« 東京のなつやすみ、吉祥寺「いせや」 → 月島でもんじゃ「おしお」 → 門前仲町「魚三酒場」。 | トップページ | ほんとに1年振り、八広の「丸好酒場」、ハイボールが胸に沁みます。 »

2010年8月14日 (土)

久し振りのJR天満駅側から攻めてみます、「肴や」から「奴寿司」へ。

【2010年7月19日(日)】

大阪 天満 「肴や」 → 「奴寿司」

この日はちょっと忙しいですよ、

前日の東京での夏休みの後、午前中に京都へ移動
で、バンド練習をこなして、夕方18時過ぎには、、、
久し振り、大阪の天満駅着です

久し振りやなあ、天満、このところ中崎側では飲んでましたが、こちら側(天満駅側)で飲むのは半年振りくらいと違うかな、

どこへ行きましょうか?「銀座屋」は開いていますね、久し振りにどう?

と、同行者が「肴や」とのリクエスト、
なるほど良いですねえ、日曜日ですが開いてますかねえ、と立ち呑みストリートを奥に入っていきます、「但馬屋」や「地さかなや」も開いていますが、やはり日曜日は休みの店が多いですね。

でも、やってるかな??、、
お、「肴や」は開いています、ラッキーと引き戸を引くと左手のテーブル席が一つ空いています、これまたラッキーです

もちろん、生ビール390円也で乾杯して、肴は、、、

「にんにく芽とイカ」、旨!
やっぱりこの店は料理がしっかりしているんですよね

100718_1819

「刺身盛り合わせ」750円也、

100718_18220001

マグロによこわ、蛸、かんぱちにきずし、これは単品よりお得な感じですね、

ここらで早くも芋焼酎の水割りに切り替えて、「ゴーヤのマロニーサラダ」、

100718_18370001

そして、メニューのネーミングにやられたのが「薄揚げのピザ」、

100718_18390001

薄揚げにチーズを載せて焼いたもんですが、、、
これが結構イケます、シンプルで変わった食感、バランスは今ひとつかもしれませんが、チーズが美味しいです

最後に味違いが欲しくなり「甘鯛の塩焼き」750円也、

100718_1921

小振りですが、美味しいですよね、甘鯛、
梅香の「金生」の超大型の甘鯛とは違いますが、これも美味しいですよ、隅から隅までいただきます。

はい、これでお勘定、4660円也、
料理がしっかり美味しい「肴や」さん、
この日もずっと満員状態でしたね、繁盛で何より、また来ますね

で、ちょっと寿司が摘みたくて、寿司屋を何軒か回りますが、どこも混んでいますね、

結局、天五中崎商店街の「奴寿司」へ、
もうあまりネタがなかったのですが、適当に蒸し穴子、鰻、キス、うに、ミル貝、そして赤身など(赤身はネタが足らなかったのでマケていただきました)、

100718_19540001

100718_19590001

100718_20000001

100718_20010001

100718_20070001

100718_20130001

ふつうに美味しかったです瓶ビールを飲んで2200円也は納得ですよね、

他の客さんは「お任せコース」にしていたようです、
ここは今度はお任せコースが良いかもしれませんね

さて、ここまで来たら腹ごなしに梅田まで歩いて帰りましょうか、
天満、イイとこですねえ、また来ますね

|

« 東京のなつやすみ、吉祥寺「いせや」 → 月島でもんじゃ「おしお」 → 門前仲町「魚三酒場」。 | トップページ | ほんとに1年振り、八広の「丸好酒場」、ハイボールが胸に沁みます。 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのJR天満駅側から攻めてみます、「肴や」から「奴寿司」へ。:

« 東京のなつやすみ、吉祥寺「いせや」 → 月島でもんじゃ「おしお」 → 門前仲町「魚三酒場」。 | トップページ | ほんとに1年振り、八広の「丸好酒場」、ハイボールが胸に沁みます。 »