« 懐かしい街、大阪の寺田町、まずは大衆酒場「千石」です。 | トップページ | 久し振りの東京、そしてこれまた久し振りの堀切菖蒲園、まずは「き楽」。 »

2010年10月26日 (火)

30年前の記憶とは違いますが、、、美味しい焼き鳥が食せました、寺田町ガード下の「南国」。

【2010年10月7日(木)】

大阪 寺田町 「南国」

“ゴクゴク”繋がりの2軒目です、

さて、「千石」で2杯ほど飲んだ後です、

2軒目にここへ行くのを楽しみにしていました、「大黒」寺田町店、大阪に何軒かある「大黒」ですが、海鮮系に強くどこのお店に行ってもハズレはありません、ので未訪問の寺田町店にもいつか来てみようと勇んでガードをくぐって「千石」とは駅の反対側にあるはずの「大黒」を目指しました、が、、、

あれ!?閉まっています、お店はちゃんとあるのですが閉まっていますsweat01定休日という風情でもありません、札も出ていないし・・・うーん、なにかの事情でお休みしているような感じですね、残念ですheart03

では、気を取り直して別の店にチャレンジしてみましょう、

昨日の記事に書いたとおり、30年ほど前は寺田町によく来ました、そのころガード下の2階のあるお店で飲んだかすかな記憶があります、今もあるのか?と、探してみることに、、、JRのガード沿いを南の方へ歩いてみます、がワタシの頭の中の昔のイメージのような風景はないですね、あの店はガード下ではなかったのかな?まあ30年も前のことですから記憶もあやふや、それに街も変わりますからね、

それでも、ガード下周辺に何軒か飲み屋があります、ちょっと行ったり来たりして、やきとり・合鴨の看板が上がっている「南国」に入ってみることにします、ドキドキlovely

101007_20090001

詰めればなんとか10人ほど座れそうな小さなL字カウンターだけの小さなお店です、2階もあるのかもしれません、カウンターの中には大将が一人、炭火を調整されています、先客は男性一人客と女性3人連れ、女性だけでも入れるのだから大丈夫でしょう、

基本焼き鳥のお店ですが、メニューには“合鴨”の文字も目立ちます、なかなか美味しそうな予感のするお店です、
飲み物は“芋焼酎水割り”をお願いして、同時に焼き物もお願いします、なんか“合鴨”にこだわりがあるようですので「合鴨さんかく」2本400円也と、「合鴨つくね」2本350円也をお願いします。

と、突き出しが出てきました、玉子サラダ、

101007_20120001

ゴロゴロした大きめの具にコンビーフかな?が入っている好きな味の「玉子サラダ」です、

101007_20180001

まずは「合鴨さんかく」が来ました、普通に美味しいです、合鴨独特の?風味かどうかは、、、不明coldsweats01

101007_20220001

「合鴨つくね」、これは美味しいですねえheart02コリコリとした触感、ボリュームもあり食べ応えあります、これはお得メニューですね、

この頃、お母さん?が登場happy01いつもはこのお二人でやっておられるのでしょうか?

なかなか美味しい!気に入りましたのでもう一品頼みましょう、そう“芋焼酎”もお代わりですね、で、串は定番の合鴨版「合鴨ネギ身」2本270円也を注文します、

101007_20470001

はい、これも美味しいですねheart01合鴨の味かどうかは分かりませんが、濃厚な肉と葱が合いますshine

これはなかなか美味しい焼き鳥屋ですね、入って正解ですgood
〆て2070円也とやや高めですが、間違いのない焼き鳥が食せそうです、

寺田町の焼き鳥「南国」、また来ますねheart04

そうそう、偶然ですが今回探訪した寺田町の酒場3店、

「千石」→「大黒」→「南国」、

それぞれ字は違いますが“韻”を踏んでますね、

“GOKU”→“KOKU”→“GOKU”beer

いかにも飲めそうな韻でございますhappy02

|

« 懐かしい街、大阪の寺田町、まずは大衆酒場「千石」です。 | トップページ | 久し振りの東京、そしてこれまた久し振りの堀切菖蒲園、まずは「き楽」。 »

大阪玉造鶴橋周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/37352982

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の記憶とは違いますが、、、美味しい焼き鳥が食せました、寺田町ガード下の「南国」。:

« 懐かしい街、大阪の寺田町、まずは大衆酒場「千石」です。 | トップページ | 久し振りの東京、そしてこれまた久し振りの堀切菖蒲園、まずは「き楽」。 »