなにないのでお父さんもお姐さんも手持ち無沙汰です、ワタシも一緒にTVに見入ります、見たことのない関西ローカルのバラエティですね、TVはAQUOSです、地デジ対応はもう済んでいますねテーブルトップは黄色です、なにか中華街にぴったりの感じですね、スクエアな店内にぴったりと収まっておりイイ感じを演出しています、とそろそろと後続のお客さんも入ってきました。

110212_17500001kai

「イカの酢味噌」は美味しく、さくさくと食べ進みます、これはもう一品なにか頼みましょう、もう一度カウンターまで行って、、、また悩みます、焼き魚や煮魚もあるし、きずし、玉子焼き、お好み焼き、揚げ物もいくつか、、、う~ん、現物はやはり迷いますね、ここはもうさっと選びましょう!と、決めてからまた悩みました

結局、「チャーシュー」350円也を取りました、ソースをかけて辛子を添えていただいて出来上がりです、

110212_17480001

2人連れのお客さんがカウンターの奥へ行かれます、ほ~、どうやらあちらには“おでん鍋”もあるようですねなるほど、次はおでんも視野に入れておきましょう

さて、お酒が無くなりましたが、今日はこの辺りでお勘定にします、というかもうCODで払っていますね、900円也、

ではこれで失礼します、

引き戸を引いて表へ出ると、ちょうど目の前のドアが開いて中から人が出てきて、お店の中に入っていかれます、ドアの向こうの中の様子がちらっと見えたのですが、どうやら貸切スペース、常連さんの特等席のようです、こちらでもセルフでいろいろと飲めるようですね、なるほどねここも面白そうですね、

神戸元町中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」、また来ますね

|

« 週末、ちょっと立ち飲みでも、と思いながら、遠いけど大国町の立ち飲み「エノキ屋酒店」へ、良店ですね。 | トップページ | 元町の老舗店、でも“中店”は未訪問でした、「八島食堂 中店」へ行って見ましょう。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさに神戸元町を攻めてみましょう、中華街の中にある立ち飲み「赤松酒店」。:

« 週末、ちょっと立ち飲みでも、と思いながら、遠いけど大国町の立ち飲み「エノキ屋酒店」へ、良店ですね。 | トップページ | 元町の老舗店、でも“中店”は未訪問でした、「八島食堂 中店」へ行って見ましょう。 »