« 30年前の記憶とは違いますが、、、美味しい焼き鳥が食せました、寺田町ガード下の「南国」。 | トップページ | 堀切菖蒲園、「き楽」の次は「小島屋」、久し振りに下町情緒に浸りました。 »

2010年10月28日 (木)

久し振りの東京、そしてこれまた久し振りの堀切菖蒲園、まずは「き楽」。

【2010年10月8日(金)】

東京 堀切菖蒲園 「き楽」

この日は午前11時から東京本社で打ち合わせですwink

お昼は久しぶりに築地の「ふじむら」へ、相変わらず上等なランチを出されています、ワタシは「刺身定食」、刺身5種盛りです、はい美味しいですshine同行のMsさんは「豚の角煮定食」、『珍しいですね、東京でこんな美味しい料理は、味がしっかりしていて、ここは良いですな』と気に入っていただけましたよhappy01

築地の「ふじむら」、また来ますねheart04

夕刻に業務終了、

茅場町のホテルにチェックインして、さて今日は葛飾の堀切菖蒲園を目指すことにします、堀切菖蒲園は以前に一度探訪しています、「のんき」で上質のモツ焼きをいただいたのですが、他にも良さそうな酒場が何軒かあります、そのうちに再訪をと考えていたのですが残念ながら関西へ転勤、ついに行きそびれました、なので今日は久しぶりの堀切菖蒲園探訪ですgood

で、張り切ってホテルを出ようとしたのですが、、、

あれ??堀切菖蒲園ってここ(茅場町)からどうして行くんだっけ?1年もすると結構東京のことを忘れています、うーん、都営浅草線から京成押上線で青砥まで出るかな、とか考えながらホテルのPCで乗換案内を検索すると一番安くて早いのが大手町から千代田線、町屋駅で京成本線に乗り換えのルート、なるほどねflair千代田線は駅数が少なく早いですからね、それに料金は330円也、安う、関西でこれだけの距離を地下鉄私鉄と乗り継いだら軽く400円以上はかかります、これで行きましょう。

途中、町屋駅乗換で「ときわ食堂」にも惹かれながらもhappy02無事、堀切菖蒲園に到着、お目当ては2軒あって先にどちらへ行こうか決めていなかったのですが、改札を出たところの信号が青に変わったのでついフラフラと渡ります、そして1本目の路地を覗くと、、、あらら、もう見つかりました、「き楽」です、ではまずはこちらから入ってみましょう。
(「き楽」の“き”は漢字の七を三つ重ねる字ですが手書きパットでも出てこないので、ひらがなで代用させていただきます)

101008_16460002

早い時間ですがすでに地元の常連さん4人組が盛り上がっています、相当メートル上がっていますねhappy01(この慣用句の語源が知りたい)、

縦棒が3席ほど、横棒がそれぞれ10席ほどありそうな横長コの字カウンターには一人客がお二人、小さめのテーブル席が4つほど、ここに先ほどの4人組さんが、そして小上がりにも5つほどテーブル、と、わりと広い店内ですね、カウンターに大将が、調理場にももう一人大将がいらっしゃいますね、

初見の客はちょっと珍しいような感じでしたが、一人客をアピールするどうぞとのことでカウンターへ、小さな椅子には小さな座布団が付いています、可愛いhappy01

101008_17120001

とりあえず定番のハイボール(もちろん焼酎ハイボール)をお願いします、ここのハイボールはまずコップにソーダを1本まるまる入れて後から一升瓶に入った焼酎+エキスを入れるやり方です、この作り方だと濃度は一定になりますね、氷は入らない正道、ソーダの瓶はそのままカウンターの残します、これで何杯飲んだかを勘定するようです。

101008_16520002

料理は刺身から揚げ物まであります、一品もののメニューは少な目ですか、まずは目に付いた「まぐろぶつ」400円也を注文します、と、まずお通しが出ました、イカですかね、

101008_16520001

そして「まぐろぶつ」、

101008_16510001

はい、東京はまぐろが旨いですね、ここもまた間違いのないまぐろ、しっかり味のあるまぐろです、満足。

一杯目のハイボールはすっと入ってしまいますので、すぐにお代わりします、TVでは漣ほう議員の国会議事堂での写真撮影問題を自民党議員が追求sign02でも、、、そんなことに目くじらたてずに議員の本業の立法作業をしてくださいな、国民のためにやることいっぱいあるでしょう、自民党って下野したとたんに品格がなくなりましたねheart03もともとなかったのかsweat01

先ほどの4人組のボルテージは一層アップ、大先輩ばかりですがお元気でなにより、女性がとくにお元気ですなhappy01

カウンターの一人客からもおもしろい話が聞こえてきます、病気話ですが明るい口調、聞いているとたまに目が合うので、ワタシも目で相槌を打ちますwink

さて、もう一品と先程から迷っているのですがなかなか決まらない、ウインナーやトンカツ、ハムカツなどのメニューについつい目がいってしまいます、ハイボールのせいか、、、

で、ついに思い切って「トンカツ」400円也を発注、やってもたcoldsweats02

101008_17190001

と、これが結構大きめのトンカツ、衣もいっぱい、こりゃヤバそうsweat02ですがもちろん完食、これはそうとうカロリーオーバーだね、でもトンカツは旨いですlovely

これでお勘定、〆て1340円也、ハイボールは1杯270円也ということですね、

しっかり地元に根付いている堀切菖蒲園の「き楽」、また来ますねheart04

|

« 30年前の記憶とは違いますが、、、美味しい焼き鳥が食せました、寺田町ガード下の「南国」。 | トップページ | 堀切菖蒲園、「き楽」の次は「小島屋」、久し振りに下町情緒に浸りました。 »

葛飾区(立石四つ木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/37353454

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの東京、そしてこれまた久し振りの堀切菖蒲園、まずは「き楽」。:

« 30年前の記憶とは違いますが、、、美味しい焼き鳥が食せました、寺田町ガード下の「南国」。 | トップページ | 堀切菖蒲園、「き楽」の次は「小島屋」、久し振りに下町情緒に浸りました。 »