« 大阪北浜、ビジネス街ですがなかなか良い店がありますね、立ち呑み「ひさまつ」。 | トップページ | なぎらさんと斉藤哲夫さんのライブ前に、「魚三酒場高橋店」♪ »

2010年8月10日 (火)

今年の東京はホントに暑い、こりゃ飲むしかないでしょう^^) 浜松町の「秋田屋」。

【2010年7月16日(金)】

東京 浜松町(大門) モツ焼き「秋田屋」

この日は夏休み1日目の東京、
でも、仕事が入ったので出張になったんですけどね、
とにかく、この日は予定通り夕呑みです

おっと、その前に昼食は築地の「魚竹」でした、ここも久し振りです

100716_12350001

焼き魚(時鮭)の定食に玉子焼きをプラスで1200円也、

100716_12150001

100716_12130001

鮭は珍しく大振りでしたが、相変わらずのクオリティをちゃんとキープ、
玉子焼きも好きな味、美味しい、ご飯も美味しい、みそ汁も漬物も文句なし、

いやーー、文句なし!ホントに良いお店です

そして夕刻、目指したのは、ここ浜松町の「秋田屋」さん

100716_15300001kai

このお店、実はまだ記事にしていないですね、
気になっていたのでお邪魔することにしました。



といっても入店は初めてではありません、

東京に転勤して間もなく、偶然通りかかった「秋田屋」の外観に魅かれて入店しました、おそらく“焼きトン”を初めて食したのは「秋田屋」ではないかな、焼き鳥かと思いきや豚肉の串、それも結構レアな焼き方に少々引いたのを思い出します

当然ながら、まだBlogに記事を書くほどの酒場リテラシーもなく、記事にしていないようです。

その後も浜松町のビルでのプレゼン終わりに、スタッフと一緒に打ち上げで入ったりもしましたね、この時も記事にはしていませんね、

ということで、初レポートの「秋田屋」さんです、

平日の開店は15時30分、
灼熱の東京でオアシスを求める旅人がすでに列を作っています、
アラー、平日なのに皆さんがんばってますね
開店まであと数分です、ワタシも並びます、だってワタシもオアシス求めてますから

ちょっと皆を待たせて、定刻少し過ぎにオープン、
続々とお客さんが入ります、
店員さんの「お一人さんはカウンターに」の声にカウンターに着きます。

「秋田屋」は数年前に改装していますよね、前より少し狭くなったような印象です、そうでもないかな?
あっという間に1階は8分の入り、ワタシがお勘定をして出る時にはお待ちの列が出来ていましたから凄い人気ですね。

この日は軽く30度以上あると思われる真夏日

迷うことなく生ビールを注文、そして一人一本限定の“たたき”220円也をお願いします、そして目の前のなべにあった“煮込み豆腐”450円也も追加で注文します。
この鍋には煮込みと豆腐が入っており、そのすくい方で“煮込み”か“煮込み豆腐”になるようですね。

100716_15560001kai

カウンターにはほぼ同時に入店したご同輩の方々、
ほぼ全員がこのメニューでスタートされていますね

100716_15360001

さて、まずは“たたき”、

これはナンコツ部分か何かをつくね状にしたものですね、うん、美味しいですね、ビールにも酒にも合います、さすが限定メニューです。

100716_15350001

そして“煮込み豆腐”、

白味噌系で味のバランスが良いです、今回は“煮込み豆腐”にしましたが、これなら“煮込み”だけでも、しつこくなく美味しくいただけそうです。

右隣さんは早くも“たたき”と“煮込み豆腐”をクリアして、日本酒に切り替えられています、常温もあるようですが、ここでは「高清水」の冷酒というのが多いようです、冷蔵ケースに入った小瓶からつがれています、

ワタシもこのところのコースはビール→日本酒ですので検討しますが、、、

この日はこの後ライブ参戦(「なぎら健壱のフォーク夜話~ゲスト:斉藤哲夫」)の予定です、日本酒を飲むとライブで寝てしまいそうです、ここは自重して焼酎にしようかな?
でも、、焼酎もないようで、、結局“キリンレモンハイ”にします(珍しい)。

そして、やはりモツ焼きを頼まないとね、
ここの串は大振りです、1本180円也、メニューでは2本360円也となっていますが、3本以上ならネタ1本単位でも注文できます、ただし!塩タレの種類はどちらかにしないといけないようです、

ワタシは、「カシラ」「なんこつ」「ガツ」を1本づつタレ焼きでお願いしました。

100716_15510001

やはり大きめですね、ガッツリ系のモツ焼き、

これならまあ180円もやや納得感ありですか、初めて食べた時のような違和感はありません、もう5年以上“焼きトン”食べていますから

さて、ゆっくりと呑んでますので、ここまでですでに1時間弱、表にはお待ちの列も出来ているようです、

ライブの同行者からもメールが入り、ライブ前にもう1軒行く事になりました、
ではでは、ここらでお勘定にしましょう、これにて2160円也、

浜松町のランドマーク“モツ焼き”「秋田屋」、
うん、東京初心者のときとは違いそれなりに楽しめました、また来ますね

|

« 大阪北浜、ビジネス街ですがなかなか良い店がありますね、立ち呑み「ひさまつ」。 | トップページ | なぎらさんと斉藤哲夫さんのライブ前に、「魚三酒場高橋店」♪ »

新橋虎ノ門浜松町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の東京はホントに暑い、こりゃ飲むしかないでしょう^^) 浜松町の「秋田屋」。:

« 大阪北浜、ビジネス街ですがなかなか良い店がありますね、立ち呑み「ひさまつ」。 | トップページ | なぎらさんと斉藤哲夫さんのライブ前に、「魚三酒場高橋店」♪ »