« 人間ドック終了後に、、、呑みに行きました^^;)ウメ地下の「呑舟」。 | トップページ | 久々の新世界、通天閣の袂の角打ち「喜多商店」から「八重勝」へ。 »

2010年7月 2日 (金)

大阪大国町の角打ち「えのき屋」さん、評判通りの良店でした^^)

【2010年6月4日(金)】

大阪 大国町 角打ち「えのき屋」

ワーイ、週末です

このところ出張やライブやあれやこれや、
3週間ほど続けて土日みっちり予定が入っていました、
が、この金曜日と土曜日は予定なし!!
うーん、こういう週末はホントに心ウキウキなのです

遅くなる仕事もなく、18時過ぎに会社を出ます、
ね、仕事のない時はさっと会社を出ましょうよね(え、私だけ)、

さて、どこへ行こうか、思案の末に思いつきました

『ひとりで楽しむ東京酒場』の発売記念“酒場キャラバン2010”を、
西成の「なべや」で開催したのですが、
その時に来てくれたmisoさんが「なべや」の後にここへ行ったはずです、
名前は聞いていましたが、まだ入った事がありません、
では、今日はここを目指しましょう

そのお店は大国町の角打ち「えのき屋」さんです。

地下鉄「大黒町駅」を降りると大きな通り、これは四ツ橋筋かな?
この辺り、あまり来た事ないのでよく分かりません、、、

この大きな通りの西側を南下すると、3分ほどで目的地へ到着です、

100604_18430003kai

大きな酒店の看板が目立ちますね、「エノキ屋酒店」、
酒店の南側が角打ちのお店の入り口のようです、

100604_18430002kai

こんな感じの入り口、うん、いい暖簾ですね、これだけで安心して入れますね

では、引き戸を引いて入りましょう、

店内をぐるっと取り囲むようなカウンター、
案外空いていますね、5分の入りです、カウンターの中には若い大将とお母さん、
どこへでもということですので、大将の目の前に着きます、

飲み物はホッピーもあったのですが、生ビール中にします、

そして、目の前のメニューで料理を検討しましょう、
先日の人間ドックで『食生活の改善』を指導されました、
素直な私はまずは「サラダ」350円也を注文
これで体質改善間違いなしです

そして、下調べで確認していた名物メニューの「鯛のたたき」600円也も注文しましょう。

店全体を囲むようなカウンター、
なんといえばいいかな?
英大文字のJの字の上に横棒が付いた飾り文字のようなカタチです(分かりますか?)。

100604_19100001

店内は全体に明るく、カウンターもしっかりとして清潔、
角打ちという感じがしませんね、
東京の勝どきにある立ち呑み割烹の「かねます」を大きくしたらこんな感じかも知れません

店の奥にはTVがぶら下がっています、

もちろんタイガース戦が流れていましたが、リモコンは常連さんの手中にあるようで、時間が経つと、ジャイアンツ戦、そしてサッカー日本代表の強化試合(コートジボアール戦0-2で負け)とめまぐるしくも楽しく皆で切り替えまくりでした。

さて、「サラダ」が来ました、お、鶏肉入りですね、嬉しいです

100604_18470001

そして、名物「鯛のたたき」、

100604_18520001

「鯛のたたき」、これは珍しいメニューですね、

厚めに切られた鯛の刺身を少し炙ってあるのでしょう、
そして、これを独特の薬味たれで食します、緑色のたれです。
このタレが美味しいですね、噂通りです、
味付けは・・・なんだろ?ッもう、味忘れちゃいました
とにかく、さすがに美味しいです

せっかくですので、日本酒をひやでお願いします、

はい、定番の「鷹取」で結構ですよ、
燗酒の機械に刺してあった一升瓶をはずして、チロリにしっかり1合(だと思う)入って出て来ました、籠からぐい飲みを選んでいただきます。
これは飲み応えがありそうですね、

100604_19040001

さて、もう一品くらい頼もうかな、

どうもこの「高知県柏島産アジすり身天」180円也というのが美味しそうだなあ、
と考えていたら、カウンターの中のお母さんからお勧めがありました、

「この柏島のアジは美味しいわよ」

おお、以心伝心とはこのことですね
ありがとうございます、いただきます、いただきます、

これをきっかけに“柏島”の事で話が弾みます、
この頃には大将の奥さんらしき方もカウンターの中に入ってこられました。

「柏島ってどっちのほうですか?」
「足摺岬のほうですね」
「ああ、それは遠いですね、四万十に行ったことがありますが、あちらの方は遠いですよね」
「そうなんですよ、高知市からでも3時間くらい掛かりますから」

「でも、美味しいものは多いんですよ」

そうですよね、
高知県の西部は、東京から最も時間が掛かる国内地域の一つだそうです、
2度ほど四万十川周辺まで行きましたが、確かに遠かった、
でも、食べるものは美味しかったです

「アジすり身天」は一旦電子レンジで解凍?それから油で揚げていただきますが、
これがほくほく熱々で美味しいんです、

100604_19170001

「お母さん、これは美味しいです
「でしょう

メニューには、もう一つ柏島産の料理が載っています、
「高知県柏島産ぎょロッケ」200円也、

こちらはアジのすり身に味付けをしたコロッケだそうです、
「これも美味しいわよ」
そう言われたら食べたくなります、
もう一品「ぎょロッケ」をお願いしましょう

100604_19360001

はい、これも美味しいです、
いや、ひょっとするとこちらの方がアジの味がまとまっていて美味しいかもしれません

いやいや、美味しいものをたくさんいただきました、

さあ、ではこれでお勘定にしましょう、2020円也、
帰り掛けには、お母さんから「柏島」のパンフレットまで頂きました、
大将にも笑顔で送り出していただきます、どうもありがとうござました。

角打ちとはいえ、心意気と格を感じるお店ですね、
良いですねえ、

大国町の「えのき屋」、また来ますね

|

« 人間ドック終了後に、、、呑みに行きました^^;)ウメ地下の「呑舟」。 | トップページ | 久々の新世界、通天閣の袂の角打ち「喜多商店」から「八重勝」へ。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

エノキ屋さん行かれたんですね。

鯛もぎょろっけも美味しそうです。

でも何よりお母さんとのやりとりが微笑ましいです。

温かさが伝わってきました。

投稿: miso | 2010年7月 4日 (日) 11時34分

misoさん…毎度です♪

はーい、「エノキ屋」さん、行ってきました
良いお店でしたね、立ち呑みなのに凛としてました、

高知柏島はどなたかの縁なんでしょうね、
美味しい料理もいただけました、

ここ「エノキ屋」さんは、絶対にまた行くと思います

投稿: テリー | 2010年7月 6日 (火) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大国町の角打ち「えのき屋」さん、評判通りの良店でした^^):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/07/02 09:01) [ケノーベル エージェント]
高知市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 2日 (金) 09時01分

« 人間ドック終了後に、、、呑みに行きました^^;)ウメ地下の「呑舟」。 | トップページ | 久々の新世界、通天閣の袂の角打ち「喜多商店」から「八重勝」へ。 »