« 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 | トップページ | 2度目の訪問、綺麗で美味しい焼き鳥屋さん、芦屋の「i-shi」。 »

2010年12月 8日 (水)

看板の“サルベージ(底)”という言葉に引っかかりました、京都駅前の「へんこつ」。

【2010年11月13日(土)】

京都駅前 煮込み「へんこつ」

2010年11月の初めに京都駅前のヨドバシカメラがオープンしました、

元は「近鉄百貨店」のあった場所、そのまた元は「丸物百貨店」があった場所です、懐かしいなあ「丸物」、ほんの子供の時は母親の実家が近所だったせいか、四条の「高島屋」や「大丸」よりも親近感がありました、高校の時はまだ「丸物」ありましたね、ペット売場のステージで2人組の“アリス”を観た記憶がありますチンペイ不遇の時代です。

閑話休題

そのヨドバシカメラのすぐ近くにあるのが「へんこつ」、

先日、ヨドバシカメラに寄ったときに見つけました、看板に妙なことが書いてあったので引っかかりました、中を覗くとカウンターの店で煮込みとかおでんがあるようですね、そのうちに入ろうと決めました、で、、、もう翌週の土曜日には訪問ですバンド練習の後ですから都合はよかったですね、

時間は18時頃です、入るとカウンターは満員に見せますね、一人客であることを示すと、

「どうぞ!奥空いてます!!」

とのこと、奥へ進むと、なるほどカウンターに1席空きがありました、ではでは失礼いたします、この日の昼食時に七条本町の中華「にじょう」でグラスの生中を、バンド練習の時に焼酎のウーロン割りを飲んでいるので、ここはもう日本酒から入りましょう、

「熱燗をください」
「はい!」

瓶ビールはアサヒ・サッポロ・キリンと3銘柄揃っているようです、他のお客さんの注文を聞いていると人気は、、、3等分でした

「それと、、、初めてなのですが、、、表の看板にあるサルベージってなんですか?」
「底ね、底」
「はあ、、、とりあえずそれを、、、」

と、あまりコミュニケーション出来てませんがとりあえずサルベージにします

101113_18290001

はい、この“サルベージ(底)”という品書きが表の看板に書いてあるのを見てひっかかりました、別名を“底”とも言うようで、どうやら“煮込み鍋の底に沈んでいる具を引き上げる”ということで“サルベージ”という名前が付いたようです(ワタシの想像)。

101113_17530001

はい、これが「サルベージ」680円也、基本はスジ肉だと思いますが“てっちゃん”みたいな部位も少し入っています、濃厚な味付けで美味しいですね

そうそう、熱燗はちろりで暖められコップに注がれました。

101113_17580001

お客さんは満員、奥にはテーブル席があるようですがそこも一杯かな?と思ったら4人連れの新規客が入って行かれます、思ったより奥が深いようですな、

もちろん常連率も高そうです、カウンター奥のお客さんは長年の常連らしく先程からカウンターの中のお父さんにビールをご馳走されています、左隣にはご近所の常連さんが来られました、中のお姐さんと年金の話で盛り上がっています、何かのお店をやっておられるようです、ニコニコと笑いかけられたので思わず笑顔で返答、お姉さんとの話に聞き耳を立てているとどうやら時計屋さんのようですね、

「ヨドバシができてどう?」
「変わらんね」

ふーん、そうか、ヨドバシでも時計売ってますからね、でも客層が違うのでしょうね。

「サルベージ」をどんどんいただきますが結構ボリュームがあります、単調でちょっと味違いが欲しくなったので、おでんの豆腐をお願いします、おでんの価格表示は“100円~”という表示、豆腐・タケノコ・ごぼ天・ちくわ・こんにゃく・厚揚げの6品があります、実際豆腐がいくらなのか分かりませんがまあそんなに高くはないでしょう、

と、おでんの豆腐も同じ煮込み鍋に入っていまして、サルベージと同じ皿に盛られました、

101113_18010001

こんな感じになりました、端から「サルベージに豆腐」なんて頼み方もありそうですねちょっと味違いというか食べやすくなります。

お酒をお代わりして、漬け物の「白菜」も注文、

101113_18090001

やはりほんとの味違いが欲しかったみたいです漬け物は他にきゅうり・なすび・キムチがあり各200円也、

さて、熱燗を2杯飲んでお勘定にします、

メニューが少な目ですので他の常連さんも滞在時間は短いですね、次は「テイル」肉の煮込みを頼みたいですね、大きさによって850円~1500円以上まで幅があるようですが、右隣の方はこれだけ頼んでさっと食べてさっと引き上げられました、そんな感じの飲み方、食べ方なんでしょう、「たまに無性に食べたくなる」料理ではないかと推察します

京都駅前、京都タワー横の「へんこつ」、また来ますね

この後、近くの立ち飲み「楽」へ、焼酎を一杯だけ飲んで帰りました。

|

« 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 | トップページ | 2度目の訪問、綺麗で美味しい焼き鳥屋さん、芦屋の「i-shi」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看板の“サルベージ(底)”という言葉に引っかかりました、京都駅前の「へんこつ」。:

« 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 | トップページ | 2度目の訪問、綺麗で美味しい焼き鳥屋さん、芦屋の「i-shi」。 »