« 初めての千林探訪、「近江屋」の後は「丹倉」です。 | トップページ | 「ちょっと2杯だけ」の実践も駅前ビル「たよし」で行うべし!そして「マルコ酒店」。 »

2010年11月 6日 (土)

「ちょっと一杯だけ」に関する考察は、駅前第2ビルの「たよし」で行うべし。

【2010年10月14日(木)】

大阪 駅前第2ビルB2F 「たよし」

「ちょっと一杯だけ」
誘い誘われる時によく使う言葉ですが、この「一杯だけ」というのが結構難しい、

ほんとに気持ちとしては一杯だけのつもりでも、そうはいかない場合が多い、二人以上で行く場合はまず一杯で済むことはなく「ちょっと一杯」の実践はあきらめなければなりません

一人で行く場合はこれはもう本人の自制力に一切のことが掛かってくるわけですが、これもまた難しい、「一杯だけ」というのが如何に難しいか、「コップ一杯」だけならなんとかなるかもしれない、行きずりの人にいきなりコップを突きつけられ「一杯だけ」なんて言われたらそれはそれで「一杯だけ」飲んでその場を立ち去ることは出来そうです(こんなことは滅多にありませんが)、

が、生ビールをジョッキー一杯なり日本酒をお銚子を一本だけ飲んで切り上げるのがなんと難しいことか、大酒を飲みたいわけではありませんが、生ビールジョッキーの最初の一杯目というのはゴクゴクと一気に飲みたいものであります、一気でなくても相当早いペースで飲んでしまうものです、それが、、、これが最後の一杯でもあるとすると、店に入った途端にけじめの付け方を考えながら、ペース配分を考えながら飲まなければいけない、という非常に高度な状況判断と決断を迫られるわけです、これはとてもプレッシャーで、もう飲んでる心地もしない、という大矛盾を抱えてしまいかねないのです。

でも、2杯目も飲めるとなるとこれは随分と気持ちに余裕がでる、そう一杯目を飲み干してももう一杯飲めるのです、その瞬間の気持ちを想像してみてください、こんな幸せな事が他にあるでしょうか!!(まあ、あるでしょうが・・・)、ともかく一杯目を心おきなく飲める、となると2杯目へと繋げていく算段をする心の余裕が出てくる、肴の注文も選択肢がひろがる、空になった一杯目のグラスを余裕を持って哀愁のまなざしで見送れる、といった好循環を生み出すのです

そう、飲むなら2杯目まで行くべき!2杯目まで飲みたい!2杯目を飲んでこそ「飲み」が成立する!!

今度から、軽く、ほんのちょっと飲みたいときは『ちょっと2杯だけ飲んで帰りませんか?』と誘いましょう、きっと良い感じで「ちょっとだけ飲み」ができますよ

という長い前置きになりましたが、、、
これは、、、本日の記事が短いのをカバーしようと無理やり書いたのです

この日は、まっすぐ帰るつもりで会社を出たのですが、つい、駅前第2ビルB2Fの「たよし」に入ってしまいました、「一杯だけ」ね、帰ってからやらなきゃいけないこともあるのでね、

101014_19210001kai

生ビール290円也と「鮭の白子ポン酢」130円也、

101014_19200001_2

一杯だけと決めていますが、もう少し肴も欲しい、と「いか玉」100円也を注文、

101014_19260001

と、今度はビールが足りなくなりそうです仕方なく飲む速度を極端に落として、「いか玉」はかなりのスピードで喰らう、で、なんとか帳尻を合わせて飲み終え食べ終えました

が、なんとなくこれはココロに良くないなあ、ストレスが逆に増えたような気もします、

お代わりかと思ってお兄さんが聞いてくれましたが、これにてお勘定、お兄さんが一瞬悲しそうな顔をしましたそう一杯で帰るなんてお兄さんも悲しいんだよね、ワタシも悲しいです

〆て520円也、めちゃ安ううい「たよし」、また来ますね

そして、これからは「ちょっと2杯飲んで」帰ろうと心に誓ったのです

|

« 初めての千林探訪、「近江屋」の後は「丹倉」です。 | トップページ | 「ちょっと2杯だけ」の実践も駅前ビル「たよし」で行うべし!そして「マルコ酒店」。 »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっと一杯だけ」に関する考察は、駅前第2ビルの「たよし」で行うべし。:

« 初めての千林探訪、「近江屋」の後は「丹倉」です。 | トップページ | 「ちょっと2杯だけ」の実践も駅前ビル「たよし」で行うべし!そして「マルコ酒店」。 »