« 彷徨った果てに辿り着いたのはとても良いお店でした、天神橋一丁目の「酒や肴 よしむら」。 | トップページ | あまり行った事のない法善寺横町で一杯、「上かん屋 久佐久」。 »

2010年12月16日 (木)

芦屋に焼きそばの美味い店がある!?という情報をキャッチ、行ってみましょう、「幸味」。

【2010年11月21日(日)】

兵庫県 芦屋 お好み焼き「幸味」

この日は日曜日ですが、先週に引き続き芦屋の夕食ネタです、

というのも、先週行った焼き鳥「i-shi」の近くに美味しい焼きそばの店があるという情報をキャッチならば今週も行きますか、という事になった次第でございます。

18時過ぎ、今回もまた阪神芦屋駅から歩いて7~8分の距離にある店です、県立芦屋高校のすぐ北側にあるお店です、お好み焼き屋さん・・・ということでよいでしょう、「幸味」(“ゆきみ”と読むようです)。

ドアを押して開けると、右手に鉄板のあるカウンターにお10席ほど、左手のスペースは結構広いです、鉄板のない普通のテーブルが5つほどあります、明るい店内です、この日は地元の?先輩たち男女が8人ほど、ワタシ達より少し前に入店されたところのようでまだ料理オーダーの最中です、2人であることを告げると、明るい声で「カウンターでもテーブルでも」とのこと、では奥の方のテーブル席にいきましょう。

生ビールはないとのことで、アサヒの中瓶530円也を注文(ワタシレベルではちょっと高い)、料理はメニューを見せてもらいましょう、

101121_18200001kai

メニュー最初には“焼きそば”群が記されています、評判通り“焼きそば”が売りなのでしょうか?続いて“お好み焼き”、“鉄板焼き”と続きます、焼きそばが目当てですがまずは鉄板焼きから行きましょうよね、結構なお値段がしますね、一品1000円くらいです、まずは「イカ」1000円也と「きも・ずり」900円也というメニューをお願いします。

お好み焼き屋の「鉄板焼きメニュー」というと、お好み焼き・焼きそばの前菜という意味合いが強く、コストに見合わない品が多い、というイメージなのですが、とはいえいきなりお好み焼きに行くのもなんとなく大人気ない(んなことはないですが)、という微妙な心の機微を突かれるメニューなのです、、、

来ました、「イカ」と「きも・ずり」の2品が一気に来ました、

101121_18260001

101121_18270001

おお、予想外の外観です、おつまみ程度の鉄板焼きを予想していたのですが、どうですかこの壮観な鉄板、たっぷりのキャベツの上にイカやきも・ずりがこれまたたっぷり乗っています、これなら価格的にも納得ですが、なによりこのボリューム感が醸し出す幸福感がうれしです

イカもきも・ずりも普通ですが細かく刻まれたキャベツがポン酢のタレと相性が良く美味しいです、これでビールを飲み、ワタシは途中から日本酒をグラスでいただきます、

しかし、鉄板焼きが思いの外ボリューム満点ですので、この後、焼きそばとお好み焼きを頼もうという計画に暗雲が

「食べれるかな」

「う~ん、とりあえず焼きそばを一つだけ頼もうか」

ということで、焼きそばを一品だけ頼むことにしました、ちゃんぽん焼きそばという“具全部入り”もあるのですが、ここは基本の「豚焼きそば」にします。

101121_18500001

来ました

見た目は普通ですね、お姉さんがお好みでと“どろソース”も置いていただきます、まずはそのままいただきましょう、

うん、美味しいですねなんかインパクトあります、これに“どろソース”をかけると一層インパクトが出ます、旨いどろソースの辛味で汗がでます、二人であっというまに完食です

「まだいけるかなあ」

「まだいける」

ということで、次はお好み焼きの予定だったのですが、なんか次も焼きそばが食べたい気分になりました、メニューから「オムそば」をチョイス、

101121_19090001

これもまたボリューム満点で幸せな気持ちにしてくれます梃子で切り分けて“どろソース”をかけていただきます、これも美味しいですねえ、焼きそばが売りなのも納得です

さすがにこれで二人とも満腹です、これでお勘定にしましょう、5170円也、

この日はお好み焼きを食べませんでした、
次はぜひお好み焼きを、芦屋の「幸味」、また来ますね

|

« 彷徨った果てに辿り着いたのはとても良いお店でした、天神橋一丁目の「酒や肴 よしむら」。 | トップページ | あまり行った事のない法善寺横町で一杯、「上かん屋 久佐久」。 »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋に焼きそばの美味い店がある!?という情報をキャッチ、行ってみましょう、「幸味」。:

« 彷徨った果てに辿り着いたのはとても良いお店でした、天神橋一丁目の「酒や肴 よしむら」。 | トップページ | あまり行った事のない法善寺横町で一杯、「上かん屋 久佐久」。 »