« なぜか寒くなると行きたくなる、阪神出屋敷の「丹波屋」。 | トップページ | 場所も渋いですが店も渋いです、満寿寺通り高倉東入ルの「かき谷」。 »

2010年12月30日 (木)

同窓生ライブに来てくれたRさん、吹田で立ち飲み「ままや」をやっている、との事なので訪問です^^)

【2010年12月10日(金)】

大阪 吹田 「ままや」

12月4日(土)に京都七条サカタニで行った高校同窓生ライブで久しぶりに会った同級生Rさんが吹田で立ち飲みをやっているとのこと、そりゃ行かねばなりますまいということで、週末の金曜日に目指すことにしました。

JR吹田駅で降ります、

この駅に降りるのは久しぶりです、駅前は記憶とは全く違います、変わっていますねえ、大きなビルが林立していますが、そのビルの一つの地下にあるのが立ち飲みの「ままや」です。

このビルの地下には飲食店がたくさん入っていますが、「ままや」はその中央にドーンとありました文字通り地下街の真ん中にあり、三方がオープンになっている珍しいお店です、他ではこんな例は、、、思い付かないですね。

こんな感じです、

101210_19330001

101210_19590001

101210_20000001

はい、店をぐるっと回ってみましたが結構混んでいますね、
でも、ちょっと隙間があった真ん中の写真右側へ潜り込みました

店内はすべて立ち飲みカウンター、全体としては大きなコの字カウンターなのです、途中で途切れたり柱があったりして4つのパーツに分割されています。

時間は19時過ぎ、9分の入りです、写真の通り暖簾の下に客の下半身がズラリ、なんとも壮観です

カウンターの中には比較的若いお兄さんが3人ほどでお客さん対応、他に女子1名、そしておじさんが二人、おじさんて言ってもワタシと同じくらい、店長かな?ワタシの同級生は見当たりません、この日は残念ながらいないようですね、

とりあえず、芋焼酎のお湯割り180円也をお願いします、そして肴はこれもとりあえずの「きずし」にします、

101210_19350001

客層は幅広いですね、もちろんおじさん達が多いのですが、学生さんらしき若者も多いです、この辺りも大学が多いですからね、聞くところによるとこの店は関西大学の軽音楽部と繋がりがあるとのこと、若い店員さんもそうなのでしょうか?(確かではないので間違ってたらごめんなさい)

そういうとそれでか、BGMは拓郎の初期アルバムがまるまるかかっていましたこれは好感

さらに肴を頼みます、“名物”と銘打っている「イカ味噌」180円也なるメニューが気になったので頼んでみます、

あは、見た目はどうやら“イカの塩辛”のようですね、

101210_19440001

と、食べてみたらこれが微妙に塩辛とは違います確かになにかどこかで食べたことのある“味噌”らしき味がします、なんだろうこの味は??と、食べながら熟考 あ、これは焼き肉のタレ、そう、“上ミノ”なんかに付いているタレの味ではないかな
“塩辛”とは一味違う肴でしたね、

さて、この日はすでに梅田で一杯飲んできていますし、この後は京都へ飲みに行く予定です、なんでここは一杯でお勘定にします、630円也、安いですね、

JR吹田駅近くのビルのB1F、「ままや」、また来ますね

|

« なぜか寒くなると行きたくなる、阪神出屋敷の「丹波屋」。 | トップページ | 場所も渋いですが店も渋いです、満寿寺通り高倉東入ルの「かき谷」。 »

大阪十三西中島淡路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓生ライブに来てくれたRさん、吹田で立ち飲み「ままや」をやっている、との事なので訪問です^^):

« なぜか寒くなると行きたくなる、阪神出屋敷の「丹波屋」。 | トップページ | 場所も渋いですが店も渋いです、満寿寺通り高倉東入ルの「かき谷」。 »