« 奈良の菜畑でのライブからの帰り、鶴橋で飛び降りてホルモン焼き「空」で定食食いです♪ | トップページ | 魚を食すなら安定感タップリの築地の「魚竹」、この日も美味しかったです。 »

2011年3月27日 (日)

へへ、もう3回目の訪問ですね、母親と一緒に京都深草の「近善」で一杯です。

【2011年2月26日(土)】

京都 深草 「近善」

この日は京都で「ビートルズ研究会」なる会に参加しました

ワタシ、ビートルズ関与度・知見ともほぼゼロ参加者の皆さんの熱い想いにはついていけませんでしたが結構面白かったですよ、もっともっとアカデミックな議論があるとうれしいです、これからはいろんな企みがあるようです、期待します

で、この「ビートルズ研究会」の後です、

「北山」駅から地下鉄に乗って実家のある深草へ向かいます、この日も実家の母親と飲みにく約束をしています実家のある深草は京阪電車沿線です、地下鉄との連絡はありません、でも地下鉄で京都駅を通り過ぎてそのまま「くいな橋」駅まで行きます、この駅で降りるのは初めてですが、「近善」までは歩いて15分と掛からないでしょう、

久しぶりです、深草の「近善」、

前回は予約せずに飛び込んだら満員で入れず、インド料理に変更になりましたなので今回は17時に二人で予約を入れておきました 店は直違橋通に面しています、なんとか予約時間の5分ほど前に店に着くと、、、ワタシの母親が立ってましたはい、今日は母親と二人で「近善」で夕食です

Photo

17時に予約を入れてのですがまだ店は開いていません、土曜日は16時からの営業かと思っていましたが、まだ開店していないようです、17時まではあと数分、でも、なんか関係者らしき人が入店、それに釣られてワタシ達も入店します、大将にお伺いをたてると入店OKとのこと、この日も予約で満員らしく二人が座るカウンターの席で少々検討を要します、結局一番奥の席に座ることになりました、

一番客ですからねゆっくりと注文も聞いてもらえます、、、なんていうのは甘いです、「近善」は予約で一杯ですからね、店は客席100席有余という大きなお店です、少人数での対応は容易ではありません、大将は仕込みに動き回っておられます、

とりあえずざっと注文しましょう、まずはビールですね、母親はほとんど飲みませんので瓶ビールにします、

「アサヒかエビスがありますが」
「では、エビスで」

一瞬サッポロがあるかと期待しましたが、アサヒよりはエビスですね、

そして、まずはお造りですよね、

大将に今日の刺身を聞くと、金目に、マグロ、天然はブリにマグロにヒラメ、その他諸々と仕入れはバッチリです、ブリが食べたいので注文、他にも何かと思って大将に言うと「盛り合わせもありますが」の一言で解決、“盛り合わせ”にします、

そして、焼き物は“ぐじ”をお願いします、が、この日の“ぐじ”は大きい!大阪は梅花の“金生”のぐじを彷彿とさす大きさです、素晴らしいでもさすがに母親と二人では大きすぎます、大将も「ちょっと大きいので」とのこと、で“きんめ”か“のどくろ”では?とのこと、ではきんめにしましょう

ということで注文は決定、忙しい中、ビールも出て来ます、母親と乾杯です 母親はほとんど飲みませんが

突き出しが出てきます、

110226_17030001_2

味噌の具合が“京都:京都”していて美味しいですね

これを肴にしばし母親と歓談、、、ではないか、いろいろと必要な話をします、お互いそういう歳ですからね、でもこれから何かあった時にどうするかは大切なこと、ちゃんとお互いに確認します、

おっと、お造りの盛り合わせが来ました

110226_17150002

110226_17140001

110226_17140002

110226_17150001

え~~っと、きんめに鯛、甘エビ、天然のブリにトロ、そして平目というところです、食べ応えがありますね、普段は京都人らしくあまり刺身を口にしない母親曰く、平目は格別においしかったようです、

焼き物の“きんき”も来ました、

110226_17300002

やはり旨いですねえ、ぐじのジュワッと脂の乗った感じではないですが、やはり脂の甘(うま)みがたまりません、結構な大きさでしたが二人でペロリ

そうそう、ビールはすでになくなってますので酒にしましょう、熱燗かなと思っていたら母親が、

「前に来た時にあなたが飲んだ白いお酒が飲みたい」

母親は酒を飲みませんのであまり意味はないのですが、にごり酒が珍しかったようで、ちょっと舐めてみたいようです、ではでは“にごり酒”にしましょう

110226_18020001

はい、母親も一口だけ飲みました、

刺身と焼き魚を食べながら、もう一品を考えます、あれやこれやと考えます、お、“串かつ”もありますね、と、カウンターの若女将が聞きつけて、「普通、この季節はやってないですが、今日はありますよ」とのこと、ではそれも頼んでおきましょう、

“にごり酒”をお代わりした頃には座敷にもカウンターにもお客さんがどんどん来店、えらい状況になってます、大将は大車輪で調理されています、どんどん指示を出します、

でもちゃんと“串カツ”も着ます、

110226_18130001

うん、美味しいですね、揚げ物もしっかり、母親も2本食べたので気にいったのでしょう、

一度トイレに行きました、

カウンター側から、座敷側との間の通路に出ます(「近善」は入り口が二つあります、カウンターが右側の入り口、座敷が左側の入り口です、奥への通路は左側にあります)、奥へ進むと手洗いがありますが、、、小さな池に鯉が泳いでいました、離れにも席があるようです、女将さんが七輪で火を鋳こしておられます、ああ、こういう庭があるのですね(写真撮り忘れ)、

さて、混んできましたのでここらでお勘定にしましょう、おでんとかなまこも食したかったですが、実家には大根の煮物があるとのこと、なのでここらで失礼しましょう、お勘定は8700円ほど、普段のワタシの感覚からすると高いですが、、、母親孝行ならOK!!

京都深草の「近善」、今度は家族皆できましょう、また来ますね

|

« 奈良の菜畑でのライブからの帰り、鶴橋で飛び降りてホルモン焼き「空」で定食食いです♪ | トップページ | 魚を食すなら安定感タップリの築地の「魚竹」、この日も美味しかったです。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へへ、もう3回目の訪問ですね、母親と一緒に京都深草の「近善」で一杯です。:

« 奈良の菜畑でのライブからの帰り、鶴橋で飛び降りてホルモン焼き「空」で定食食いです♪ | トップページ | 魚を食すなら安定感タップリの築地の「魚竹」、この日も美味しかったです。 »