« 残念ながら閉店してしまいました、東三国の異色の食堂「トラベル食堂」。 | トップページ | なんばの立ち呑み「丑寅」、凝った料理が美味しいし、日本酒も充実のお店です。 »

2010年8月21日 (土)

「トラベル食堂」の次は、、、西中島の「正宗屋」、貫禄堂々の古参居酒屋です。

【2010年7月28日(水)】

大阪 西中島 「正宗屋」

さて、東三国の「トラベル食堂」で生ビールを2杯飲んで、閉店の名残を惜しんだ後は、
さあ、もう1軒行きましょう

と、新御堂筋を渡って「依成(よりみち)」を覗きますが、どうやら満員のようです、
その先にある「太一」という渋い酒場はどうかな?と、店の前まで行きますが、、、どうもピンと来ず、ここはあきらめましょう、

地下鉄御堂筋線で梅田まで戻って、新梅田食道街でも流そうかな?と考えていて、思い付きました、そうだ、西中島で降りてみよう

地下鉄御堂筋線で梅田に向かうと、東三国駅の次が新大阪駅、その次の駅が「西中島南方駅」です、それなりに酒場が充実、いろんな店がありますが、ほとんどいったことがないのです、
ではでは、今日はここを探索してみましょう

でも、時間が遅いので闇雲な探索ではないですよ、
一応お目当ての店がありますので駅を出て西側へ進みます、

お、ちょっと雨が降り出しましたね

でも、多くの人が傘をさしていません、そうですよね、
もう日は暮れていますが、これくらいの雨ならちょっとひんやりして気持ちが良いくらいの連日の昼間の暑さでしたからね、濡れていきましょう

さて、お目当ての店とはもつ料理の「あらた」、

美味しいもつ料理が食せるという噂です、一度来ようと思いつつ、なかなかこちら方面に足が向きませんでした、こんな日にこそさっと入りましょうよね、
と、「あらた」の前まで無事辿り着いたのですが、、、うわ、お待ちが2組4人ほどおられます、

100728_19330001kao

そうか、まあねえ、人気のお店ですからね、ここはあきらめましょう、また来ますね、

では、どうする、、、
うむ、ここはシンプルに、近くにあった「正宗屋」にしましょう

「正宗屋」、
大阪の代表的な酒場の屋号ですね、あちこちにお店があります、俗に言うチェーン店ではないような気がします、「力餅食堂」のような暖簾分け方式でしょうか?なんらかの繋がり、縁のようなものは感じます。

ここ西中島にもあるのですよ、はい、こちらですね、「あらた」から徒歩30秒です、

適当に古びて萎びていていかにも「正宗屋」さんです、(正しいですよね)

100728_19340001kai

では、入ってみましょう、

お、表からみたらカウンターだけのお店かと思いましたが、意外に懐が深く、奥にはテーブル席もありますね、

100728_20250001kai

ちょうどお勘定のお客さんと入れ違いで、入り口近くのカウンター席に着きます、

底辺が短いL字カウンター、10数席というところでしょうか、
入り口にはレジカウンターがあり、その上にはお約束のTVが掛かってます、画面にはもちろんお約束のタイガース戦が映し出されています。

お酒は焼酎の水割りを注文、濃い目の水割りが小さいロックグラスで出て来ました、

「トラベル食堂」で料理をいただいているのであまり食せないなあ、思いながら、つい「どて焼き」を注文してしまいました、
「トラベル食堂」で健康的な料理をいただいたのに、「正宗屋」の雰囲気、食べたかったのでついついの「どて焼き」でした、

カウンター越しに「正宗屋」でお馴染みの「どて焼きの鉄板鍋」が見えます、
ここの「どて焼き」も串ですね、値段は320円也だったので2本かな?と思っていたのですが、出て来たのは3本セット、大き目の串ですのでこれは結構なボリュームがあります、安くてボリューム満点の「正宗屋」面目躍如ですが、、、ワタシ的には少々食べ過ぎか

100728_19400001_2

でも、やっぱりここの「どて焼き」は美味しいわ!

適度な赤身と脂身の混ざり具合、エエ感じです、
でも、やはり味噌味は濃厚、ちょっとしつこい、1軒目でビールならちょうどいい感じだったなあ、とか思いつつ、肴に「もろきゅう」210円也を注文、これで味噌味を中和する作戦です、

100728_19460001

「もろきゅう」のモロミも辛いわ!それに塩まで付いてる、
やはり、ここは体使って働いて疲れ果ててから来るのが良いみたいです

カウンターの中には大将一人、「どて焼き」から「おでん」、揚げ物に刺身と要領良く注文を捌いていかれます、レジも大将の担当ですね、この辺りの動きにはさすがに年季が入っています。

ホールにはお姐さんが2人ほど、奥の方でもカウンターに誰かおられるのかな?

焼酎をお代わりして、まだ「どて焼き」が残っているのですが、味違いのアッサリしたものが欲しいなあ、目の前に湯豆腐鍋があり、中には白い豆腐が漂っています、うーん、暑いけど湯豆腐も良いなあ、と「湯豆腐」も注文、

関西の湯豆腐には、朧昆布が乗ることが多いのですが、はい、こちらも乗ってました
(写真では奥の方に少し見えてます)

100728_20020001

うん、出汁も美味しい、これでまた「どて焼き」を中和しながらいただきます、

さて、タイガースは単打を連ねて見事逆転、ふむふむ

では、ここらで勘定にしましょう、焼酎2杯、〆て1260円、安ううう、
さすが、大阪の看板酒場の一角「正宗屋」、また来ますね

表に出ると、まだ雨がポツポツと降っていますね、
では、濡れて帰りましょう、ひんやりとちょうどいい感じのお湿りです。

|

« 残念ながら閉店してしまいました、東三国の異色の食堂「トラベル食堂」。 | トップページ | なんばの立ち呑み「丑寅」、凝った料理が美味しいし、日本酒も充実のお店です。 »

大阪十三西中島淡路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トラベル食堂」の次は、、、西中島の「正宗屋」、貫禄堂々の古参居酒屋です。:

« 残念ながら閉店してしまいました、東三国の異色の食堂「トラベル食堂」。 | トップページ | なんばの立ち呑み「丑寅」、凝った料理が美味しいし、日本酒も充実のお店です。 »