« 残念ながら閉店した東三国の「トラベル食堂」が1日だけ谷町4丁目で復活。 | トップページ | 看板の“サルベージ(底)”という言葉に引っかかりました、京都駅前の「へんこつ」。 »

2010年12月 7日 (火)

京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。

【2010年11月13日(土)】

京都 七条本町 中華「にじょう」

この日も京都七条でバンド練習です

いつもは11時集合でメンバーと昼食をとることが多いのですが、この日は都合で午後からの練習、ならば、前から行きたかった七条本町の中華「にじょう」でランチを食すことにしました。

『七条(しちじょう)にあっても「にじょう」とはこれ如何に?』

なんて下らないことはさておき、評判の中華料理店です、期待に胸を膨らませながら京都駅から歩きます。

11時40分頃に「にじょう」へ到着、

101113_11440001

この辺りはなんども歩いているところですから迷いません、暖簾はまだ出ていませんが店の前には打ち水がして盛り塩がしてあります、表にある手書きメニューを見ると12時開店ですね、本日のランチのメイン料理は「温野菜の肉豆腐柚風味鶏そぼろあん」だそうです 自然と盛り上がる期待感まだ開店まで20分くらいあるので店の前で(すぐ前はなんだか遠慮してちょとオフセットして)本でも読んで待ちましょう。

この日は大沢在昌の「黒の狩人」を読んでました、これが面白くて上巻をあっという間に読み、この日は下巻、

と、これに熱中して読んでいたら、あらら、いつの間にか12時を数分過ぎていますね、もう大丈夫でしょう、お、暖簾も出てますね、ではでは入りましょう。

小さくて綺麗な店内です、

大きくはないですね、カウンターが4席に奥にはテーブル席が2席ほどあるようです、いつのまにか奥のテーブルには先客の2人連れが入っておられます、あれ?いつ入ったんだろうワタシは一人なのでカウンターの席に案内されます、はい、カウンターの中はシェフとお姉さんがお一人、優しい感じですね、よろしく追い願いしますね、ランチ1500円也をお願いいたします。

ランチは前菜+スープ+主菜+デザートという構成です、「黒の狩人」が面白いので読みながら待ちます、

奥のお客さんとほぼ同じペースでワタシの料理も出始めます、まずは「前菜4品」、

101113_12060001

綺麗な盛りつけですね

料理は、えーー、覚えてる限りで書きますと、、、手前が「カリフラワーのにこごり」、左が「イカのフリッター」だったかな?右が「ピータン」のほにゃらが、、、で、奥が「ハタの揚げ物」と、、、だいたい合ってると思います、1500円のランチですからね、これくらい料理名を書かないと値打ちがでません

ここでふと気付きました、あれ、ビールを頼んでないがな、、、うむ、飲もう!「スイマセン、生ビールをお願いします」500円也。

スープは「玉子と豆腐のスープ」、

101113_12120001

小さな干しエビがアクセントで入っています。

そして、メイン料理の「温野菜の肉豆腐柚風味鶏そぼろあん」です、

101113_12180001

旨そうでしょう

野菜は南瓜に人参、ジャガイモ、白いシャリシャリした食感の野菜、え~なんだっけ??それに、青菜にキクラゲなど、これらの野菜に椎茸と肉味噌の餡がかかっています、美味です、そしてこれまた思ったより見た目よりあっさり系です、ワタシ的にはもう少しガッツリ系でもヨカッタのですが、店の雰囲気も料理も女性向きかな、これは?

この頃には一人客が続々、カウンターは満席に、お一人は常連さんのようですがあとはワタシのお仲間のような感じも、、、4人連れが来られましたが、奥のテーブルの空きは予約のようでお待ちになりました、やはり繁盛していますね

デザートの「杏仁豆腐」で〆めます、

101113_12300001

さて、これにてお勘定です、ランチは1500円也、(他に飲茶のランチセットが1980円です)、もう少し安ければバンドメンバーともランチに来れそうですが、、、

京都七条本町の中華料理「にじょう」、また来ますね

|

« 残念ながら閉店した東三国の「トラベル食堂」が1日だけ谷町4丁目で復活。 | トップページ | 看板の“サルベージ(底)”という言葉に引っかかりました、京都駅前の「へんこつ」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、情報がとても充実しているサイトだと感じました。
ぜひオススメの商品・サービスに関連する広告バナーの掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『172』 、サイトURL『http://sakabakannkou.cocolog-nifty.com/blog/
※12/20までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

投稿: “My”アフィリエイトスカウト事務局 | 2010年12月 8日 (水) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。:

« 残念ながら閉店した東三国の「トラベル食堂」が1日だけ谷町4丁目で復活。 | トップページ | 看板の“サルベージ(底)”という言葉に引っかかりました、京都駅前の「へんこつ」。 »