« やっと行きました、塩小路高倉の「山本まんぼ」、楽しかった!! | トップページ | こちらも前から気になっていました、古い建物ですね、西木屋町の「れんこんや」。 »

2010年11月29日 (月)

さりげなくひっそりと六角通りに佇んでました、懐かしい居酒屋「樽」。

【2010年10月5日(金)】

京都 河原町六角 「樽」

2010年6月6日(日)にうちのバンドでライブをやりました、

会場は河原町六角東入にあるライブハウス「ブラックボックス」、メンバーに高校の1学年上の先輩がおられる“めいび~ず”さんからのお誘いでした、その時にこのお店に気付きました、ずいぶん前からあったような気がしますが、入店したことがなかったのでそのうちにと狙っておりましたこの日は京都で仕事終わりだったので行くことにしました。

京都の河原町六角東入る南側の「樽」です、

時間は18時過ぎ頃、この時期はもう外は真っ暗ですが、「樽」の前は電飾立て看板に提灯、そして上には大きな看板と明るく路地を照らしています、暖簾越しに中を覗くと空いています、ではでは、すっと入りましょう。

101105_18110001

101105_18100001

明るくて綺麗な店内です、左手には白木の立派なカウンターには10席ほど、右手には4人掛けのテーブル席が3つあります、カウンターの中には大将とお姐さん、先客はカウンターにお一人とテーブル席に2人連れが1組だけです。

どこへでも、という感じでしたので入り口近くのカウンターに着いてとりあえずの生ビール510円也をお願いします、お酒はお姐さんの担当ですね。

結構古いお店かと思いますが店内は綺麗ですね、

白木のカウンターは分厚くて立派ですね、カウンターの前の壁や棚にはメニューがずらりと並んでいます、それでも均整がとれていて店内の秩序は保たれています、何となく静かな雰囲気です、奥の壁にTVが置かれているのはご愛敬ということで

101105_18260001kai

料理は刺身に焼き物、揚げ物(とくに天ぷら)、一品ものにおでんと一通り揃っています、短冊メニューで目に付いた「あじ南蛮漬け」450円也をお願いします、この時もまだ右手親指亀裂骨折の添え木は付けていますので、治りが早いようにカルシウム補給です奥に板前さんがおられるようでお姐さんが注文を奥に伝えられます。

101105_18190001

旨い!ちゃんとしたお料理です、中くらいのあじが2匹とボリュームたっぷりの南蛮漬け、こりゃ食べ応えがありますよ

まだ、「あじの南蛮漬け」はありますがビールがなくなったので日本酒を熱燗でお願いします、キンシ正宗350円也です、あ姐さんから、

「銚子で?コップで?」

と、声が掛かりました、こう聞かれると勢い「コップで!!」と答えてしまいますね

101105_18350001

ガラスの普通のコップを想像していたらこんな器に熱燗入って出てきました、残念ながら量は少ないですが美味しいですね、こういう店でこういう器でいただけば、お酒がまずいはずがありません。

せっかくですからもう1品頼みましょう
あれこれ迷った末に「はもの天ぷら」680円也をお願いします、もうシーズンではないでしょうが美味しそうです、

101105_18380001

はい、美味しい天ぷらです、これでお酒を最後までいただきます。

さて、これでお勘定は〆て、1990円也、
威風堂々、というわけではないですが、昔ながらの良い居酒屋の雰囲気が素のままの残っている良いお店ですね。

京都 河原町六角東入るの酒場「樽」、また来ますね

 

|

« やっと行きました、塩小路高倉の「山本まんぼ」、楽しかった!! | トップページ | こちらも前から気になっていました、古い建物ですね、西木屋町の「れんこんや」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さりげなくひっそりと六角通りに佇んでました、懐かしい居酒屋「樽」。:

« やっと行きました、塩小路高倉の「山本まんぼ」、楽しかった!! | トップページ | こちらも前から気になっていました、古い建物ですね、西木屋町の「れんこんや」。 »