« 日本酒充実の立ち飲みを発見、出張時に使えます、広島駅前の「角打 福本屋」。 | トップページ | 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 »

2010年12月 6日 (月)

残念ながら閉店した東三国の「トラベル食堂」が1日だけ谷町4丁目で復活。

【2010年11月12日(金)】

大阪 谷町4丁目 「1日だけのトラベル食堂」

たしか昨年2009年の12月にオープンしたはずです、2010年5月には我がFitbandのライブもやらせていただきましたが残念ながら事情により惜しまれながら7月末に閉店してしまった東三国の「トラベル食堂」、その主宰のMさんが新たに谷町辺りに拠点を設けられたようで、メルマガで「1日だけのトラベル食堂」の案内をいただきました。

はい、行きます!

ということで、定時に少し遅れて谷町4丁目駅を降りて会場を目指しますが、、、通りは合っているのですが目当てのビルが分かりましぇん古めのビルのようですので、もう一度じっくりと見て回ると、ありましたどうやらこのビルです、よかった、ではお邪魔しましょう、

会場はフローリングのリビング、ビルの6階なのですがお家の中のようなしつらえです、オーナーがお住まいになっていたのでしょうね。

すでに宴会は始まっております、

主宰のMさんに料理研究家のNさん、あとは初対面、もしくはご挨拶をしたことがない面々、でもフレンチのシェフにフランス在住のお姉さん、旅行会社の社長にメーカーの部長さん、もっと偉い人??と蒼々たるメンツ、酒場観光案内人程度では太刀打ちできません!!、、、というようなこともなく、ふわっと仲間に入れていただきます

この日のテーマは“土佐の食材”みたいな感じ、まずこれは「いとこ煮」ですね、これ好きです。

101112_19430001

「かに」、

101112_19430002

名前忘れましたが土佐から来たそうです、これを食べると寡黙になるという定番黙んまり状態になりました ワタシはうまくほじれないので1杯で終了

なにか??総菜2点、

101112_19440001

101112_19440002

そして、メインは「鰹のたたき」です、

101112_19440003

この日は“塩たたき”ということで、目の前のフライパンで見事なたたきに、これめっちゃ美味しかったです、“塩たたき”!イケますね

たこ焼きみたいに見えますが、「里芋の味噌かけ」、これも美味しい!

101112_20040001

「こんにゃくの田楽」、里芋の味噌とは少し味噌の味が違うようです、

101112_20310001

土佐次郎という小振りな玉子で「玉子かけご飯」、

101112_21280001

土佐次郎、めちゃ旨い、すごく甘みがあります、「旨いは甘い」ですね

と、ここまで結構いい加減に料理名を書いてきたところで(Mさん、スイマセン)、後日、Mさんからメールでメニュー内容が届きましたので、お知らせいたします、

●農家民宿でいただいたハヤト瓜の和え物

●いの町の道の駅で買った干し筍、干し椎茸、干し芋茎の胡麻油炒め煮

●食と農の研究所の有機栽培カボチャと小豆のいとこ煮

●戻り鰹の塩たたき 

●食と農研究所の、里芋のゆず味噌焼き 

●横畠でいただいたアマゴ味噌は、こんにゃく田楽に

●ツガニ(モクズカニ)塩茹 (とろとろのカニ味噌が絶品です)
*クール宅急便で取り寄せましたが元気いっぱい、大暴れ。ふ~、ひと騒動でしたわ。

●森流のツガニうどん 
*現地でいただいたのは蟹をすりつぶしていましたが、私は茹汁と蟹半身と出しのでる椎茸やかまぼこも加えました。

●土佐ジローの卵かけご飯

●デザートは 横畠のショウガを黒糖だけで煮たものをヨーグルトに添えて。横畠のお菓子の達人の抹茶ケーキも一緒に。

というのが今回のメニューでした、Mさん、ご馳走様でした差し入れに持参した「九平次」、皆さんに飲んでいただきました、概ね好評、ヨカッタ「1日だけのトラベル食堂」はこれからも予定があるそうです、またよろしくお願いします

|

« 日本酒充実の立ち飲みを発見、出張時に使えます、広島駅前の「角打 福本屋」。 | トップページ | 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 »

大阪東部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念ながら閉店した東三国の「トラベル食堂」が1日だけ谷町4丁目で復活。:

« 日本酒充実の立ち飲みを発見、出張時に使えます、広島駅前の「角打 福本屋」。 | トップページ | 京都七条の「にじょう」でランチ、洗練された中華料理です。 »