« 下北沢から三軒茶屋を目指す、目的はモツ焼きの「久仁」(くに)です。 | トップページ | この日は珍しくイメージが沸かず、こういう日はぶらっと行ってみましょう、1ビルの「和」。 »

2010年9月13日 (月)

昼食ネタです、北新地に出来た串カツ「だるま」の“ソースカツ丼”。

【2010年8月23日(月)】

大阪 北新地 「だるま」 昼食:ソースカツ丼

あの串カツの「だるま」が北新地にお店を出したんですね、

こちらのBlogで読んだのでさっそく行ってみました、我ながらミーハーですなあ

北新地の何通りって言うんでしょうか?国道2号線に近い通りにありました、「だるま北新地点」、いまや大阪のソウルフード代表の一角“串カツ”、東京の人が『ジャンジャン横丁の八重勝行きたいなあ』なんていう時代ですからね、北新地に「だるま」があってもまったく違和感ないですな

良いのかどうかは別にして、、、

100823_11570001

12時前に入りました、真新しい店内はカウンターとテーブル席でだいぶ広いですね、先客は1組、カップルがすでに食事中です、
が、、、まだ営業シフトに入っていないのか?開店早々で慣れていないのか?皆さん仕込みや何かに熱中されていて気付いていただけません、こういうの、ホント間が悪いですよね、

仕方なくこちらから発声スイマセーーーン!

はい、無事カウンターに着きます

ランチメニューは「カツ定食」みたいなのと、「ソースカツ丼」780円也の2種類のようです、ここはBlogで読んだ「ソースカツ丼」に決めていましたので、即注文します。

出てきたのはこんな感じ、

100823_12070001

“串カツ”ではなく“トンカツ”の丼ですね、
たまねぎとご飯とソース、その上にトンカツ、そして葱と温泉玉子、クー、見た目、メチャ旨そうです

では、いただきます!

はい、トンカツは美味しいし、たまねぎの相性も良い、こういう感じは久し振りなので一気にガッツリといただきました

でも、、、ひとつ、葱が残念でした、これって市販の“きざみ葱”(刻んで売ってあるやつ)ですかね??

ラーメンなどの汁に入る分には良いでしょうが、この丼にそのまま乗っても“葱”の薬味感がでません、なんかパサパサで味気ないです、手間は掛かるでしょうが、出来れば葱は生で仕入れてその日に刻んで欲しかったです

|

« 下北沢から三軒茶屋を目指す、目的はモツ焼きの「久仁」(くに)です。 | トップページ | この日は珍しくイメージが沸かず、こういう日はぶらっと行ってみましょう、1ビルの「和」。 »

大阪梅田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食ネタです、北新地に出来た串カツ「だるま」の“ソースカツ丼”。:

« 下北沢から三軒茶屋を目指す、目的はモツ焼きの「久仁」(くに)です。 | トップページ | この日は珍しくイメージが沸かず、こういう日はぶらっと行ってみましょう、1ビルの「和」。 »