« 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 | トップページ | ランチ&居酒屋超激戦区の大阪駅前第1ビルB1Fの「萬願亭」。 »

2010年6月14日 (月)

京都七条はお好み焼の宝庫か!?七条烏丸の「つつみ」も美味しいお好み焼を焼いてくれます。

【2010年5月9日(日)】

京都 七条 お好み焼「つつみ」

この日曜日は葬礼で京都行きでした、

葬礼を済ませてJR京都駅辺りまで戻ってきたのが19時過ぎ、
奥さんと二人で、、、さて、どうしましょうか、、

「蔵倉」が開いていればいいのですが、確か日曜日は休みのはず、
「王将」はどうですか??うむ、ちょっと乗り気ではないですね、

リド飲食街を覗いていると、おお、「赤星」や「門」が開いています、
この辺りにしますか、、

と、奥さんは向かいのこの店にピンと来たようです、

100509_20380001kai

七条通りを挟んで、リド飲食街の北側に凛と建っていたのが、
お好み焼の「つつみ」、

ほーー、隣の焼き鳥屋さんは入ったことがありますが、
この「つつみ」はいままで気が付きませんでしたね、
すっと通りを渡って、暖簾越しに中を覗いてみると、
うんうん、昔ながらの京都の町内のお好み焼やさんのようですね、
まったくの初見ですが、入ってみましょうか

店内には4人掛けの鉄板が4つほど、小上がりにも2つほど、
先客は3組、でしたが目の前のお客さんがちょうど出て行かれました、
では、その後に座らせていただきましょう、

100509_20140001kai

まずは生ビールを頼みますが、
表のメニューにお得なセットメニューが出ていましたね、
「生ビール」+「お好み焼(豚)か焼きそば(豚)」+「肴1品」で1000円也という、セットです

このセットにして頂きましたので、
二人前で焼き物は「お好み焼(豚)」と「焼きそば(豚)」、
1品の肴は「冷奴」と「えのきバター」をお願いしました。
はい、とお母さんの反応は早いですね、この辺は嬉しい対応です、

お母さんは要領よく生ビールに取りかかりながら、カウンターの中に注文を通されます。

生ビールはさっと出してきました、この速さが重要です、
生ビールに3分以上かけるお店はいけません

「冷奴」と「えのきバター」もすっと出て来ます、

100509_19540001

100509_19540002

「えのきバター」、これを今から焼くのですよ

そして、ゆっくりと1品を摘む余裕もなく、「お好み焼(豚)」も出て来ました、早や!!

100509_19560001

鉄板に広げていただきます、
この後はどうするんだろう?自分で焼くのかな?
それはそれで私は好きなのですが

と、もう「焼きそば(豚)」も来ました、
で、お母さん、焼きそばを焼きながら、
適当な感じでお好み焼をひっくりかえします、大丈夫かな?

また焼きそばに戻られて、
その手際に見とれている間に焼きそば、あっという間に完成です

100509_20020001

と、お好み焼の方もちょっとペンペンと叩くと、
「はい、こちらも出来ましたよ」

ほーー、もう出来上がりですか
めちゃめちゃ手際良いです、早いです、

100509_20020003

大丈夫かな?とお好み焼を食べてみると、、、

おお、これが美味しい
昔ながらのさくさくとしたお好み焼です、

さすが!焼きそばを作りながらも、ちゃんと焼具合を分かっておられます、
使い込んだ鉄板の威力もあるのかもしれません、
奥さんも「中もちゃんと焼けてて美味しい」と好評です

後から一人で入ってこられたお客さんとお母さんの話で、
開店は29年前、1981年頃の開店との事、
さすが、伊達にお好み焼を29年間焼いてる訳ではありませんね

生ビールをお代わりして、1品の「トン平焼」と「げそ焼」を追加注文、

「とん平焼」は玉子焼きで巻くのではなく目玉焼き状態で出来上がり、
ソースを掛けていただきました、これも懐かしい味で美味しいです。

100509_20250001

隣の一人客のお父さんとも会話が弾んで、町のお好み焼屋さんの楽しさを満喫

京都七条辺りは、ほんとに良い「お好み焼屋」さんが多いですね、

飛び込みの「つつみ」、良いお店でした、
また、来ますね

|

« 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 | トップページ | ランチ&居酒屋超激戦区の大阪駅前第1ビルB1Fの「萬願亭」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都七条はお好み焼の宝庫か!?七条烏丸の「つつみ」も美味しいお好み焼を焼いてくれます。:

« 「神戸新開地音楽祭」を聴く前と、聴いた後、いずれも酒場で一杯でございます。 | トップページ | ランチ&居酒屋超激戦区の大阪駅前第1ビルB1Fの「萬願亭」。 »